1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. マッサージ器やブラシなど、秋の美髪ケアに欠かせないアイテム4選

マッサージ器やブラシなど、秋の美髪ケアに欠かせないアイテム4選

1,729

林 ゆり

美しい髪の女性

髪や頭皮の日焼けなど、夏のダメージをじわじわ実感してしまう秋。ヘッドスパに通うのもいいですが、毎日のケアがやはり大切。

秋の夜長に、ゆっくりバスタイムを楽しみながらヘアケアしたくなるアイテムをご紹介します。

シャンプー前に丁寧なブラッシングを

ジョンマスターオーガニック スキャルプブラシ

ジョンマスターオーガニック スキャルプブラシ 3,740円(税込)

髪を洗うというとお風呂の中に入ってからと考えがちですが、その前のひと手間、ブラッシングをきちんと行うことで、汚れが落ちやすくなるだけでなく、においのもととなる不要な皮脂や角質も簡単にオフできます。

顔の皮脂汚れは自分の目で確認ができるので気をつける人が多い一方で、頭皮は見えないだけにうっかりしがちなのでぜひプラスしたい習慣です。

そのブラッシングにおすすめなのが、「ジョンマスターオーガニック」のスキャルプブラシ。ナイロン製のループ状のピンが、頭皮の古くなった角質や、毛穴の汚れを取り除きます。

また、放射状に広がった高密度のピンと、クッション性の高いヘッドは、頭皮に負担をかけることなく、心地よい刺激を与えてくれるので、マッサージしているかのように凝り固まった頭皮を、もみほぐしてくれます

ハンドル部分も人間工学に基づいた設計で、効果的にマッサージできるようになっているそう。

ブラッシングする女性

使い方は、髪のもつれをほぐすように上から下へととかした後、首の付け根から頭頂部に向かってとかし、その後マッサージするように動かすだけ。シャンプー前のブラッシングマッサージで、頭皮をリラックスさせましょう。

自ら補正する力を引き出すシャンプーとトリートメント

ジェロントロン シャンプー

ジェロントロン シャンプー、コンディショナー 各400g 5,390円(税込)

頭皮のマッサージのあとは、シャンプーで髪を洗います。先ほどのブラッシングで、皮脂汚れなども取りのぞかれていますが、ここで残っているものもしっかりシャンプー前にお湯で流すことも大切。しっかりすすぐことで、7割程度の汚れが落ちるといわれているからです。

その後使用するのは、髪を補正しながら洗いあげるシャンプージェロントロン」です。日本で唯一、美髪を科学的アプロ―チで追及している美髪研究の専門家で、新潟大学工学部物理学博士の杉山保行さんが開発した電子の力で髪を補正するシャンプーです。

人間はもちろん、すべてのものに電子が存在し、電子の減少が老化を促進させてしまうことから、この電子の力でキューティクルを自ら補正させる仕組みを確認したそう。

その仕組みを取り入れたヘアケアです。使い方は、地肌をもみほぐすように全体をマッサージ。髪のこすり洗いは厳禁です。

シャンプーする女性

シャンプーは、泡がついたまま3分放置します。この間に、放出された電子が傷ついたキューティクルを吸着しやすくするそうです。シャンプーで、しばらく放置するのは珍しいですよね。洗い流したら、トリートメントを。

髪に空気を含ませるイメージで、いくつかの毛束に分け、根元から毛先までトリートメントをいきわたらせます。空気を含むことで、キューティクルの修復速度が早まります。

髪になじんだら5分ほど放置。最後に洗い流すのですが、この放置する時間は、最低5分〜何時間放置してもいいとのこと。

トリートメントしている間中、ずっと電子が修復し続けてくれるのだそうです。髪の痛みが気になるときは、長時間放置するのがおすすめです。

トリートメントタイムをヘッドマッサージタイムに

ルルド ソニックヘッドスパ エイリラン2 スカルプ

ルルド ソニックヘッドスパ エイリラン2 スカルプ 7,000円(税込)

長時間放置することで、より修復してくれるといっても、なかなか長時間は待てませんよね。そこで、トリートメントタイムをヘッドマッサージのリラックスタイムにするのがおすすめです。

頭にのせるだけで音波振動の何とも言えないブルブルがリラックスへと導くと人気を集めた「ルルド」のソニックヘッドスパ エイリランに新たにスカルプ機能が搭載されたモデル、ソニックヘッドスパ エイリラン2 スカルプが登場しました。

従来の「うとうとモード」「リラックスモード」に、一定の周波数で振動する「ノーマルモード」が加わり、お好みで3タイプから選べます。

モードに合わせて、LEDランプの色が変わるので、設定もわかりやすいですよ。頭のカーブに沿った10本の3Dアームで、シャンプーしながらスカルプケアするのにも使いやすくなりました。

美しい髪の女性

内側には、取り外し可能なスカルプブラシが付き、音波振動とともに、心地よくアプローチしてくれます。シャンプー時から使えますが、トリートメントの放置時間にリラックスモードなどで、バスタイムをゆったり過ごすのがおすすめ。

連続で約1時間の使用が可能です。3分の自動オフ機能もあるので、3分ごとにモードを変えてみるのもいいかもしれません。

スカルプケアとマッサージモードなどいろいろ試していると、トリートメントタイムがあっという間に感じられるかもしれません。

トリートメント後は、頭皮に潤いチャージ

ジョンマスターオーガニック ディープスキャルプPセラム

ジョンマスターオーガニック ディープスキャルプPセラム 59mL 3,960円(税込)

ゆったりリラックスして頭皮ケアしたら、顔と同じように乾燥を防ぐためにも頭皮に潤いをチャージしましょう。

老化や外的要因(紫外線、排気ガスなど)で固くなった頭頂部や頭皮を柔らかくし、炎症を沈めてくれるのが、「ジョンマスターオーガニック」のディープスキャルプPセラムです。

頭皮を浄化し、美髪が育つよい土壌づくりをする浄化セラム。洗髪後に塗布して、マッサージすることでみずみずしい頭皮へと導いてくれます。

夏の終わりの頭皮のダメージケアや抜け毛予防にもおすすめです。セラムのあとに使用するケア成分の浸透効果を促すブースター効果もあるので、タオルドライしたら、まずは使っておきたいですね。

1日の終わりにぜひトライしてもらいたいヘアケア方法とおすすめアイテムをご紹介しました。

秋の夜長、いつもの洗髪よりちょっと時間をかけて、ゆったりとしたバスタイムを楽しみながら、秋の抜け毛対策ができればうれしいですね。

抜け毛が気になる方は…

薄毛がひそかに気になる? アルガンオイルの髪への用途と選び方

髪にも肌にもマルチで使えるアルガンオイル。髪のパサつきを抑えるだけでなく、アルガンオイルはさまざまな形で髪に使えるんです。

https://www.mylohas.net/2019/04/188543pvn_argan2.html

薄毛、切れ毛、フケの原因に。頭皮の皮脂の正しい取り除き方

髪に残ったスタイリング剤や、余分な皮脂、古い角質など頭皮のよごれを一掃し、髪を最高の状態に保つ方法を皮膚科医が伝授。

https://www.mylohas.net/2019/06/193533pvn_scalp.html

[ジョンマスターオーガニック,ジェロントロン, ルルド, ジョンマスターオーガニック]

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由