1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 「ダブル洗顔不要」のクレンジングで汚れはちゃんと落ちる?

「ダブル洗顔不要」のクレンジングで汚れはちゃんと落ちる?

読者の悩みに専門家が答える、ビューティ駆け込み寺

1,668

AYANA

洗顔する女性

MYLOHAS読者の、ニッチな美容のお悩みを解決する「ビューティ駆け込み寺」連載。

今回はクレンジングについて、「ダブル洗顔不要とうたっているものは、洗顔料と併用するものに比べて洗浄力は問題ないのでしょうか?」というお悩み。そもそも、洗浄力が強いほど肌への負担が大きくなることはないのでしょうか?

化粧品メーカーでの美容コンサルタントとして多方面で活躍する、ビューティサイエンティストの岡部美代治さんに伺いました。

ダブル洗顔不要クレンジング、本当にその1本だけ使えばOK?

洗顔料に悩む女性

image via shutterstock

最近は、メイク落としと洗顔の機能を併せ持った「ダブル洗顔不要」のクレンジングも世の中に多く存在します。ただ、一度洗うだけですべての汚れはきれいさっぱりオフできているものなのでしょうか?

両方の機能を満たしているので、一度の使用で問題ありません。洗浄力が弱いとか、きちんと汚れが落ちていないなどといったことはありません」(岡部さん)

ただ、ダブル洗顔不要のクレンジングには、オイルやミルクなど、洗い上がりがしっとりしているものが多くあります。

さっぱりと洗いたいなら、ダブル洗顔不要のクレンジングのあとに泡洗顔を組み込んでもいいのだそう

洗顔する女性

「泡立てて使う洗顔石鹸などを使うと、洗い上がりがさっぱりとして気持ちいいですよね。洗ったあとにきちんと保湿すれば、洗いすぎることはありません

ちなみに、泡を洗い流したあとに肌がキュッキュとすると、肌が乾燥してつっぱっているのでは? と思いがちですが、そうではありません。

洗顔料に含まれている脂肪酸などの保護成分が肌表面に留まっているサインなんです。洗いすぎではないので安心してください」(岡部さん)

ちなみに、クレンジングや洗顔料で洗ったあとにぬるつきを感じる場合も、きちんと洗えていないわけではなく、保湿成分によるしっとり感によるもの

しっとりかさっぱりか、は、洗い上がりの好みで選べばOKです。

そもそも「ダブル洗顔」はどうして必要なの?

洗顔料に悩む女性

では、ダブル洗顔が必要なクレンジングと不要なクレンジングは何が違うのでしょうか。

「クレンジングはメイクなど油性の汚れ、洗顔料は埃や古い角質など水性の汚れを落とすもの。目的が異なり、両方使うことですっきりと洗うことができます

ダブル洗顔することで小鼻脇や生え際などの洗い残しを防ぐことができるとともに、手をかけて洗うため、さっぱりとした心地よさやきれいになった安心感を得ることができるんです」(岡部さん)

0shutterstock_643309162(3)

さらに、洗顔料は古い角質などもきれいにオフできるため、その後に使うスキンケアの肌なじみもアップするのだそうです。

「ダブル洗顔は、丁寧なステップで肌をいたわる理想的なケア方法のひとつ。ただ、時間がない日もあるし、忙しいライフスタイルを送っている人もいる。

ダブル洗顔不要のクレンジングのほうが機能的に不十分というわけではないので、お好みでチョイスしていただければいいのです」(岡部さん)

「洗いすぎると肌に必要なうるおいまで失う」は本当?

乾燥肌を気にする女性

クレンジングや洗顔料の「洗浄力の高さ」によって、本来肌が持っているうるおいまでもが洗い流されてしまう、という説があります。洗いすぎると肌は乾燥してしまうのでしょうか

「しっかり洗顔することで、必要な肌のうるおいが多少奪われ、そのままだと肌力がダウンしてしまうことはありえます。

ただし、洗顔後の保湿をきちんとすれば大丈夫です。丁寧な保湿が肌のバリア機能を守るから、肌自らがすこやかでいられるのです 」(岡部さん)

スキンケアする女性

反対に「過剰なケアで肌を甘やかす」ということもないのだそうです。

どんなに保湿しても肌機能は損なわれません。つまり、リッチな成分が配合された美容液をたっぷり使ったところで、肌が怠けることはないのです。

逆に、保湿をきちんとしないと、炎症が起きてターンオーバーが乱れてしまいます」(岡部さん)

肌の自活力を育てようという気持ちで肌断食(スキンケアを何もしない)に走るのも危険ということになります。

「肌断食は、肌に合わない化粧品を使っていて肌状態が悪化し、その症状を落ち着かせるために一定期間行うなら効果があります。

しかし、化粧ノリがよく、肌が気持ちいい状態であれば、そのスキンケアは合っているので肌断食は全く必要ありません。ケアはどんどん行いましょう 」(岡部さん)

クレンジングも保湿もやりすぎることはありません

自分に合った方法で、肌を清潔かつ、うるおった状態にしてあげること。それこそがすこやかなターンオーバーと美肌の鍵なのです。とは言っても強くこすり過ぎることは避けてくださいね。

>>「ビューティ駆け込み寺」連載をもっと見る

すっきりメイクオフして肌はうるうる。至福のクレンジング体験

一流ホテルのスパでも用いられている、憧れのスパブランド「エレミス」。そんなを「エレミス」代表するアイテムでもあるクレンジングバームを試してみました。

https://www.mylohas.net/2019/08/197388elemis.html

クレンジング不要のファンデーション、本当に洗顔料だけで落ちるの?

クレンジング不要のファンデーションは、本当に洗顔料だけで落とせるのでしょうか? ニッチな美容のお悩みに、ビューティサイエンティストの岡部美代治さんが...

https://www.mylohas.net/2019/09/198084beauty_qa9.html

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由