1. Home
  2. BODY
  3. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

5,308

Seina Ozawa(翻訳)

医師

image via shutterstock

芸能人やスポーツ選手の中にも、「がん」に立ち向かい克服した人は大勢います。

治りにくく難しいこの病気を乗り越えるには、何を大切にするとよいのでしょうか? あえてやらないという選択は? 9人の声を集めました。

  1. マーシャ・クロス
  2. メリッサ・エスリッジ
  3. マイケル・C・ホール
  4. ヒュー・ジャックマン
  5. アン・ロムニー
  6. エリック・シャントー
  7. クリスティナ・アップルゲイト
  8. ワンダ・サイクス
  9. モーラ・ティアニー

1. マーシャ・クロス

マーシアクロス

ドラマ『Jane the Novela(原題)』 に出演する人気女優のマーシャ・クロスは、2018年に肛門がんの経験をインスタグラムで告白しました。

「生きていることに感謝と喜びを感じているけど、髪が抜けてしまったことが悲しい。まだ数センチしか伸びてなくて、すごく変だわ。がんで髪の毛を失った人いませんか? 私と話しましょう。あなたの気持ちがわかるわ」

マーシャは自身の体験を語ることで、肛門がんに対するイメージを変えたいと願っています。不調を感じたときは恥ずかしがることなく医師に相談してほしい、と呼びかけます。

2. メリッサ・エスリッジ

メリッサ・エテリッジ

アメリカのシンガーソングライター、メリッサ・エスリッジは、2005年のグラミー賞にスキンヘッド姿で登場し、大きな話題を呼びました。授賞式後、『Shape』誌のインタビューに答えていました。

「私はずっと正直に生きてきました。だから、真実を隠す必要なんてある? と思ったの。私はがんになった。化学療法で髪が抜けてしまった。それは、恥ずかしいことでも何でもないわ」

3. マイケル・C・ホール

マイケル・C・ホール

ドラマ『デクスター~警察官は殺人鬼』の主演男優マイケル・C・ホールは、30代後半にホジキンリンパ腫(リンパ系のがん)を患い生還しました。

撮影中は病気のことを隠していましたが、2010年のゴールデングローブ賞授賞式の前に公表しました。「公表してよかったと思っています。公表することがこれほど人々に影響を与え力になれるなんて思っていなかったから」と『ガーディアン』紙にコメントしています。

4. ヒュー・ジャックマン

ヒュー・ジャックマン

基底細胞がん(最も一般的な皮膚がん)を患い、6度も再発しているというヒュー・ジャックマン。

前回、皮膚科で顔の手術を受け腫瘍を摘出した後、ツイッターに写真をアップしていました。「また基底細胞がんだ。定期的な健診とすばらしい医師たちのおかげで、すべて順調だ。この見た目だと実際よりひどく見えるけどね! 日焼け止めをちゃんと使うように

5. アン・ロムニー

アン・ロムニー

政治家の妻アン・ロムニーは2008年に乳がんの診断を受けて以来、がんの早期発見を呼びかける活動を続けています。

『Glamour』誌に掲載されたブログ投稿では、「自分が乳がんを経験してわかったんですが、早期発見と予防ほど大事なことはありません。多くの女性にとって、早期発見できるかどうかですべてが変わってきます。まさに命を救う鍵なんです」と綴っています。

6. エリック・シャントー

エリック

水泳の五輪選手エリック・シャントーは、2008年7月に睾丸がんを言い渡されましたが、その1週間後に行われた2008年北京五輪選考会で入賞。病気を患いながらもオリンピックに出場しました。

『Swimming World』誌で、この苦難が自身のスポーツ観を変えてくれたと明かしています。「高いレベルの競争に身を置くと、それが何よりも大事になってしまうけど、実はそうじゃない。スポーツ以外の部分にも人生が大きく広がっているんだ

7. クリスティーナ・アップルゲイト

クリスティーナ・アップルゲイト

36歳のときに乳がんを告知されたコメディエンヌのクリスティナ・アップルゲイトは、二重乳房切除を受けることを決意しました。

番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』でそのことを明かした際に、こんな気持ちを吐露していました。「すぐに心は決まったわ。腫瘍を体の中に置いておくのは嫌だった。だから乳房は手放すことにしたの」

8. ワンダ・サイクス

ワンダ・サイクス

コメディエンヌとして活躍するワンダ・サイクスは、乳がんのステージ0を患い、両方の乳房を切除しました。

トーク番組『エレンの部屋』に出演した際に、その経験についてシェアしてくれています。「3か月ごとに検査を受けて様子を見るという選択肢もあったわ。でも、私はきちんと何かを続けることが苦手なの。オイル交換と歯のクリーニングだってさぼってるもの」と冗談交じりに話しています。

9. マウラ・ティアニー

マウラ・ティアニー

ドラマ『アフェア 情事の行方』に出演中の女優モーラ・ティアニーは、2010年に乳がんの治療を受けました。

同年、『エレンの部屋』に出演した彼女は、乳房再建のインプラントの種類を選ぶ際、面白い経験をしたと明かしています。「会ったこともないふたりの女性が、私の担当医の部屋に入ってきて、服を脱いだの。どちらのインプラントがいいか決めるために、胸を触らせてくれたのよ

こちらもチェック!

病気のサインを見逃さない

吹き出物だと思っていたら…まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

吹き出物を放置していたら、それはなんと皮膚ガンだった! そんなこともあるほど皮膚ガンはわかりにくいことがあります。医師にかかるタイミングや見分け方と...

https://www.mylohas.net/2019/08/196866pvn_pimple.html

ごっそり髪が抜けた、トイレが近い…早めに検査すべき病気の兆候10

ちょっとした身体の不調は重大な病気のサインかも? 気をつけるべき症状をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/04/188851pvn_wrong.html

Gretchen Lidicker/40 Inspiring Celebrities Who Have Opened Up About Battling Cancer/Seina Ozawa(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由