1. Home
  2. BODY
  3. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

12,728

Maya A. Kishida(翻訳)

セックス

image via shutterstock

一晩で何度もイクことって、本当にあるのでしょうか。

事実、約15%の女性がある時点で何度もオーガズムを感じた、あるいは1回のセックス中に立て続けにオーガズムを感じたことがあると報告しています。そう話すのは、モダン・セックスセラピー・インスティテュートの共同ディレクターで認定精神科医およびセックスセラピストのレイチェル・ニードル心理学博士です。

絶頂時、体になにがおきているの?

女性の手

image via shutterstock

複数回のオーガズムがどのように起こるのかをきちんと理解するには、まずオーガズムの最中に具体的にどんなことが起きているのかを知ることが重要です。

ニューヨーク州ウエストチェスター郡の婦人科医アリッサ・ドウェック医学博士の説明によれば、女性の場合、オーガズムは一般的に13秒から51秒ほど続きますが、そのとき生殖器組織が充血して膨張し、筋肉は緊張して収縮します。そして生殖器の筋肉、子宮、膣がおよそ0.8秒おきに律動収縮するのです。

それぞれ個人差はありますが、オーガズムが何度も起こる場合は上記のサイクルが連続して繰り返されるか、あるいはそれぞれのクライマックスの間に小休止が入ります。

「要するに、一連の筋肉収縮の最中に興奮状態がずっと続く女性もいれば、1回のセックスの間にいったんリラックスしてから再び興奮するという女性もいるということです」(ドウェック博士)

女性が何度もオーガズムを得るのが難しい理由

恋人

image via shutterstock

オーガズムに対する先入観も原因かもしれません。トロントで活躍するセックス専門家でポッドキャスト「@SexWithDrJess」のホストを務めるジェシカ・オライリー博士は次のように話します。「セックスの頂点がオーガズムであると思っているために、いったん大きなオーガズムに達してしまうと、そこで性行為をやめてしまう人が多いんです」

また、クライマックスに達した女性は過敏になっているので、何度もオーガズムを感じるのが難しいということも。

「オーガズムを得た後に続けて刺激を受けることに抵抗がある人もいます。気持ちよくない、ヒリヒリする、敏感になっている、くすぐったいなどと感じるからです」(オライリー博士)

さらに、脳が邪魔をしている可能性も。

「何度もオーガズムに達するのが難しい理由としては、自分の体に不満がある、セクシャリティに関する固定観念にとらわれている、正しくできているか考えすぎている、自分にプレッシャーをかけている、性的な喜びではなく目標を優先することにこだわっている、といったことが考えられます」と話すのは、ハワイにあるセンター・フォー・セクシャル・アンド・リプロダクティブヘルスにて認定臨床心理士およびセックスセラピストとして活躍中のジャネット・ブリトー博士です。

しかし、何度もイケる能力は備わっている

1回のオーガズムでさえ感じるのが難しい人もいるのですが、実際には、ほとんどの女性に何度もオーガズムに達することができる能力が備わっているのです。

「男性とは違って、女性には不応期(興奮した直後の刺激では再び興奮が起きない短い期間のこと)がありません。したがってより長く興奮した状態でいられるし、何度もオーガズムを感じることができるんです」(ニードル博士)

現実的には、何回くらいオーガズムを経験できるのでしょうか?

寝る男女

image via shutterstock

1回の性行為でオーガズムを何回得られるのかについては、上限がありません。オライリー博士いわく「時間切れになるまでですね」

最高100回もオーガズムに達したという女性もいますが、これはさすがに例外的。「もっとも一般的に報告されているのは2、3回で、最初のオーガズムよりも2回目、3回目と弱くなっていくというものです」(ドウェック医学博士)

オーガズムには種類があるのでしょうか?

カップル

image via shutterstock

複数のオーガズムを感じる場合、一般的には主に2つの傾向があります。最初にオーガズムに達した直後に次のオーガズムが立て続けに得られるケースと、最初のオーガズムのあとしばらく間が空いて数分後に再び2回目のオーガズムに達するというケースです、とブリトー博士。

しかし実際には体のどこで感じているかによって、ブリトー博士いわく以下のようにさらに細かく分類できるとのこと。

  • クリトリスのオーガズム:立て続けにオーガズムに達するにせよ、間があいて再び達するにせよ、直接的あるいは間接的に、クリトリスを刺激することで得られるもの
  • オーガズムのコンビネーション:クリトリスと膣への同時または半同時の刺激によって得られるもの
  • オーガズムの混合:クリトリス、Gスポット、乳首など、より感じやすい体の部分を2か所以上同時に刺激したときに得られるもの

どんなオーガズムを経験するのかは女性によって異なるのと同様に、最初のクライマックスと次のクライマックスもまったく違う種類のものかもしれません。

「1度のセックスの中での2回目のオーガズムは、最初のものより強かったり、弱かったり、同じだったりとさまざまです」(ニードル博士)

続きます。

セックスをより充実させるには?

6割の人はイッてない! 女性がオーガズムに達せない4つの理由

ある研究によると、セックスでオーガズムに達することができない女性は63%なのだそう。女性がなかなかイケない原因を専門家が説明します。

https://www.mylohas.net/2019/09/198987pvn_orgasm.html

2人に1人が悩んでる…「女性が達するのにベストな体位」5つ

女性がオーガズムを得られにくいのには体の構造的な理由があります。セックスセラピストがオーガズムを最も感じやすい体位をご紹介。

https://www.mylohas.net/2019/09/198080pvn_orgasm.html

Brielle Gregory/Your Complete Guide to Having Multiple Orgasms, According to Sex Experts /Maya A. Kishida(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    2. 「幹細胞コスメ」って何がいいの? 専門家に聞く選び方のポイント

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. お腹を引き締め「くびれ」をつくる、山登り風のエクササイズ

    5. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    6. 彼女の夜の営みが「年に一度」から「週に一度」に増えたのはなぜ?

    7. 脇腹のぜい肉にかなり効く「ひざタッチ」

    8. 便秘・むくみを解消したいときのメニュー3選、管理栄養士が教えます

    9. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    10. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    6. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    7. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    10. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?