1. Home
  2. STYLE
  3. ドアの枠や鴨居を利用して洗濯物を干せるフックで、室内干しスペースを追加

ドアの枠や鴨居を利用して洗濯物を干せるフックで、室内干しスペースを追加

MYLOHAS編集部

物干し

──ルーミーより転載

雨の日や帰りが遅くなる日などは、どうしても室内干ししなくちゃいけない……でも、なかなかいいスペースが確保できなかったんです。

そんな悩みを解決してくれる、いいものを見つけちゃいましたよ。

クロスフック

Image:Amazon.co.jp

オーエの「クロスフック」は、室内干しに便利なランドリーグッズ。

ドア枠や鴨居に取りつければ、丸い穴の部分にいつものハンガーを引っ掛けて洗濯物を干すことができます。

クロスフック

Image:Amazon.co.jp

ひとつの「クロスフック」につき、耐荷重は8kg。

外出から帰って来た時に、一時的にジャケットなどをかけておくのにもいいかも。

また、「クロスフック」をふたつ使って、両方の丸い穴に付属の伸縮するポールを取り付ければ、複数のハンガーを掛けられます。

トップスを掛けたハンガーなら4つほど干せそうです。

クロスフック

Image:Amazon.co.jp

フックのサイズは、幅37×奥行19×高さ4cmで、付属ポールの有効幅は、27cm~46cmです。

無理矢理カーテンレールやポール状のものを見つけて洗濯を干していた…という人でも、このフックさえあれば、安心して洗濯物を干すことができますよ。

雨の日も夜遅くなる日も、花粉の季節にも、これで室内干しスペースが確保できるなぁ。

部屋干しのときの活躍グッズ

合成洗剤の10倍の消臭力。マグネシウムで衣類も洗濯槽も手間なくキレイに

洗濯用洗浄補助用品「洗たくマグちゃん」は、純度99.95%のマグネシウムを使用。いつものお洗濯のときにポン!と洗濯機に入れるだけで、市販の合成洗剤と...

https://www.mylohas.net/2019/10/199890amazon004.html

洗濯物と一緒に洗うだけ。洗濯槽のカビと生乾きのニオイ同時に予防対策できるボール

バイオの力で、洗濯槽の脱臭、抗菌、カビ予防ができるバイオ アイボール。部屋干しの生乾き臭対策にもおすすめです。

https://www.mylohas.net/2019/09/199352amazon001.html

[roomie(ルーミー)]

Text / 林美由紀

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由