1. Home
  2. STYLE
  3. 気になる隙間の汚れがグイグイ落ちる「トイレの黄ばみすっきり棒」使い捨てで衛生的

気になる隙間の汚れがグイグイ落ちる「トイレの黄ばみすっきり棒」使い捨てで衛生的

2,382

MYLOHAS編集部

cecile_toiletcleaner_top

Image: Amazon.co.jp

──ライフハッカー[日本版]より転載

トイレはいつも清潔にしておきたいもの。

でも、こまめに掃除しているつもりでもすぐに汚れますし、フチ裏などの見えない部分の黄ばみ・水あか・シミも気になるところ…。

cecile(セシール)の「トイレの黄ばみすっきり棒」を使えば、手軽に、かつ徹底的に汚れを落とせますよ。

実際に使ってみたので、レポートします。

洗剤いらず、すぐ使える

61irGThcnVL._SL1097_

Image: Amazon.co.jp

「トイレ黄ばみすっきり棒」のヘッド部分には研磨材がコーティングされていて、紙やすりのようにザラザラとした手触り。

洗剤なし、つけ置き時間なしで手早く汚れをこそげ落とせます。

cecile_toiletcleaner_readyforuse

Photo:山田ちとら

まずトイレの水を1回流してから、水に濡らした「トイレの黄ばみすっきり棒」を気になる部分にあてがい、やさしくこすります。

同じ場所を小刻みにこすり続ければ、トイレブラシでは落ちなかった手ごわい汚れもキレイに。忙しすぎて、気づいたら溜まってしまった黒ずみや黄ばみも、これ1本で撃退できます。

すみずみまで届いて、汚れをスッキリ落とす

cecile_toiletcleaner_rim

Photo:山田ちとら

こんなふうに隙間にフィット。フチ裏の奥の、目視では確認できない汚れもスッキリ落としてくれました。

cecile_toiletcleaner_rimdeeper

Photo:山田ちとら

いつも気になっていた、背もたれ側のフチ裏の奥までグイグイ届きました。案外汚れが溜まっていてビックリ!

衛生的に使えて、経済的

cecile_toiletcleaner_bottom

Photo:山田ちとら

全長20cmあるので、便器内のあらゆる隙間にヘッドが届きます。

便器全体をくまなく磨いた後は、水気をしぼってから可燃ゴミとして簡単に捨てられます。

お値段は1本あたり約51円。使い捨て感覚で使えるので衛生的ですし、この価格ならお財布にも優しいですね。

仕様上の注意点

「トイレ黄ばみすっきり棒」は陶器製品専用のクリーナーです。プラスチック製の便器のフタや便座には、キズが付いてしまう可能性があるので使わないようにしてください。

トイレの神様も喜ぶ?

家事の中でもひときわやりがいを感じるトイレ掃除。便器をピカピカに磨き上げると、なんだか運気も上がってくるように思えるから不思議です。

とはいえ、手袋をはめて、洗剤を吹きかけて、トイレブラシの水切りをして…と手順を踏んでいると、ここまでキレイにするには数十分はかかってしまいます。

普段から「トイレ黄ばみすっきり棒」を使ってちょこちょこトイレ掃除をしていれば、キレイな状態をキープできて、急な来客にも対応できそうですね。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

掃除を合理的に

大掃除がラクになる! プロが教える掃除、片付けテクニックと便利グッズ

大掃除がまだ終わっていない人は必見。掃除や片付けを効率化するテクニックと、便利な掃除グッズをマイロハスの記事から紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/12/181817souzi.html

掃除機がけがとたんにラクになる、4つのポイントとは

腕の力でぐいぐい掃除機をかけると、あっという間に疲労困憊。では疲れない方法はある? 「仲野整體(整体) 東京青山」院長の仲野孝明さんに、正しい体の使...

https://mylohas.net/2019/09/19828130days_body28.html

ライフハッカー[日本版]

text / 山田ちとら

    specialbunner

    Ranking

    1. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    2. 「幹細胞コスメ」って何がいいの? 専門家に聞く選び方のポイント

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. お腹を引き締め「くびれ」をつくる、山登り風のエクササイズ

    5. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    6. 彼女の夜の営みが「年に一度」から「週に一度」に増えたのはなぜ?

    7. 便秘・むくみを解消したいときのメニュー3選、管理栄養士が教えます

    8. 脇腹のぜい肉にかなり効く「ひざタッチ」

    9. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    10. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    6. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    7. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    10. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?