1. Home
  2. MIND
  3. 空想でニヤニヤが止まらないのは要注意。医師に相談すべき場合って?

空想でニヤニヤが止まらないのは要注意。医師に相談すべき場合って?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

有名人

image via shutterstock

テレビ番組でインタビューを受ける。大きなステージに立って大喝采を受ける……。

今の自分に「あるわけない」ことを妄想してしまうクセは、やめることができるのでしょうか? ニューヨークのセラピストで作家のシェリー・アマテンスタインさんが、そんな悩みにお答えします。

心は結構ふらふらしている

心

image via shutterstock

真面目な話、こうしたクセはあなただけではありません。スマートフォンを使う技術を利用して参加者の考えや感情を追跡した2010年のハーバード大学の調査によると、47%の時間、私たちの心はふらふらと“徘徊”していることがわかりました。

心の“徘徊”とは……。会議で同僚のだらだら話に耳を傾けながら、夕飯に何を作ろうか考え込む、ビーチでくつろぐことを空想する、あのアホなやつにどう言ってやりたいか考える、昨夜のパーティで「うわー! あなた本当にこのオードブルが好きなのね」と言ったあいつ。厄介な問題に対する創造的なアプローチを思いつくだけ考えてみる、などなど。

空想しながら表情が動くタイプは要注意

表情

image via shutterstock

またこうした中でも、心配すべきタイプの空想もあります。1日の60%が上の空で、人間関係や生活能力に深刻な影響が及んでしまうようなケースです。米国精神医学会の『精神障害の診断と統計の手引き(DSM-5)』では記述されていませんが、この問題は「過剰な空想(正常な社会生活にそぐわない不適応な空想)」と呼ばれています。

「過剰な空想」の症状のひとつに、鮮明な空想で、その空想の中での自分のキャラクターやシナリオもあって、空想しながら表情も動いてしまうものがあります。空想の認識があるので、「過剰な空想」は精神疾患と異なります。

こうした状況に苦しんでいる人は、注意欠陥多動症、うつ病、もしくは強迫神経症である可能性があります。「過剰な空想」には複数のオンラインのサポートグループもあります。

自分の不満から気をそらそうとしている!?

気をそらす

image via shutterstock

ゴージャスですばらしい空想につい取り憑かれてしまうのはなぜ? おそらく自分のことをユニークで魅惑的だと思えないから。自分自身や人生に感じる不満から気をそらすために空想するのかもしれません。

しかし空想から醒めるとき、目をそらしたい現実の自分の有様に打ちのめされ、落胆してしまうことに。結局のところ、自分自身を愛し、起きている間は自分の経験したいことに取り組むことが最高の治療と言えます。

自分に自信を持つには?

体型コンプレックスを解消! ぽっちゃり女子が輝いているワケ

細くてスリムなボディが理想、そう思い込んでいませんか?見た目にとらわれずに、ありのままの自分に自信を持つ、前向きで力強いぽっちゃり美人に話を聞きまし...

https://www.mylohas.net/2019/07/194761pvn_positive.html

それは本当に全部ダメ? 自己肯定感が低い人が陥りやすい考え方

自己肯定感が低い人は、ひとつ自分のダメなところを見つけると、どうしても全部を否定してしまう傾向にあります。対処法とは? 精神科医で禅宗の僧侶である川...

https://www.mylohas.net/2019/06/192729positive_20.html

Sherry Amatenstein, LCSW/Ask a Therapist: "I'm Thinking of Quitting My Antidepressants. How?"Read this first because you need to be VERY careful about it./STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由