1. Home
  2. BODY
  3. 月経や更年期…歯茎が腫れる原因は女性ホルモンが関係してる!?

月経や更年期…歯茎が腫れる原因は女性ホルモンが関係してる!?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,359

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

歯茎

image via shutterstock

歯茎の腫れの主な原因は、口腔の不衛生な状態にあるそう。

「歯垢は、柔らかく粘りがあって、口の中に絶えずでき、無数の細菌を含んでいます」とニューヨークを拠点とする美容歯科医のカトリス・オースチン医師。「歯垢は歯磨きやフロスで毎日取り除かなければ、毒素を排出し、歯茎はそれに感染し腫れてしまいます」

状況を改善するには、歯磨きの腕を磨くこと。1日に2回、歯ブラシやフロスで歯を磨き、歯茎の中に歯垢をためないことがとても大事。

しかし、いくら口の中をきれいにしても治らない腫れの原因もあるようです。前回は下記の原因を説明しました。今回も引き続き、意外な理由を教えてもらいましょう。

  1. 歯肉炎
  2. 歯の間に何かがしっかり挟まっている
  3. 感染症
  4. 新しい薬の副作用
  5. ビタミン欠乏症 はこちら

6. ホルモンバランスの変化

イライラする女性

image via shutterstock

思春期、月経、妊娠・出産、更年期とさまざまな時期のライフサイクルに応じたホルモンバランスの変化や、経口避妊薬の服用で、女性の歯茎は腫れることがあります」(オースチン医師)

オースチン医師は、ホルモンは、歯垢や歯石から出る毒素に対する歯茎の細胞の反応に影響すると説明します。エストロゲンやプロゲステロンといったホルモンの値が上昇すると、歯垢による歯茎への刺激や腫れが悪化することがあるそう。

しっかりと歯磨きやフロスをする習慣があり、歯のクリーニングもきちんと受けているにもかかわらず、歯茎が腫れて困っていれば、歯科医に相談することをオースチン医師はすすめます。「歯科医からホルモン療法やビタミン療法をすすめられるかもしれません」

7. 新しい歯磨き粉

歯磨き粉

image via shutterstock

歯磨き粉やマウスウォッシュの成分には、(特に歯磨き粉が原因とは気付かずに)長い間使用してしまうことで、歯茎を刺激するだけでなくアレルギー反応を引き起こしてしまうものがあります。

「問題の成分をみつけ、それらを身の回りから排除するだけで、歯茎の腫れはたいてい治ります」とロサンゼルスを拠点とする専門委員会の認定を受けた皮膚科医であるチッポラ・シェーンハウス医師。

口からの接触で皮膚炎を引き起こす可能性のある成分には、過酸化水素(歯の漂白剤)、アルコール(マウスウォッシュ)、ベーキングソーダ(歯磨き粉)、ケイ皮酸エステル(ガム)などがあります。

8. 歯科用品

矯正

image via shutterstock

シェーンハウス医師は「きちんと装着されていない義歯や、インビザラインのような歯列矯正マウスピースでも歯茎が刺激され、炎症や腫れが起こります」と説明します。

器具の使用をやめるか、きちんとはまるように(義歯)、あるいは歯茎に触れないように(歯列矯正マウスピース)調節してもらうと、ほとんどの腫れは収まります。

9. 歯のゆがみ

歯

image via shutterstock

歯列にズレがあると、きちんと歯を磨ききれず、歯垢の細菌を取り除ききれません。

歯列矯正用ブリッジ、マウスピース、ラミネートベニアなどで歯列を整えれば、歯垢がたまっている箇所をきれいにでき、感染症や腫れを防ぐことができます」(オースチン医師)

10. 病気

糖尿病

image via shutterstock

歯茎の腫れは、糖尿病などの病気のサインかもしれません。米国国立糖尿病・消化器・腎疾病研究所によると、唾液にはブドウ糖が含まれ、血糖値が異常な状態にあると、唾液中のブドウ糖が増え、細菌の増殖が進み歯周病につながります。

また、まれな例ではありますが、歯茎の腫れと出血の深刻な原因に、白血病があります。一か所しこりができたり、歯茎全体が腫れたりします。「白血病細胞は歯茎に集中するので、そのせいで歯茎が腫れます」とサクライ医師。

シェーンハウス医師は、もし歯茎の腫れが長引き、発熱、寝汗、倦怠感、体重減少といった症状があれば、速やかに医師に血液検査を依頼してください、と警告します。

口腔内は清潔に

手磨きよりも効率アップ! 初心者向けの高コスパ電動歯ブラシ5選

手磨きで歯磨きをしている方は、なかなか電動歯ブラシに移行しにくいかもしれませんが、電動歯ブラシのクオリティはかなり上がっています。手磨きよりも時短に...

https://www.mylohas.net/2019/04/189540buy_electrictoothbrush.html

肌の老化や風邪予防にも期待!?「唾液力」を高める5つの秘訣

万能薬とも言われる唾液に着目し、唾液腺健康医学や口腔病理診断学の知識が詰まった槻木先生の著書『唾液サラネバ健康法』から、唾液力アップの5つの秘訣を紹...

https://www.mylohas.net/2019/01/saliva-force.html

Krissy Brady/10 Reasons You Should Never Ignore Swollen Gums, According to Doctors/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    2. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    3. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    4. 自分が「敏感気質」かどうかを知る方法。疲れない心を育てる4つのヒント

    5. 肩こりや腰痛、全身のコリにも。楽天で買えるフォームローラー5選

    6. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    7. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    8. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    9. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    10. 塗って焼くだけ、15分の簡単おかず。鶏もも肉の酒粕味噌焼き

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    10. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    7. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?