1. Home
  2. MIND
  3. 他人のことに、上から目線で口出しをしたがる「女」との付き合い方

他人のことに、上から目線で口出しをしたがる「女」との付き合い方

30日間の「女子の人間関係」

2,665

田邉愛理

女子の人間関係って、なんかめんどくさい! 」そう感じたことはありませんか?

いわゆる「女」の嫌な部分や、「女」同士が生み出すイライラのメカニズムを知り、軽やかに生きる方法を、精神科医の水島広子先生の著書から、毎日ひとつずつご紹介します。

(すぐ感情的になる、裏表がある、群れたがる、張り合ってくる……こうした「女」の嫌な部分を、この連載ではカッコつきの「女」と書いています。これは女性そのものを意味するのではなく、一連の困った特徴のことを呼ぶと理解してください)

女友達

image via shutterstock

Aさんのケース
上から目線でアドバイスしてくる友人がいて苦痛です。たしかに学生のころは、その子の方が何でもできて、お姉さん的な感じでした。でも、今は私もそれなりに成長していると思うのに、昔と同じように常に上から目線でイラッとします。私は、一生あの人の子分みたいな感じなのでしょうか。

これは「お母さん病」「お姉さん病」とでも呼んでよい現象なのですが、相手のことは自分が一番よくわかっている、というような感覚を「女」が持つことは少なくありません。これは、「自分の領域」と「他人の領域」の区別がつけられない、という特徴に由来するものです。

いまの状況を、「『女』のパターン」の代表的なひとつと見れば、結論は単に「彼女は『女』度が高い」というだけのこと。自分との上下関係の話ではありませんから、苦痛に感じる必要はありません。

実際に人が何かを言えるのは、「自分の領域」においてのみ。アドバイスされたとしても、それは相手が「相手の領域」の中で勝手につぶやいていることなのです。こちらはそこに真実を感じる必要もないし、もちろん言うとおりにする必要もありません

この状況に巻き込まれないためには、単に「ああ、彼女には『お姉さん病』が出ているな」と見るだけで十分です。

女子の人間関係
なぜ、あの“女”(ひと)はあなたの感情を乱すのか? 比べたがる“女”、敵・味方を作りたがる“女”、「自分は自分、他人は他人」ができない“女”、そして自分のなかの“女”……女性同士の人間関係の悩みや、いわゆる「女」の嫌な部分から解放されて生きていくためには、自分と相手の中にある「女」についてよく知ることが大切。対人関係療法を専門とする著者ならではの視点で、女子の人間関係をスムーズにする方法をレクチャーします。

水島広子(みずしま・ひろこ)先生
精神科医。慶應義塾大学医学部卒業、同大学院修了(医学博士)。慶應義塾大学医学部精神神経科勤務を経て、現在、対人関係療法専門クリニック院長、慶應義塾大学医学部非常勤講師(精神神経科)、アティテューディナル・ヒーリング・ジャパン(AHJ)代表。2000年~2005年衆議院議員として児童虐待防止法の抜本的改正をはじめ、数々の法案の修正実現に尽力。『「ドロドロした嫉妬」がスーッと消える本』など著書多数。

30日間の「女子の人間関係」をもっと見る

ストレスホルモンを減らそう

幸せホルモンを増やし、ストレスホルモンを減らすマッサージとは?

そもそも人は、人とふれあうことでエネルギーをもらうことができるようになっています。マッサージを受けることによって変化するホルモン値についての研究をご...

https://www.mylohas.net/2019/03/186494get_better30.html

「背筋ピン!」でストレスホルモンが減る?

堂々とした姿勢をとらせた被験者と、縮こまった姿勢をとらせた被験者で驚くべき実験がされました。ハーバード大学の研究です。

https://www.mylohas.net/2019/03/185438get_better04.html


    Ranking

    1. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    2. コンビニおにぎりと合わせるべき「栄養黄金セット」は? 賢く選んでヘルシーに

    3. ナチュラル洗剤で汚れを劇的に落とす方法。「1%の重曹水」が超便利

    4. 1日4杯までがちょうどいい。コーヒーの飲み方の新しい常識

    5. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    6. スマホ疲れによる首こり、頭痛に。肩と背中も同時にほぐすストレッチ

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. ツナ&たまごサンドが激変する、秘密のちょい足しレシピ

    10. 濃厚でクリーミー。ダマにならないカルボナーラの作り方

    1. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    2. 「自分の基礎代謝量」をこの表で計算してみて。代謝を下げない4つのポイント

    3. ナチュラル洗剤で汚れを劇的に落とす方法。「1%の重曹水」が超便利

    4. 1日4杯までがちょうどいい。コーヒーの飲み方の新しい常識

    5. 濃厚でクリーミー。ダマにならないカルボナーラの作り方

    6. これ、カレーに入れてみたらおいしかった! こぐれひでこさんのアイデア4選

    7. 【心理テスト】春。ハッピーな出会いはどこにある?

    8. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    9. コンビニおにぎりと合わせるべき「栄養黄金セット」は? 賢く選んでヘルシーに

    10. スマホ疲れによる首こり、頭痛に。肩と背中も同時にほぐすストレッチ

    1. 鶏むね肉を「もっと、ふっくらおいしく」。藤井恵さんが教える下ごしらえのコツ

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. これ、カレーに入れてみたらおいしかった! こぐれひでこさんのアイデア4選

    4. 「自分の基礎代謝量」をこの表で計算してみて。代謝を下げない4つのポイント

    5. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    6. ナチュラル洗剤で汚れを劇的に落とす方法。「1%の重曹水」が超便利

    7. キツい。でも効きます。体幹を使って効果的に絞る「腹筋トレーニング」

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. 本質を知れば、料理はもっと楽しく豊かになる。料理家SHIORIさんが伝えたいこととは

    10. 骨盤後傾や巻き肩をストレッチで改善。ぐぐっとねじるとラクになる

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら