1. Home
  2. EAT
  3. 太りやすい季節につくる「低糖質&低炭水化物な秋のごちそう」14選

太りやすい季節につくる「低糖質&低炭水化物な秋のごちそう」14選

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

12,842

Seina Ozawa(翻訳)

パーティー

image via shutterstock

食欲の秋。しかし、ダイエット中の人や、糖質を制限している人にはコントロールが難しい時期でもあります。

前回は、糖尿病の人でもおいしく食べられる「かぼちゃ」を使ったアレンジ料理をご紹介しました。今回は秋のホームパーティで試してもらいたい、ヘルシーな料理をピックアップ。

  1. ヘーゼルナッツ、焼きレモン、ペコリーノチーズの芽キャベツサラダ
  2. クランベリーとアプリコットのコンポート
  3. ニンジンのスパイシーロースト ヨーグルトとターメリックのヴィネグレットソース添え
  4. バタフライターキーとハーブグレービーソース
  5. いろいろポテトのハーブロースト
  6. サヤインゲンとパプリカのニンニクしょうが和え
  7. カリフラワースタッフィング
  8. 低炭水化物コーンブレッド
  9. さつまいものメープルマッシュ
  10. 自然な甘さのクランベリーソース
  11. メープルとオレンジを使った芽キャベツのキャラメリゼ
  12. さつまいもとケールのマカロニ&チーズ
  13. 根菜のローズマリーロースト
  14. 甘くてスパイシーなピーカンナッツ

1. ヘーゼルナッツ、焼きレモン、ペコリーノチーズの芽キャベツサラダ

サラダ

薄くスライスした芽キャベツをチャイブやパセリと和え、ペコリーノ・ロマーノチーズ、ヘーゼルナッツ、レモンのスライスをトッピングしたら、目にも鮮やかなホリデーサラダの完成です。

芽キャベツには、がんのリスクを下げるグルコシノレートという成分が含まれます。このサラダには、1人前でタンパク質9g、食物繊維4gも含まれるので、いつもの食卓のメニューにもどうぞ。(レシピ出典:ヘーゼルナッツ、焼きレモン、ペコリーノチーズの芽キャベツサラダ

2. クランベリーとアプリコットのコンポート

コンポート

クランベリーソースがあまり好きじゃないという方にも、ぜひ試していただきたいのがこのレシピ。自然な甘さがあるので、砂糖は一切加えません。

抗酸化物質とミネラルの摂取量を増やしてくれる秘密の食材は、ドライアプリコット。一般的なソースよりも濃厚でもったりとしていて、このコンポートとターキーを一緒に食べれば、一味違った味わいを楽しめます。(レシピ出典:Prevention

3. ニンジンのスパイシーロースト ヨーグルトとターメリックのヴィネグレットソース添え

人参のロースト

ローストしたニンジンとパースニップ(サトウニンジン)が主役のインド風料理です。

カルシウムやマグネシウムが豊富なニンジンに合わせるのは、いつもとはちょっと違う特製ドレッシング。クリーミーな味わいを引き出すため、ギリシャヨーグルトとターメリックを混ぜ合わせ、高タンパクで飽和脂肪酸の少ないドレッシングに仕上がっています。(レシピ出典:Prevention

4. バタフライターキーとハーブグレービーソース

バタフライターキー

アメリカの秋はサンクスギビング(感謝祭)の季節。ハーブ香るローストターキーなしでは、サンクスギビングの食卓は完成しません。

こちらのレシピでは、ニンニク、フレッシュタイム、パセリ、セージ、そして減塩チキンスープを使って、風味と深みを引き出しています。

脂肪とコレステロールを抑えるため、ターキーの皮は取り除くようにしましょう。(レシピ出典:Prevention

5. いろいろポテトのハーブロースト

ポテト

いろいろなベビーポテトに、新鮮なハーブと心臓にいいオリーブオイルで味つけし、ビタミンCと食物繊維をプラス。

紫じゃがいもはアントシアニンが豊富なので、インスリン分泌を促進し、心疾患の予防効果もあります。(レシピ出典:Prevention

6. サヤインゲンとパプリカのニンニクしょうが和え

インゲン

カロリー高めのクリーミーなキャセロールの代わりに、ヘルシーで風味豊かなこちらのサヤインゲンのサイドディッシュを作れば、皆もきっと大喜び。(レシピ出典:Prevention

7. カリフラワースタッフィング

カリフラワースタッフィング

スタッフィング(詰め物)はサンクスギビングで人気の高い食べ物のひとつですが、炭水化物が大量に含まれる料理でもあります。炭水化物の量を最小限に抑えるため、パンの代わりに一口サイズのカリフラワーを詰めています。

食感のいいセロリ、玉ねぎ、ニンニク、スパイスやハーブをたっぷり加えれば、パンがなくても十分おいしい出来立てスタッフィングを楽しめます。(レシピ出典:Food Faith Fitness

8. 低炭水化物コーンブレッド

コーンブレッド

パンを食べたいけれど、炭水化物が気になります。アーモンド粉を使った低カロリーのコーンブレッドは食事にもよく合います。

天然甘味料のステビア小さじ1/8を加えて、甘さをプラスしてもOKです。(レシピ出典:Elana's Pantry

9. さつまいものメープルマッシュ

さつまいもマッシュ

さつまいものマッシュをプレーンヨーグルトと混ぜるんです。「これによって、質の高い炭水化物とヨーグルトに豊富なタンパク質を摂取できる絶品料理に仕上がります。吸収が遅くなり、血糖値の急上昇を抑えることができます」と説明するザニーニさん。

メープルシロップ、シナモン、ナツメグを少し足せば甘さも加わり、クリーミーな秋の味わいを楽しめます。(レシピ出典:Chocolate Slopes

10. 自然な甘さのクランベリーソース

クランベリー

伝統的なクランベリーソースを、糖質を抑えて作ってみましょう。無糖アップルソース、オレンジジュース、アガベシロップを代わりに使っていきます。

オールスパイスとナツメグが香りを引き立て、ほっこり心温まる、大満足のソースに仕上がること間違いなし。(レシピ出典:The Foodie Dietitian

11. メープルとオレンジを使った芽キャベツのキャラメリゼ

芽キャベツ

ピュアメープルシロップとオレンジの絞り汁を使ってキャラメリゼされたミニキャベツ。ほんのりとした甘さを引き出しつつ、血糖値が急上昇しないように考えられています。

また、メープルとオレンジの汁をかけてオーブンで焼くことで、油をたくさん使わなくても、芽キャベツがカリカリに仕上がります。(レシピ出典:Pinch of Yum

12. さつまいもとケールのマカロニ&チーズ

さつまいもグラタン

さつまいも、全粒粉マカロニ、ケールを使った栄養価の高い料理。通常はブレッドクラム(パンくず)を使いますが、このレシピではパン粉とフレッシュセージを代わりに使います。カリカリ食感でとてもおいしいですよ! (レシピ出典:The Foodie Dietitian

13. 根菜のローズマリーロースト

根菜のロースト

食べ物で秋を表現したいなら、まさにこのレシピがぴったり。ニンジン、パースニップ(サトウニンジン)、さつまいも、ビーツがたくさん入って、栄養たっぷりの色鮮やかな一皿です。天板に食材をのせすぎないように気をつけながら、こんがりクリスピーに焼き上げて。(レシピ出典:Sweet Peas and Saffron

14. 甘くてスパイシーなピーカンナッツ

ナッツ

サンクスギビングパーティで食事前にこのスナックを配れば、ゲストもきっと喜んでくれるはず。コーンシロップとブラウンシュガーでちょっとだけ甘さをプラス。ターキーを焼いている間、ゲストにはこの甘辛ナッツを味わいながら待ってもらいましょう!(レシピ出典:House of Yumm

おいしい食事をみんなで楽しむ

高タンパク&ビタミンCたっぷり。カラフルピーマンのツナナムル

電子レンジとツナ缶を使って簡単に作れる、「カラフルピーマンのツナナムル」のレシピをご紹介。高タンパクかつ、ストレスを強く感じると消費されやすくなるビ...

https://www.mylohas.net/2019/08/196637recipe.html

糖質量を調整したいときに。高タンパクな「ささみピザ」

ピザ生地なし「ささみピザ」のレシピをご紹介。糖質を調整したいときでも食べられるピザです。高タンパクで知られるささみですが、ビタミンB6も豊富。効率的...

https://www.mylohas.net/2019/08/196168diet_recipe.html

The Editors Of Prevention/24 Diabetes-Friendly Thanksgiving Recipes Your Whole Family Will Love/Seina Ozawa(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    2. 「幹細胞コスメ」って何がいいの? 専門家に聞く選び方のポイント

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. お腹を引き締め「くびれ」をつくる、山登り風のエクササイズ

    5. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    6. 彼女の夜の営みが「年に一度」から「週に一度」に増えたのはなぜ?

    7. 便秘・むくみを解消したいときのメニュー3選、管理栄養士が教えます

    8. 脇腹のぜい肉にかなり効く「ひざタッチ」

    9. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    10. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    6. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    7. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    10. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?