1. Home
  2. MIND
  3. 相手の領域に立ち入ってない? 本当の「気が利く」とは?

相手の領域に立ち入ってない? 本当の「気が利く」とは?

30日間の「女子の人間関係」

4,354

田邉愛理

女子の人間関係って、なんかめんどくさい! 」そう感じたことはありませんか?

いわゆる「女」の嫌な部分や、「女」同士が生み出すイライラのメカニズムを知り、軽やかに生きる方法を、精神科医の水島広子先生の著書から、毎日ひとつずつご紹介します。

(すぐ感情的になる、裏表がある、群れたがる、張り合ってくる……こうした「女」の嫌な部分を、この連載ではカッコつきの「女」と書いています。これは女性そのものを意味するのではなく、一連の困った特徴のことを呼ぶと理解してください)

会話をしている女性たち

image via Shutterstock

女性はいろいろな場面で「女らしさ」を要求されます。その重要なもののひとつが、「細やかさ」です。それはつまり、よく察するように、相手の顔色をよく読むように、ということ。そして、顔色がよく読めると、「気が利く」とほめられることになります。

しかし、こんなことばかりしていると、「それが誰の領域の問題なのか」ということがわからなくなってしまいます。

相手が必要としていることを察することができる、ということは、つまりは相手の領域に立ち入って忖度しているということ。たまたま相手に喜ばれることもあるでしょうが、その基本構造は相手に対する「領域侵害」です。

これが、「女」のひとつの問題につながります。「女」には、「お母さん病」「お姉さん病」とでも言えるような特徴があるのですが、それは、「あなたのことは私が一番よくわかっているから」とでもいうような態度のことです。それが当の本人の実態とずれれば「トンチンカンなことの押しつけ」ということになりますし、仮に本人に合致したものであるとしても「余計なお世話」と感じられることもあります。

自分のことは自分で決めたい、そのために自由に悩んだり考えたりする空間がほしい、と思う人は多いのです。

女子の人間関係
なぜ、あの“女”(ひと)はあなたの感情を乱すのか? 比べたがる“女”、敵・味方を作りたがる“女”、「自分は自分、他人は他人」ができない“女”、そして自分のなかの“女”……女性同士の人間関係の悩みや、いわゆる「女」の嫌な部分から解放されて生きていくためには、自分と相手の中にある「女」についてよく知ることが大切。対人関係療法を専門とする著者ならではの視点で、女子の人間関係をスムーズにする方法をレクチャーします。

水島広子(みずしま・ひろこ)先生
精神科医。慶應義塾大学医学部卒業、同大学院修了(医学博士)。慶應義塾大学医学部精神神経科勤務を経て、現在、対人関係療法専門クリニック院長、慶應義塾大学医学部非常勤講師(精神神経科)、アティテューディナル・ヒーリング・ジャパン(AHJ)代表。2000年~2005年衆議院議員として児童虐待防止法の抜本的改正をはじめ、数々の法案の修正実現に尽力。『「ドロドロした嫉妬」がスーッと消える本』など著書多数。

30日間の「女子の人間関係」をもっと見る

あなたはストレス体質?

精神科医が教える「ストレスが溜まる人の特徴」と上手につきあう方法

真面目に頑張っているがゆえに、ストレスを強く感じてしまうことがあります。頑張りを正しく生かしていくための、ストレスの予防や対処の方法をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/07/195186book_stress.html

女性は男性よりストレスを受けやすい。その科学的な理由

別れや不安で、傷つくのはいつも女性のほう。それには、科学的な理由がありました。男女間に生じる「すれ違い」の理由を最近の研究から紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/06/192898pvn_brain2.html


    specialbanner

    Ranking

    1. 今さら聞けない、糖質制限ダイエットのウソ・ホント

    2. 寝たまま脚パタパタで腹筋しっかりつく! 簡単エクササイズ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    5. やさしい甘さが和食やパンにも合う。100%米麹の甘味料

    6. すきま時間で猫背を改善。−5歳の後ろ姿をつくる、簡単筋トレ

    7. お肉なしでもおいしい! 野菜たっぷり洋食おかず10選

    8. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    9. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    10. 便秘、肌荒れ、肥満...どれも新型栄養失調かも。カリスマ管理栄養士が解説

    1. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    4. 気づかないうちに進行する「高血圧」。要因と正常に戻す方法は?

    5. ダイエットの神降臨。やせない人がまずやるべき超簡単な方法

    6. 自分をダメにする悪習慣から抜け出そう! すぐできる89の方法

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 太ってきたときの炭水化物との付き合い方。お米・パン・麺はどう選ぶ?

    9. 今さら聞けない、糖質制限ダイエットのウソ・ホント

    10. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    1. 乳がんを克服したと思ったら、ステージ4で再発。有名女優が告白

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    4. がん予防に摂りたいフルーツ&飲み物9選。緑茶やコーヒーはどうなの?

    5. 片づけられない人に共通する心理。汚部屋と心はつながっている!?

    6. 意外とやっている睡眠のNG習慣。6時間睡眠は脳の老化を速める?

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 首が、肩がかたまったなら! 最強の肩こりストレッチ4選

    9. 意外と知らないリップメイク術。3つのコツで簡単攻略!

    10. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    キャメレオン竹田の占い

    今年の運勢を公開中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら

    Prevention