1. Home
  2. BODY
  3. 10人に1人が悩む「子宮内膜症」って? 重すぎる生理は不妊の原因にも

10人に1人が悩む「子宮内膜症」って? 重すぎる生理は不妊の原因にも

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,127

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

子宮内膜症

image via shutterstock

ただの生理痛って、ほっとかないで。

米国の女性健康局によると、生殖年齢と呼ばれる15~44歳の女性のうち、その月経痛の原因が子宮内膜症であるケースが11%にものぼるそう。

「子宮内膜症とは、子宮内膜という組織が、子宮の外、特に骨盤内で増えて炎症を起こす病気です」とスタンフォード大学産科学および婦人科学の臨床准教授であるジェニファー・コンティ医師

より分かりやすく言うと、本来の子宮内膜のように、生理が始まると子宮頸部から膣を通り体外へ排出されるかわりに、子宮内膜症では、はがれた子宮内膜が卵管でいわば「逆流してしまい」、卵管の外に出て骨盤内で腸など周囲の臓器に付着して増殖してしまうのです。

「子宮以外の場所で増殖した子宮内膜組織は骨盤内にとどまり、本来の子宮内膜と同じ働きをします。しかしそれはその場で出血し、体外に排出されません」とイエール・ニューヘブン病院産科学・婦人科学・生殖内分泌学の臨床教授であるメリー・ジェーン・ミンキン医師「それがどんなに痛いかは、簡単に想像できるとおもいます」

家族がかかっていたら要注意

親子

image via shutterstock

この子宮内膜が卵管へ逆流してしまうこのプロセスは、逆行性月経と呼ばれ、子宮内膜症を引き起こす原因なのではないかと言われています、とニューヨークを拠点とする婦人科医で、子宮内膜症に関する情報サイト「SpeakENDO」の監修メンバーのひとりでもあるレベッカ・ブライトマン医師

子宮内膜症のはっきりとした原因は明らかになっていませんが、最もよくみられる危険因子として家族歴があります、とコンティ医師。「母または姉妹で子宮内膜症を患ったことがある方がいれば、あなたも子宮内膜症になる確率が高くなります」

また子宮内膜症は生殖年齢の女性に発生しますが、特に30代の女性に発症頻度が高く、それは生理の開始年齢と関連性が考えられます、とミンキン医師。

子宮内膜症を患う女性のほとんどが、日常生活に支障を感じています。「子宮内膜症が原因で学校を欠席したり仕事を休んだりすることが増え、また性機能不全やそれが原因で人間関係が悪化するなど、生活の質にも影響がでます」とニューヨークを拠点とする婦人科医で『The Complete A to Z for Your V』の著者でもあるアリッサ・ドウェック医師

もうひとつのつらい現実は?「子宮内膜症とはっきりと診断されるまでに長い時間がかかることです。またひとりだけでなく複数の医師に診てもらわなければ分からない場合もあります」とドウェック医師。

だから、早期発見で早期に治療をはじめることが、とても重要なのです。あいにく症状の出方は人によってさまざま。非常に個人差があり、人によってはまったく自覚症状がないこともあるそう。でも、婦人科医が教えてくれる危険サインを知っておけば、症状を見逃さず医師に対応策を相談できます。

1. 生理痛が極端にひどい

タンポン

子宮内膜症の痛みは、通常の「生理痛」のレベルをはるかに超える痛みです。

子宮内膜症による生理痛は、生理の1、2日前からはじまり、生理が終わったあとも数日間続くのが一般的です、とコンティ医師。「子宮内膜症の痛みは、慢性的で、鈍く、ズキズキと鋭い痛みを感じ、熱をもった感じがあるのが特長です」

生理中に痛みが極端に増すのは、女性ホルモンへの反応と関係しています。毎月、子宮内の内膜組織は、女性ホルモンに反応して厚くなり、剥離し、出血し排出されます。

「しかし逆行性月経が起こると、その出血が腹腔の外へと排出されないため、痛みが生じるのです」とドウェック医師は説明します。

2. セックスで痛みがある

痛み

セックスで痛みを感じることや、不快感があったりしませんか?それもまた子宮内膜症のせいかもしれません。

子宮内膜組織が本当は毎月排出されているはずなのに、あるべきではない場所にたまってしまうことから、セックス中に不快に感じることがあります。「瘢痕(はんこん)組織が生理のたびに蓄積し、全身に痛みを感じるようになり、性交痛が出る人がいます」(ドウェック医師)

そういうわけで、子宮内膜症はきちんと対処されなければ、親しい人との関係に悪影響を及ぼす可能性があるのです。「性交痛が原因で、セックスに積極的になれなくなります」とUCLAヘルスの婦人科医のリーナ・ネイサン医師。「それにより、パートナーとの関係が悪化することがあります」

なので、もっと気持ちよくセックスができるよう、あなたの症状をチェックし、パートナーと一緒に対処法を考えてみるとよいかもしれません。

3. なかなか妊娠できない

検査薬

長いこと妊娠しようとがんばっていてもできない人は、子宮内膜症の可能性について医師に相談してみるとよいかもしれません。子宮内膜症は不妊の重大な原因にもなります。実際に『Journal of Assisted Reproduction and Genetics』に報告された研究によると、不妊女性の25~50%が子宮内膜症でした。

「その原因はあきらかになっていませんが、不妊は子宮内膜症によって起こります。瘢痕組織の蓄積が妊娠しにくい環境をつくりだしているからではないかと言われています」とネイサンさん。

続きます。

※本記事は、2019年6月26日に『Prevention』の医療監修ボードのメンバーで、産科学および婦人科学の准教授であるキャロライン・スウェンソン医師によって、医学的知見から監修されています。

女性特有の悩みを解消

股の汗ばみを減らす方法5つ。アンダーヘアは剃ったほうがいいの?

暑いと気になるデリケートゾーンの臭い。どうすれば快適さを保てるのでしょう?股の汗と臭いの対処法を皮膚科医に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/07/193606pvn_vagina2.html

急にのぼせた感じがする。そんなとき試したいパターン別対処法8

更年期の女性のみならず、若者や男性にもおこるというホットフラッシュ。突然おこったらどう対処すればよいのか、専門家に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/05/189804pvn_hotflashes2.html

Brielle Gregory/7 Symptoms of Endometriosis Every Woman Should Know, According to Gynecologists/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    2. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    3. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    4. 自分が「敏感気質」かどうかを知る方法。疲れない心を育てる4つのヒント

    5. 肩こりや腰痛、全身のコリにも。楽天で買えるフォームローラー5選

    6. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    7. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    8. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    9. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    10. 塗って焼くだけ、15分の簡単おかず。鶏もも肉の酒粕味噌焼き

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    10. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    7. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?