1. Home
  2. EAT
  3. 太らないのはどっち!? 管理栄養士さん、外食の正解メニューを教えて

太らないのはどっち!? 管理栄養士さん、外食の正解メニューを教えて

4,687

横山智世

どっちを選ぶ?

ダイエット中に外食をする際、どんなメニューを選びますか? ダイエットの成功を左右するとも言えるメニュー選び。管理栄養士の水谷俊江さんが、「やせやすいメニュー選び」という視点で徹底比較します。

てりやきバーガー or ハンバーガー。選ぶならどっち?

てりやきバーガーとハンバーガー

ランチタイムやがっつり食べたいときに選ぶ、ハンバーガー。てりやきバーガーとハンバーガーなら、どっちがダイエット向きメニュー?

てりやきバーガー:ハンバーガーのカロリーを比較すると、478kcal:256kcal

脂質は30.2g:9.4g、タンパク質は15.5g:12.8g、炭水化物は36.4g:30.3g。

カロリー、脂質の差が大きいことから、ダイエット中はハンバーガーがおすすめです。

(「Diet Plus」より引用)

エッグチーズバーガー

ハンバーガーだけでは物足りないと感じたら、管理栄養士の水谷さんのおすすめは「エッグチーズバーガー」だそう。

カロリー387kcal、脂質18.9gとハンバーガーよりは多めですが、タンパク質は22.3gと1食に摂りたい量です。またカルシウムも多くとることができ、栄養バランスが優れています。

(「Diet Plus」より引用)

サイドメニューを追加したい場合は、ビタミンCが摂取できるサラダをチョイス。ドリンクはカフェラテやミルクにして、さらにタンパク質を追加するのがおすすめとのことです。

栄養バランスを意識して選ぶだけで、グッと罪悪感が減りそうです。

味噌ラーメン or 醤油ラーメン。選ぶならどっち?

味噌ラーメンと醤油ラーメン

ときどき無性に食べたくなるラーメン。カロリーが気になるし、ダイエット中は避けがち。でも、どうしても食べたくなったら味噌ラーメンと醤油ラーメン、どっちを選ぶべき?

味噌ラーメン:醤油ラーメンのカロリーを比較すると862kcal:701kcal

脂質は31.3g:21.9gタンパク質は34.5g:27.1g炭水化物は100.8g:89.7g

カロリーも三大栄養素も、すべて味噌ラーメンの方が明らかに高い数値です。

(「Diet Plus」より引用)

カロリーの比較だけ見ると、味噌ラーメンを選んだ方がよさそうですが、管理栄養士の水谷さんによるとラーメンはどの味を選ぶかよりも食べ方が重要だそう。

ダイエット中にラーメンのスープを全部飲み干せばカロリーや脂質だけでなく塩分も多く摂ることになります。

ラーメンはスープを全部飲まなければ、醤油ラーメン対味噌ラーメン勝負は引き分けです。ダイエット中のラーメンは、醤油でも塩でも味噌でもスープは味わうくらいにすることが大切です。

(「Diet Plus」より引用)

どの味を選んでも、スープはほどほどに。さらに、トッピングを工夫してみましょう。おすすめは「わかめ、葱、メンマ(「Diet Plus」より引用))」。血糖値の急上昇を防ぐためにもたっぷり盛りつけたいですね。

鉄火丼 or 若鶏のみぞれ煮膳。選ぶならどっち?

鉄火丼と若鶏のみぞれ煮

最後は、和食の丼モノを比較します。鉄火丼と若鶏のみぞれ煮膳では、どっちを選んだらいいのでしょうか?

鉄火丼:若鶏のみぞれ煮膳のカロリーは569kca:1097kcal、脂質は4.9g:5.9g と表記されています。

DHA、EPAなどn-3系の脂肪酸を多く含む魚の脂には血栓の予防、中性脂肪を減らすなど生活習慣病予防の働きがあります。魚は健康のためにも積極的に摂りたい食材です。

(「Diet Plus」より引用)

管理栄養士の水谷さんによると、ダイエット中だけでなく、日頃からコンビニ食や加工食品をよく食べる人にも魚がおすすめだそう。

普段の食事にコンビニ食や加工食品を多く食べる方はn-6系の脂肪酸を摂りすぎてしまう傾向にあります。n-3系とn-6系の脂肪酸の摂取バランスを保つためにも外食に魚系があれば魚メニューを選ぶことをおすすめします。

(「Diet Plus」より引用)

健康的なメニューが多いイメージの和食ですが、選ぶ際には調理法にも注目しましょう。油で揚げているものや、調味料に砂糖を多く含むものは、いくら和食と言っても、カロリーや脂質は高くなってしまいます。

外食のメニュー選びで抑えておきたい2つのポイント

レストラン

その他に、水谷さんが提案するメニュー選びのポイントは以下の2つです。

  1. 主食だけのメニューにしない
  2. 野菜やおかずから食べて主食は最後に食べる

(「Diet Plus」より引用)

主食だけでは、血糖値が急上昇してしまい、太りやすくなってしまうそう。サイドメニューやトッピングを上手に活用して、ダイエット中も上手に外食を楽しみましょう。

※栄養成分表示はマクドナルド、幸楽苑、ジョナサンのグランドメニューを参考にしています

ダイエットに必要なのは知識です

いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

ダイエット中は、量や内容を調整できるお弁当がおすすめ。意識したい簡単な3つのポイントを管理栄養士の藤井歩さんが教えます。お弁当を作る余裕がないときは...

https://www.mylohas.net/2019/09/198341diet_bento.html

青魚は「やせホルモン」をアップさせる? オメガ3が多い魚リストつき

ダイエットや糖尿病予防に「青魚」が再び注目されています。DHA・EPAなどオメガ3が多い魚の種類とは? 国立がん研究センターが報告した研究結果などか...

https://www.mylohas.net/2019/08/196309fish_oil02.html

水谷俊江(みずたに としえ)さん
管理栄養士。美容クリニックでのダイエット指導、特定保健指導での相談業務に携わり、現在では「食」をテーマにしたコラムも執筆。南米、北米で10年間生活したなかで、改めて日本の食文化の偉大さを実感。ひとりひとりに合った形で、太る習慣を無理なく改善できる方法を提供中。

Diet Plus

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    2. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    3. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    4. 自分が「敏感気質」かどうかを知る方法。疲れない心を育てる4つのヒント

    5. 肩こりや腰痛、全身のコリにも。楽天で買えるフォームローラー5選

    6. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    7. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    8. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    9. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    10. 塗って焼くだけ、15分の簡単おかず。鶏もも肉の酒粕味噌焼き

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    10. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    7. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?