1. Home
  2. BODY
  3. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

30,904

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

ナプキン

ふつう、血の塊というとそのほとんどが良性です。誤って手を切ってしまうなどケガをすると、体内の血液細胞とタンパク質が血栓を形成し、さらなる出血を防いでくれますが、そうしたときに血の塊はできるのです。

でも、生理中に出るレバー状の血の塊は、そのような血栓とは多少違ってきます。それは「凝固血液、角質、子宮内膜の表面の層(子宮壁)などさまざまな組織の細胞」が混ざり合ったもの、と医師で『Walk In GYN Care』(アポなし婦人科)の創始者であるアディーティ・グプタ医師は説明します。

また生理中の血の塊は、生理の一般的な症状ではあるものの、出血量が多い月経過多が疑われる場合もあり、それがより深刻な病気のサインである可能性があります。いったい全体、私たちの子宮の内部で何が起こっている? そこで今回、注意すべき血の塊について(と気にしなくてもよい症状について)婦人科医に聞いてみました。

生理中に血の塊が出るのは普通?

生理

image via shutterstock

ほとんどの場合、血の塊は生理の症状のひとつでなんら問題なし。「生理はだいたい21日~45日の周期。月単位で多少変わることもあります」と説明するのは、マサチューセッツ総合病院産科・婦人科の臨床指導者であるキャリー・コールマン医師

「一般的に出血が持続する日数は3~5日で、長くとも7日ほど。少量から始まりだんだんと増え、終わり頃にまた徐々に減っていく」

小さめの血の塊(生理が多い日に出る、大きさで言うと一円玉ほどの血の塊)は、特に珍しいものではありません。体の他の部分に、これといって何も異常がなければOK。生理の症状のひとつとして、ごく普通なもので、色も薄いものから濃いものまで様々あります。

では、気を付けるべき症状は?

腹痛

image via shutterstock

月経過多として知られる、出血が7日以上続くような症状は、より深刻な病気のサインである可能性も。血の塊と共に以下の症状でひとつでも当てはまるものがあれば、婦人科の診察へ。

□ 新しい血の塊がどんどん出てくる
□ 100円玉より大きいサイズの血の塊が出る
□ 出血が7~10日以上続く
□ 月経量が多く、ナプキンやタンポンをすぐに替えなければならない
□ 生理周期中に不正出血がある
□ ひどい腹痛がある

薄い色は栄養不足? 経血の色6パターンでわかる身体の変化

毎月の生理。実は色によって様々な体に関する情報を得られます。今回は経血の色が何を意味するのか、医師の診断が必要なのかを色別にご紹介。

https://www.mylohas.net/2018/06/170240menstruation.html

生理中の大きい血の塊の原因にはなにが?

子宮

image via shutterstock

もし生理中に異様に大きな血の塊が出ていても、怖がらないこと。必ずしもなにか問題があるわけではありません。「普通」の基準は人によって異なるから。ただ、大きな血の塊が出て月経量が多いといったような特定の症状は、次の病気のサインの可能性が。

  • 子宮筋腫:子宮壁にできる良性の腫瘍で、生殖年齢女性に多く発症するものです。必ずしも症状が出るわけではありません。ですが、月経量が増え、出血の期間も長くなり、下腹部痛や腰痛が起こります。
  • 子宮内膜症:子宮内膜という組織が、子宮の外、特に骨盤内の臓器に増殖してしまう病気。ひどい生理痛、性交痛、月経量の増加、不妊が主な症状。
  • 子宮腺筋症:本来子宮の内側にある子宮内膜組織が子宮筋のなかにできる病気。出血が長引く、月経量の増加、ひどい腹痛、骨盤痛などが主な症状です。
  • 子宮ポリープ:子宮内膜の細胞が異常増殖してできるポリープで、生理不順や月経量の増加が主な症状。良性腫瘍の場合がほとんどですが、時にがん化する場合も。
  • 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)男性ホルモンがたくさん作られてしまうホルモン障害。卵巣に小さな卵胞ができることがあります。症状として生理不順、薄毛、にきび、肥満がみられます。
  • その他ホルモンバランスの乱れ:甲状腺機能低下や、閉経周辺期や、閉経期で生理周期が乱れ、血の塊が出ることがあります。
  • 流産:「流産で血の塊が出る人もいます」とグプタ医師はいいます。この場合妊娠に気づく前に血の塊が出ることもあります。
  • がん:生理中の血の塊が子宮がんや子宮頸がんのサインであることもありますが、それはとてもまれ。血の塊が出てきて、めまいやけん怠感が突然生じたら、急いで医療機関へ。

生理中の血の塊はどう防げるか

薬

image via shutterstock

「避妊のためのホルモン剤で生理周期を整える方法があります」とコールマン医師。しかし、避妊経口薬に抵抗感がある人や、妊娠を希望している人などは、生理が多い日にイブプロフェンを一日に3回服用すると出血量が抑えられ、腹痛も和らぐそう。

「バランスのとれた食事など健康的な生活スタイルを心がけることが、ホルモンのバランスを整え、過剰な出血を抑えます。しかし筋腫などの身体的な問題で出血している場合には、そのための治療が必要です」(グプタ医師)。

もし生理中の血の塊が、なにか他の深刻な病気のサインのようであれば、とにかく一番は産科・婦人科の医師に相談すること。医師は症状に合わせて対応してくれるはずです。

結論:経血をみれば様々な体の変化がわかります

スマホ

image via shutterstock

ありがたいことに、最近ではアプリで生理周期や体の症状(腹痛、頭痛、月経量)を把握しやすくなっています。自分の体をよく理解し、心配事がある際に気軽に相談しやすい婦人科医をみつけておくとよいかもしれません。

※本記事は、2019年6月23日に、『Prevention』の医療監修ボードのメンバーで、産科学および婦人科学の准教授である、キャロライン・スウェンソン医師によって、医学的知見から監修されています。

生理時のトラブルはいろいろ

生理が重い日は多めに水を。女性が「のどの渇く理由」4つ

いつもとちがう喉に乾きは病気のサインかも? 医師に確認してもらうとよい、女性特有ののどの渇きの原因を紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/05/190904pvn_thirsty2.html

タンポンが原因で両足切断。死に至ることもある「トキシックショック」って?

モデルのローレン・ワッサーが両足を失ったことを告白。なんとその原因は、タンポン。トキシックショック症候群とタンポン使用の注意点を、本人が語ります。

https://www.mylohas.net/2019/06/193544pvn_tampon.html

Kaitlyn Pirie/Are Period Blood Clots Normal? Here’s How to Tell, According to Gynecologists/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由