1. Home
  2. BODY
  3. 「もう無理…」と彼や夫に言われてしまう。男の性欲低下の原因は?

「もう無理…」と彼や夫に言われてしまう。男の性欲低下の原因は?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

2,562

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

枯れた花

男性だって、いつもやりたいわけではないんです。

ここ数十年のメディアの勝手なイメージで、いつでもセックスできなければ男でないという考えが浸透してしまったようです。そのステレオタイプな考えは、男性たちの人間性を狭めてしまう結果に。しかし、男性の性欲は女性と同じくらい複雑なもの。毎日セックスを望む男性もいれば、2、3か月に1回で満足する男性もいます

ほとんどのカップルは、時間の経過とともにセックスの回数の低下が見られます。しかし男性に、セックスや妄想の欲求がなくなるか、大幅に減退するばかりでなく個人的もしくは人間関係の上で苦しんでいるのなら問題があり、性的欲求低下障害(HSDD)の可能性もあります。

女性は自分が求められていないと感じた時、「私は魅力的じゃないの?」とか、「彼は他の女と寝ているのかしら」などと、たくさんの疑問を感じるようです。しかし答えは簡単なものではありません。

認定結婚家族療法士(LMFT)のレイチェル・ザーさんが、男性の性欲低下の原因と、女性がこの問題にどう向き合えばいいのかをアドバイス。

男性の性欲が低下するのはなぜ? テストステロンのせい?

セックスレス

image via shutterstock

まず考えるべき仮説は、この変化が通常、年齢または低テストステロンが原因だというもの。しかし、これは一般的に科学的に説明がつきません。

性欲の低下に伴い、ほかの性的な問題、つまり勃起不全、早漏、オルガズムの困難などが生じることがあります。ここで言えるのは、あなたに性的魅力がないことや、“演技”に苦労していることを心配するのは賢明ではありません。

性欲の低下は、甲状腺機能低下症、糖尿病、心臓病、がんなど医学的問題や、薬……とりわけ降圧薬や抗うつ薬の副作用が関係している可能性があります。不安、うつ、重いストレスが性欲を邪魔していることも。喫煙とお酒の飲みすぎもそう。だから徹底的な健康診断や、医師に相談することこそ賢い判断なのです。

女性は、この問題にどう向き合えばいいの?

カップル

image via shutterstock

医学的問題ではないとすると、女性側は、自分が問題になっていると思い込まないことが課題になります。そして警戒心ではなく、好奇心を持つべき。もしパートナーがセックスを断る時、恥ずかしがったり、落ち込んでいたりしたら、ただ単に望んでいないだけなのでしょう。

完全に服を着ているときに、時間とともに変わったことについて話し合ってみてはどうでしょう。仕事のストレスが増した? 子供ができた? ケンカが増えた? セックスの前に、パートナーの気持ちを理解するための話し合いを優先させた方が良いかもしれません。

そして、責めるのではなく、協力の立場から「私たちのセックスって求める価値があるのかしら?」と話し合います。人間は、欲しい物だけを欲しがります。頼りになりそうなセックスの手ほどきを試してみるのも遅くはありません(パートナー同士が試してみたいプレイを見つけ出すKinduというアプリもあります)。

このような会話がうまくいかない場合や、戸惑いが残った場合は、セックスカウンセラーとのカウンセリングを検討してみては。最終的には、親密なチームのように感じれば感じるほど、お互いに本物の性的関係を築けるようになるでしょう。

セックスレスに悩まない

医師に聞く、性欲のメカニズムとは? よい人間関係とセックスは関係ない

産婦人科医・宋美玄先生に聞く「性欲の正体」前編。性欲が起きるメカニズムとは? 性別によって性欲に違いはあるの? 高度な知能を持つ人間ゆえの「生殖を目...

https://www.mylohas.net/2019/03/186845sp_sex_desire01.html

【お悩み】結婚して4年ですっかりセックスレスに……。解決策はある?

臨床心理士の西澤寿樹先生に聞く、「カップルカウンセリング」の基礎知識。前編に続き、後編では、セックスレスに悩む女性から寄せられた5つの質問について、...

https://www.mylohas.net/2019/03/187298sp_sex_counseling04.html

Rachel Zar, LMFT/Low Libido in Men: What Causes it, And How to Deal With It/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由