1. Home
  2. PRESENT
  3. ヨーグルトにかけたりパックにしたり。一家に一個、マヌカハニー【プレゼント】

ヨーグルトにかけたりパックにしたり。一家に一個、マヌカハニー【プレゼント】

11,162

知恵子

マヌカハニー

image via Shutterstock

ニュージーランド国内でのみ生産されているマヌカハニーは、驚異的な自然の性質と効能が最初に認知されたハチミツ。ミツバチたちがニュージーランド原産のマヌカ植物(Leptospermum scoparium/フトモモ科低木のハーブ)から採集した蜜を生成した、希少なものです。

健康促進や体調改善のために食べている人も多いのではないでしょうか? またそれだけでなく、ナチュラルなスキンケアアイテムとして、さらに創傷ケアとして救急箱に常備している人もいるほど、幅広く活用されています。

マヌカの花の蜜からは、他のハチミツには見いだせないマヌカ特有の天然成分、食物メチルグリオキサール(MGO)が含まれます。

毎日食べるグルメ用からプレミアムまで

マヌカハニー

ニュージーランドの食品規制条例により、マヌカハニーの健康に関する効能の可能性について述べることはできないそう。でも近年、多大な研究結果が存在しているのも事実です。

そして、マヌカハニーのMGO含有量はその効能に直接関係しています。だから、シンプルに蜂蜜のMGO含有量を示してくれる、”MGO”や”UMF”といったグレード評価システムはとっても重要。

たとえばマヌカヘルス社のマヌカハニーの場合、毎日楽しみたい人におすすめのマヌカハニーMGO30+と百花蜜のブレンドから、ウルトラケア用のプレミアムなマヌカハニーMGO573+まで、あらゆるニーズに対応したラインナップです。もちろん全MGOマヌカハニーは、効能、純度、品質が検査、認定されています。

マヌカハニーの食べ方は、スプーンですくってそのまま食べたり、白湯に溶かして飲み物にしたり、またパンケーキやヨーグルトにかけたりしてもOK。スムージーにも最適です。

マヌカハニーで美容パック

マヌカの花

image via Shutterstock

食べる以外に使う場合もあります。直接鎮静作用もあり、局所的に塗布すると自然回復や治癒を促し、治癒過程を速め、傷痕予防もするとか。さらに健康な肌の再生を助け、ハリのある若々しい肌のために肌を柔らかく明るく輝かせる効果も期待できます。

マヌカヘルス社の公式サイトには、敏感肌用のフェイスパックのレシピも載っていました。

<材料>

  • 牛乳 大さじ2
  • マヌカハニー 大さじ1
  • 細かい塩 小さじ1/2
  • アロエベラゲル 小さじ1.5

秋冬の乾燥シーズンにぜひ、試したいパックですね。

マヌカハニーにはさまざまなグレードがありますが、初めての人は軽めのものから使ってみてはいかがでしょうか? 今回は、「マヌカヘルス マヌカハニー」のMGO115+/UMF6+・50gを、10名様にプレゼントします。

【プレゼント詳細】

  • 当選者数:10名様
  • 応募締切:11月24日(日)
  • 当選発表:11月25日(月)
  • プレゼント提供:マヌカヘルス

【商品詳細】

  • 商品名:マヌカヘルス マヌカハニーMGO115+/UMF6+
  • 内容量:50g
  • 価格:972円(税込)

↓応募はこちら↓

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由