1. Home
  2. BODY
  3. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

6,523

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

卵巣

卵巣は子宮の両脇にある、イチジクのようなかたちをした臓器。

女性の生殖にとって、とても重要な役割があります。一方、ほかの面でも体にとって大切な働きをしています。そもそも卵巣はどこに? 卵巣の機能とは?そして、卵巣の健康を保つために注意すべきことは?

卵巣について知っておきたいことをまとめます。

卵巣の働きとは?

1. 卵胞を蓄える

卵胞

image via shutterstock

卵巣の働きのなかでもいちばんよく知られているのは、女性の卵胞を蓄えること

卵胞の大きさはとても小さく、その中にヒトのDNAを持った卵子があります(女性のDNAの半分を持ちます。卵子が精子と出会って受精することで、精子の中に含まれている男性のDNAの半分と合わさり受精卵に)。

毎月、たくさんの卵胞が育ちますが、成熟するのはたったひとつの卵胞だけ(あるいは、ふたつだった場合は双子になります)。卵巣からとびだした卵子は卵管を通って子宮に向かい、そこで精子と出会ったり、出会わなかったりするわけです。

2. ホルモンを産出する

生殖器

卵巣は、長い期間にわたり卵胞をたくわえることのほかにも、とても大切な働きをします。それは、ホルモンをうみだすこと

卵巣ではおもに、女性の性と生殖にかかわるエストロゲンプロゲステロンがうみだされますが、テストステロンもわずかながら産生されています。これらのホルモンは、卵巣から血管を通して体中をめぐります。そして、生殖システムを健全に保つほかにも、骨や筋肉、脳を発達させるのです。

卵巣にはいくつ卵子があるの?

卵子

image via shutterstock

女性は、生まれたとき卵巣に100~200万個の原始卵胞をたくわえています。その数は思春期の頃までに30万個ほどに減り、閉経を迎える頃になくなります。

原始卵胞のほとんどは、細胞死(アポトーシスと呼ばれています)という自然のプロセスを経て、なくなります。原始卵胞はとても小さいので、体の中に再吸収されます。

一生のなかで、排卵される卵子の数は400個くらい。すべての卵子がなくなるまで、毎月、月経が起こります。卵胞のなかで育った卵子は卵巣の外へとびだし、卵管を通って子宮に向かいます。

そして卵胞は黄体となり、ホルモンを放つことで子宮内膜は妊娠に備えます。このときに卵子が受精しなかった場合、ホルモンの分泌は減少し月経が起こります。

卵子の質は年齢とともに低下します。これが、30代後半以降、妊娠しにくくなる理由のひとつです。

閉経した後、卵巣はどうなるの?

婦人科

image via shutterstock

閉経前の数年間は閉経周辺期と呼ばれ、不安定な状態になることも。卵巣が老化すると、ホルモンからの指令で、かならず排卵が起こるというわけではなくなります。そうなると、ホルモンが過剰に分泌されて、ホルモンのバランスが崩れることに。

ホルモンバランスが崩れると、月経の大きな乱れ、気分の変調、睡眠の乱れ、ホットフラッシュなどの症状がみられます。医師に相談すれば、これらの面倒な症状をコントロールする方法を見つけてくれるでしょう。

続きます。

>>特集「私と生理」の他の記事を読む

卵巣のトラブルを見逃さない

乳がんになった人は、卵巣がんになりやすい!?

今回は、「遺伝性乳がんと卵巣がん」を女性医療ジャーナリストで乳がん経験者の増田美加がお伝えします。

https://www.mylohas.net/2019/09/strategy54.html

妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は……

妊娠と思ったら、深刻な病気だった! 体重が増え始めたことから始まったお腹の異常を、卵巣嚢腫の経験者から聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/02/185542pvn_ovary.html

Alyssa Jung/What Every Woman Should Know About Her Ovaries/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由