1. Home
  2. BODY
  3. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

Healthday News

8,182

MYLOHAS編集部

月経カップ

「月経カップ」は利便性、安全性ともに高い

女性の間で人気が高まりつつある「月経カップ」は、使い捨てタイプの生理用ナプキンやタンポンと同じくらい使いやすく、安全性も高いことが、イギリスの研究で明らかにされました。

一度購入すれば長く使えて経済的

月経カップ

月経カップは、経血を吸収する生理用ナプキンやタンポンとは異なり、腟に挿入して経血を溜めておき、4~12時間ごとに溜まった経血を捨てるというもの。医療用シリコンやゴム、ラテックス製のものが多く、長くて10年間使用できるため、頻繁に購入する必要がないことがメリットです。

研究グループは、今回世界で実施された43件の研究、総計3,319人の成人女性および女児を対象に、各々の研究結果を統計的にまとめて解析するメタ解析を行いました。そして、月経カップの有益性と安全性について調べるとともに、使用した際に経血がもれる程度や受け入れやすさなどを他の生理用品と比較しました。

経血もれは月経カップのほうが少ないかもしれない?

生理用品

さて、月経カップの安全性や有益性はどうだったでしょうか?

対象の研究をレビューした結果、使用時の経血漏れの程度は月経カップとナプキンやタンポンの間に差はないことを示す研究が4本、ナプキンやタンポンと比べて月経カップの方が有意に少ないことを示す研究が1本あったそうです。

また、月経カップの使用で感染症のリスクが上昇するということもありませんでした。月経カップを使用しても、腟内細菌叢への有害な影響はみられなかったという研究が4本あったほか、対象女性を追跡した3本の研究で、追跡期間中に腟内や子宮頸部を調べたところ、月経カップの使用による組織損傷は認められなかったということです。

ただし、米食品医薬品局(FDA)のデータベースや別の論文によれば、月経カップの取り外しがむずかしいこと、使用に伴う痛み、腟の傷、アレルギー反応または発疹、尿路症状の報告がそれぞれ数件ありました。さらに、使用後のトキシックショック症候群(細菌毒素による急性疾患)が5件みられましたが、使用者総数が不明だったため、同症候群のリスクを他の生理用品と比較することはできなかったそうです。

研究グループのひとりは、「今回の研究から、月経カップが安全かつ費用対効果の優れた選択肢になることが明らかになりました」と述べるとともに、「月経カップの認知度はあまりにも低いことも分かりました」と指摘。初経に関するオンライン教材で、月経カップを紹介していたのはわずか30%だったと話しています。

またある専門家は、月経カップ使用後にトキシックショック症候群がみられたことから、「月経カップにまったくリスクがないわけではありません。また、現時点では、何時間安全に使用できるかがはっきりしていないため、月経カップを腟内に挿入したままにせず、6~8時間ごとに取り出して空にすべきです」と注意を呼びかけています。

生理時の不快感をどうにかしたい

生理のときどうしてる? 人前で話せないお悩みや失敗談、セルフケアも

生理と女性ホルモン。この2つを上手にコントロールできたら、人生はどんなに快適になることでしょう。読者855人のアンケートから、生理との向き合い方や忘...

https://www.mylohas.net/2019/10/199150sp_womens_diseases_questionnaire.html

あの不快感がなくなるかも。第3の生理用品スクーンカップ

生理用品に新たな選択肢、スクリーンカップをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2016/05/054462cup.html

HealthDay News 2019年7月17日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved. /(参考情報)Abstract/Full Text/image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    2. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    3. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    4. ひどい肩こり解消エクササイズ「チャイルドポーズ」

    5. 高血圧や動脈硬化の危険性も。ダイエットによる「内臓肥満」を防ぐ方法

    6. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    7. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    8. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    9. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    10. ヨガインストラクター・ヨシミさん|My Favorite Sports vol.39

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    7. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    8. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    9. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    10. やせる体を作る方法。100回の腹筋よりおすすめの運動って?

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!