1. Home
  2. MIND
  3. 相手の領域に立ち入ってない? 本当の「気が利く」とは?

相手の領域に立ち入ってない? 本当の「気が利く」とは?

30日間の「女子の人間関係」

5,107

田邉愛理

女子の人間関係って、なんかめんどくさい! 」そう感じたことはありませんか?

いわゆる「女」の嫌な部分や、「女」同士が生み出すイライラのメカニズムを知り、軽やかに生きる方法を、精神科医の水島広子先生の著書から、毎日ひとつずつご紹介します。

(すぐ感情的になる、裏表がある、群れたがる、張り合ってくる……こうした「女」の嫌な部分を、この連載ではカッコつきの「女」と書いています。これは女性そのものを意味するのではなく、一連の困った特徴のことを呼ぶと理解してください)

会話をしている女性たち

image via Shutterstock

女性はいろいろな場面で「女らしさ」を要求されます。その重要なもののひとつが、「細やかさ」です。それはつまり、よく察するように、相手の顔色をよく読むように、ということ。そして、顔色がよく読めると、「気が利く」とほめられることになります。

しかし、こんなことばかりしていると、「それが誰の領域の問題なのか」ということがわからなくなってしまいます。

相手が必要としていることを察することができる、ということは、つまりは相手の領域に立ち入って忖度しているということ。たまたま相手に喜ばれることもあるでしょうが、その基本構造は相手に対する「領域侵害」です。

これが、「女」のひとつの問題につながります。「女」には、「お母さん病」「お姉さん病」とでも言えるような特徴があるのですが、それは、「あなたのことは私が一番よくわかっているから」とでもいうような態度のことです。それが当の本人の実態とずれれば「トンチンカンなことの押しつけ」ということになりますし、仮に本人に合致したものであるとしても「余計なお世話」と感じられることもあります。

自分のことは自分で決めたい、そのために自由に悩んだり考えたりする空間がほしい、と思う人は多いのです。

女子の人間関係
なぜ、あの“女”(ひと)はあなたの感情を乱すのか? 比べたがる“女”、敵・味方を作りたがる“女”、「自分は自分、他人は他人」ができない“女”、そして自分のなかの“女”……女性同士の人間関係の悩みや、いわゆる「女」の嫌な部分から解放されて生きていくためには、自分と相手の中にある「女」についてよく知ることが大切。対人関係療法を専門とする著者ならではの視点で、女子の人間関係をスムーズにする方法をレクチャーします。

水島広子(みずしま・ひろこ)先生
精神科医。慶應義塾大学医学部卒業、同大学院修了(医学博士)。慶應義塾大学医学部精神神経科勤務を経て、現在、対人関係療法専門クリニック院長、慶應義塾大学医学部非常勤講師(精神神経科)、アティテューディナル・ヒーリング・ジャパン(AHJ)代表。2000年~2005年衆議院議員として児童虐待防止法の抜本的改正をはじめ、数々の法案の修正実現に尽力。『「ドロドロした嫉妬」がスーッと消える本』など著書多数。

30日間の「女子の人間関係」をもっと見る

あなたはストレス体質?

精神科医が教える「ストレスが溜まる人の特徴」と上手につきあう方法

真面目に頑張っているがゆえに、ストレスを強く感じてしまうことがあります。頑張りを正しく生かしていくための、ストレスの予防や対処の方法をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/07/195186book_stress.html

女性は男性よりストレスを受けやすい。その科学的な理由

別れや不安で、傷つくのはいつも女性のほう。それには、科学的な理由がありました。男女間に生じる「すれ違い」の理由を最近の研究から紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/06/192898pvn_brain2.html


    Ranking

    1. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    2. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    3. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    4. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    5. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    6. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    7. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    8. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    9. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    3. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    4. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    5. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    6. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    7. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    8. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    9. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    10. しっかり胸を開いて深呼吸。寝ても疲れが取れないときに試したいストレッチ

    1. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    2. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    3. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    4. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    5. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    6. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    7. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    8. 自分なりの定番が2~3品あればいい。おせち作りのハードルを下げるひと工夫

    9. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    10. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら