1. Home
  2. BODY
  3. 「がん」は治る時代!? あきらめなかった11人が今、伝えたいこと

「がん」は治る時代!? あきらめなかった11人が今、伝えたいこと

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

Seina Ozawa(翻訳)

薬

image via shutterstock

3人に1人が抱えてる「がん」。

アメリカ国立がん研究所(NCI)によると、成人男女が生涯でがんと診断される可能性は38%もあるのだそう。しかし、昔は不治の病と言われていたがんも、近年では予防や早期発見、治療によって克服できるように変わりつつあります。

がんが寛解し、無事に仕事に復帰した有名人も大勢います。彼・彼女たちが闘病中や回復後にしたことは?

  1. ラリー・キング
  2. スザンヌ・ソマーズ
  3. ロッド・スチュワート
  4. ロビン・クイヴァース
  5. ジェーン・フォンダ
  6. ロバート・デ・ニーロ
  7. シンシア・ニクソン
  8. サマンサ・ハリス
  9. ベン・スティラー
  10. ベッツィ・ジョンソン
  11. コリン・パウエル

1. ラリー・キング

ラリーキング

テレビやラジオ番組のホストとして活躍するラリー・キングは2017年、最も一般的な肺がんのひとつを発症したそう。同年7月に手術を受け、摘出しています。

「肋骨のあたりに小型カメラを入れて、切り取ってもらったんだ。ちょっとした痛みと息切れが起きたけど、1週間後にはいつも通り話せるようになったので、すぐに仕事に戻ったよ」と『ピープル』誌に語っています。

2. スザンヌ・ソマーズ

スザンヌ・ソマーズ

70年代のコメディドラマ『Three's Company』で人気を博したスザンヌ・ソマーズは、2000年に乳がんと診断されました。

現在は治療を終えていますが、食事と生活習慣を見直し、今もできるだけ続けるよう心がけています。「夜は8時間寝て、薬は一切飲んでいません。がんについて気に病むこともないわ」と『Us Weekly』誌に明かしています。

3. ロッド・スチュワート

ロッド・スチュワート

イギリスの大物ロック歌手、ロッド・スチュワートは定期健診で甲状腺がんが見つかりました。

口腔がん財団によると現在は寛解中とのことですが、さまざまながん治療の向上を目指す団体City of Hope Foundationの支援者として活動を続けているそうです。

4. ロビン・クイヴァース

ロビン・クイヴァース

ラジオ界、特にハワード・スターンの番組で有名なロビン・クイヴァースは、2013年に子宮内膜がんと診断されました。

「グレープフルーツほどの大きさ」の腫瘍が見つかりましたが、現在は寛解し、仕事にも復帰しています。

5. ジェーン・フォンダ

ジェーン・フォンダ

女優ジェーン・フォンダは自身の皮膚がんや健康問題についてかなりオープンに公表してきました。イギリス版『ヴォーグ』誌のカバーインタビューで「いろいろながんにかかりました。日光浴が大好きだったの。休みの日はよく皮膚科に行って、いろんな箇所の摘出手術を受けたわ

現在も治療は続いていますが、病気を理由に人生を諦めることはしません。ドラマ『グレイス&フランキー』のシーズン6にも出演を予定しています。

6. ロバート・デ・ニーロ

ロバートデニーロ

ロバート・デ・ニーロは2003年に早期前立腺がんと診断されました。

発見が早かったことが幸いし、腫瘍は広がっていませんでした。手術を終えた後も、がんのない状態を維持しています。

7. シンシア・ニクソン

シンシア・ニクソン

『セックス・アンド・ザ・シティ』で有名なシンシア・ニクソンは、2012年に乳がんになりましたが、寛解を迎えるまでそのことは公にしませんでした。

その理由について、ニュース番組『ナイトライン』で「闘病中は公表したくなかったわ。病院にパパラッチが来たりそういうことは避けたかった」と説明しています(『ピープル』誌掲載)。

8. サマンサ・ハリス

サマンサ・ハリス

人気ダンス番組『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』の司会を務めたサマンサ・ハリスが乳がんを発症したのは40歳のとき。

『パレード』誌に、がんになる前に知っておきたかったことを聞かれ、こう答えていました。「食品の成分表示の正しい見方を学んでおきたかった。脂肪分やカロリーを見るだけじゃなくて、食品に含まれる材料や自分が何を食べているかをしっかり知るべきだった……」

今は栄養について新たな知識を得て、著書『Your Healthiest Healthy』を出版するまでになりました。

9. ベン・スティラー

ベン・スティラー

俳優ベン・スティラーは2016年に前立腺がんを発症しました。48歳のときでした。

2018年、番組『トゥデイ』のインタビューで「すごく順調だよ。僕の場合、治療は基本的に手術だけだったので、本当に運がよかったんだ」と答えています。

10. ベッツィ・ジョンソン

ベッツィ・ジョンソン

ファッションデザイナーのベッツィ・ジョンソンは57歳のときに乳がんになりました。

治療を終えるまで娘のルルさん以外には病気のことを話さなかったそう。現在は公表し、がんの啓発活動にも取り組んでいます。

11. コリン・パウエル

パウエル

アメリカの元国務長官コリン・パウエルは、根治的前立腺摘除という特殊な手術を受けています。前立腺を全摘出し、骨盤リンパ節の一部を取り除く手術です。

以降がんの再発はなく、現在は前立腺がんの啓発活動に努めています。

がんについてもっと知る

主治医に言いにくい……セカンドオピニオンの効果的な受け方

今回は、「セカンドオピニオンの利用の仕方」を女性医療ジャーナリストで乳がん経験者の増田美加がお伝えします。

https://www.mylohas.net/2019/08/strategy51.html

乳がん経験者が審査! ピンクリボン大賞審査の裏側

今年で15回目を迎える「ピンクリボンデザイン大賞」。「40歳を過ぎたら、定期的な乳がん検診を習慣に」というメッセージを広く伝えるために、ポスターやコ...

https://www.mylohas.net/2019/09/196786_pinkribbonfestival.html

Gretchen Lidicker/40 Inspiring Celebrities Who Have Opened Up About Battling Cancer/Seina Ozawa(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由