1. Home
  2. MIND
  3. 精神科医が教える、他人の悩みを聞くときに心がけたいこと

精神科医が教える、他人の悩みを聞くときに心がけたいこと

30日間の「女子の人間関係」

2,043

田邉愛理

女子の人間関係って、なんかめんどくさい! 」そう感じたことはありませんか?

いわゆる「女」の嫌な部分や、「女」同士が生み出すイライラのメカニズムを知り、軽やかに生きる方法を、精神科医の水島広子先生の著書から、毎日ひとつずつご紹介します。

(すぐ感情的になる、裏表がある、群れたがる、張り合ってくる……こうした「女」の嫌な部分を、この連載ではカッコつきの「女」と書いています。これは女性そのものを意味するのではなく、一連の困った特徴のことを呼ぶと理解してください)

悩んでいる女性

image via Shutterstock

Eさんのケース
後輩から悩みがあると呼び出されたので、わざわざ時間をとって相談に乗ったのに、私だけじゃなくて、いろんな人に相談していました。「他の人には話せないことだから」と言っていたのに。あんなに長々とつきあって損した、と思ってしまう私は心が狭いですか?

この後輩の「女」度は高いです。ただ「他の人には話せないことだから」と言ったときには、本当にそう思っていたのかもしれません。その場の感情で「味方」感のあることを言うのも「女」の特徴のひとつだからです。つまり、「あなたのことは味方だと思っている」ということを言いたかったのかもしれません。

悩みごとを聞く際には、こちらの「女」についても注意が必要です。特に「お母さん病」がある人は、人の世話を焼きがち。本来聞かなくてよい悩みごとまで聞いてしまいがちなのです。

他人の悩みを聞いてあげてもよいのですが、それは、自分が聞きたい範囲にとどめるべき。「損をした」と感じるのは心が狭いからではなく、本来やりたいわけではないことを無理してやったからです。

「女」から脱するには、「どうすれば好かれるか」ではなく「自分はどうしたいか」。「無理のない範囲でだけ役に立とう」と決めればよいと思います。

『女子の人間関係』
なぜ、あの“女”(ひと)はあなたの感情を乱すのか? 比べたがる“女”、敵・味方を作りたがる“女”、「自分は自分、他人は他人」ができない“女”、そして自分のなかの“女”……女性同士の人間関係の悩みや、いわゆる「女」の嫌な部分から解放されて生きていくためには、自分と相手の中にある「女」についてよく知ることが大切。対人関係療法を専門とする著者ならではの視点で、女子の人間関係をスムーズにする方法をレクチャーします。

水島広子(みずしま・ひろこ)先生
精神科医。慶應義塾大学医学部卒業、同大学院修了(医学博士)。慶應義塾大学医学部精神神経科勤務を経て、現在、対人関係療法専門クリニック院長、慶應義塾大学医学部非常勤講師(精神神経科)、アティテューディナル・ヒーリング・ジャパン(AHJ)代表。2000年~2005年衆議院議員として児童虐待防止法の抜本的改正をはじめ、数々の法案の修正実現に尽力。『「ドロドロした嫉妬」がスーッと消える本』など著書多数。

30日間の「女子の人間関係」をもっと見る

仕事でつかえるコミュニケーション術

【今週のお悩み】仕事で、相手先のキーマンにもっと近づくためにはどうすればいいですか?

恋愛プランナーでありコミュニケーションの達人でもある「TETUYA」が、仕事、恋愛、家族、友人関係…あらゆるコミュニケーションの悩みを解決します!

https://www.mylohas.net/2019/01/concierge02.html

自分の「プラン」を通す必勝法。提案力をあげる対話テクニックとは?

恋愛プランナーでありコミュニケーションの達人でもある「TETUYA」が、仕事やプライベートにおいて、自分の提案を通したいシチュエーションで役立つテク...

https://www.mylohas.net/2019/07/195228concierge02.html


    specialbanner

    Ranking

    1. 子宮をあたためると生理痛は軽くなる? 女性の「健康都市伝説」を宋美玄さんが論破

    2. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    3. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    4. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    5. 年齢に囚われることは損でしかない。昔は「おばさん」今は「女子」

    6. 安藤サクラさんの透明感の理由。日常は自分らしく、人生の変化には柔軟に

    7. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    8. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    9. 4時間睡眠が2日続くだけで...。止まらない食欲はホルモンのせいかも

    10. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    1. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    2. 脂肪燃焼効果つづく。腕・背中・おなかをまんべんなく刺激するHIIT

    3. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    4. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    5. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    6. 心の緊張がほぐれる刺激法/呼吸が変わるとラクになる #04

    7. 安藤サクラさんの透明感の理由。日常は自分らしく、人生の変化には柔軟に

    8. 子宮をあたためると生理痛は軽くなる? 女性の「健康都市伝説」を宋美玄さんが論破

    9. 見た目は大事。いつものごはんを「プロ並み」にする盛り付けのコツ

    10. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    1. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    2. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    3. 下半身太りが気になる人はマスト! 効果絶大の「股関節ほぐし」

    4. ジムいらず! おうちの隅で眠っているあのグッズで美脚&美尻に

    5. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    6. サヨナラ、まるい背中。背筋を鍛えるバックエクステンション

    7. 「おばさん」と呼ばれたことのない中年女性が増加中

    8. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    9. 睡眠の質を上げるには、「体内リズム」が重要だった!

    10. 【セルフチェックリスト】取れない疲れ、「3つのストレス」のせいかも

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら