1. Home
  2. BODY
  3. 女性におこりやすい泌尿器のトラブル。4大原因と防ぐ方法は?

女性におこりやすい泌尿器のトラブル。4大原因と防ぐ方法は?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,184

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

腎臓

あのツーンとした痛み、放っておいていませんか?

米国国立糖尿病・消化器病・腎臓病研究所(NIDDK)の解説によると、約6割の女性が人生に一度は泌尿器感染症になったことがある、それも4人に1人は再び感染に悩まされたことがあるそうです。男性もなることはあるのですが、女性の方がもっと一般的。

というのも、女性は体の構造上、尿道(尿が流れる管)が男性ほど長くないので、泌尿器感染症を引き起こす細菌が膀胱に入ってきやすいのです。

「人間の尿路は、細菌の侵入を防ぐようできています。ところが、うまくいかないことも」と、インディアナ州立大学で産科学および婦人科学の専門医であるケリー・M・キャスパー医師。「そうなると細菌が繁殖し、感染症にいたってしまうわけです」。 泌尿器感染症で多くみられるのは、排尿痛、残尿感、尿の変色や刺激臭、骨盤痛、けん怠感のほか、感染が悪化すると発熱も

症状が出たらはずかしく思わないで。処方される抗生物質で症状がすぐになくなる場合もあるのです。治療が遅れると、腎感染など、症状がさらに重症になることも。

もちろん一番よいのは、原因をつくらないこと。女性に多い泌尿器感染症の原因と、どうすれば防げるかのヒントを紹介します。

1. 生理用品

タンポン

「不潔なナプキンやタンポンは、細菌が繁殖する温床」というのは、カリフォルニア州ビバリーヒルズの一般開業医、アリ・エサン医師。

生理中の尿路感染を防ぐには、量にもよりますが、少なくとも4時間おきにタンポンの交換を。就寝時は外して寝るとよいそう。ナプキンもまた4時間から6時間おきに替えます。

2. サイズが合っていない下着

下着

「下着も、泌尿器感染症の意外な原因」とニューヨークで婦人科医として勤務するアリッサ・ドェック医師は説明します。

「通気性が良いコットン製の下着は、湿気がこもるのを防ぎ細菌を増やしにくくしてくれる。薄手のTバックショーツなどは細菌を移しやすく、やめた方がよい」とのこと。

3. セックス

ハート

多くの女性がセックスによって泌尿器感染症にかかります。なぜなら膀胱や膣腔内の細菌が、尿道へ移ることがあるから。リスクを減らすにはセックスの前後30分にトイレへ行くこと」と、米国泌尿器科学会議の広報担当、リサ・N・ハウズ医師は説明します。

セックスの後にシャワーで洗うのもいいですが、石鹸は使い過ぎないほうがいいでしょう。研究では、 避妊具や殺精子薬の使用でも、泌尿器感染症の確率が上がるとわかっています。

4. 閉経

子宮

「泌尿器感染症は、閉経期以降の女性に非常に多くみられる」と、スタンフォード大学で泌尿器科・婦人科医であるカビタ・ミシュラ医師が『Prevention』誌で説明しています。

なぜならエストロゲンが減り、膣のpH値が変わるため。膣内の細菌と酵母のバランスが崩れて、感染の可能性を高めてしまうのです。膣の萎縮(内壁が薄くなること)がみられる閉経後の女性では、尿道付近に小さな傷ができやすく感染しやすくなっていて要注意なのです。

続きます。

本記事は、2019年5月8日に、婦人科外科医で予防医学審査委員会のメンバーでもある、アンジェラ・ショードハリ医師によって、医学的知見から監修されています。

不快な症状を我慢しない

おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

困ってしまう頻繁に訪れる尿意。何度もおしっこに行きたくなるのはなぜ?その理由をまとめました。

https://www.mylohas.net/2019/05/191470pvn_pee2.html

生理が重い日は多めに水を。女性が「のどの渇く理由」4つ

いつもとちがう喉に乾きは病気のサインかも? 医師に確認してもらうとよい、女性特有ののどの渇きの原因を紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/05/190904pvn_thirsty2.html

Leah Wynalek/10 Common UTI Causes in Women—and How to Prevent Them for Good/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    2. 「幹細胞コスメ」って何がいいの? 専門家に聞く選び方のポイント

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. お腹を引き締め「くびれ」をつくる、山登り風のエクササイズ

    5. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    6. 彼女の夜の営みが「年に一度」から「週に一度」に増えたのはなぜ?

    7. 便秘・むくみを解消したいときのメニュー3選、管理栄養士が教えます

    8. 脇腹のぜい肉にかなり効く「ひざタッチ」

    9. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    10. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    6. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    7. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    10. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?