1. Home
  2. SPORTS
  3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

45,967

Seina Ozawa(翻訳)

背中

背中を強化することで、怪我のリスクが軽減します。体全体の強化につながり、毎日の動作が楽になるでしょう」と話すのは、認定パーソナルトレーナーのラリサ・ディディオさんです。

ディディオさんおすすめ、ポステリオール筋肉群(体の後ろ側にある筋肉群)全体を鍛える背中のエクササイズをご紹介。僧帽筋(背中の上部)、菱形筋(肩甲骨周辺)、三角筋(上腕の前側と後ろ側・肩の筋肉)、広背筋(背中の真ん中から下部)など、すべての筋肉を刺激していきます。

  1. スイマー
  2. バードドッグ
  3. スーパーマン
  4. グッドモーニング
  5. ベントオーバーロウ は、こちら
  1. リバースフライ
  2. ルーマニアンデッドリフト
  3. ハイロウ
  4. アップライトロウ
  5. レネゲードロウ&プッシュアップ

6 . リバースフライ

広背筋と三角筋後部を鍛えるこちらの背中エクササイズ。正しいフォームを保つには上半身のパワーが必要です。

肩甲骨の間にペンが挟むようなイメージを持ちましょう。ペンを落とさないように、背中を平らに保ったまま、一番高いところで肩甲骨をギュッと寄せます。

  1. 足を肩幅に開いて立ち、軽く膝を曲げます。両手にダンベルを持ち、股関節から上体を前に倒して、ダンベルをぶら下げるようにします。
  2. 背中を平らにしたまま、ダンベルを横に持ち上げて、肩甲骨を引き寄せます。
  3. ダンベルを下ろして元の体勢に戻ります。これで1レップです。

7 . ルーマニアンデッドリフト

スティッフレッグドデッドリフトとも呼ばれるこの背中エクササイズでは、大臀筋も含むポステリオール筋肉群全体に刺激を与えます。

通常のデッドリフトと違い、お尻は常に上げた状態で行います。体幹をしっかり使って背中を平らに保ち、前に丸まらないようにしましょう。

  1. 足を腰幅に開いて立ち、軽く膝を曲げます。両手にダンベルを持ち、手のひらを太ももの前側に向けます。
  2. 股関節から上体を前に倒し、背中を平らに保ったまま、ダンベルを足の方へ下ろしていきます。
  3. 大臀筋に力を入れて上体を持ち上げ、立ち姿勢に戻ります。

8 . ハイロウ

ハイロウは三角筋の前部と後部を鍛える、非常に効果的な背中エクササイズです。ここでも平らな背中をキープして、正しい筋肉を使っていきましょう。

  1. 足を肩幅に開いて立ち、軽く膝を曲げます。両手にダンベルを持ち、手のひらを下に向けて、股関節から上体を前に倒します。右手のダンベルを右肩に向かって引き上げます。肘を上に向けて後ろに引きましょう。
  2. ダンベルを元の位置に下ろしたら、次に左手のダンベルを左肩に向かって引き上げます。
  3. ダンベルを下ろして最初の姿勢に戻ります。これで1レップです。

9 . アップライトロウ

このアップライトロウでは、ハイプールとショルダーローテーションを組み合わせて行います。2つの動きを一緒に行うことで、三角筋や菱形筋などさまざまな背中の筋肉を動かすことができます。

  1. 足を腰幅に開いて立ちます。両手にダンベルを持ち、手のひらを太ももに向けます。
  2. 両手のダンベルを同時に肩の方へ持ち上げます。肘は横に広げ上に向けましょう。
  3. 次に、肩を回してサボテンのように腕を持ち上げます。腕を上げたままダンベルを前に下ろしてから(ハイプール)、太ももの方へ下げていきます。これで1レップです。

10 . レネゲードロウ&プッシュアップ

レネゲードロウと組み合わせたこちらのプッシュアップは、広背筋と菱形筋、さらには肩、上腕二頭筋、体幹も鍛えることができます。

効果を最大限に得るため、ダンベルをマットから持ち上げる際に腰をひねったり動かしたりしないように気をつけましょう。こうすることで、体幹をしっかりと使うことができます。

  1. ハイプランクポジションから始めます。手を肩幅に開き、両手にダンベルを持ちます。体幹と大臀筋に力を入れたら、体を下げて腕立て伏せを行います。
  2. 床を押して体をプランクに戻しながら、肘を後ろに向けて、右手のダンベルを胸郭に向かって引き上げます。
  3. ダンベルを元の位置に下ろしたら、今度は左手のダンベルを胸郭に向かって引き上げ、下ろします。これで1レップです。

引き締めたいところを集中的に

「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は…

脇腹についた余計な脂肪のかたまりを落とす秘訣は、エクササイズと食事にあります。パーソナルトレーナーが脇の肉がすごい人に教えるベストな方法は? ついや...

https://www.mylohas.net/2019/08/197367pvn_lovehandles.html

お尻美人はピラティスをしてる。真似したくなる5つの運動習慣

女優でありダンサーでもあるジェナ・ディーワン。38歳で子どもがいながら抜群のスタイルをキープしているのはなぜ? 毎日続けているエクササイズを紹介しま...

https://www.mylohas.net/2019/08/197070pvn_pilates.html

Tiffany Ayuda/10 Best Back Exercises for a Strong and Sculpted Upper Body/Seina Ozawa(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    3. 「感じのいい人」と「感じの悪い人」の違いは脳の使い方にあった!

    4. 【クイズ】頭痛を早く治すには?

    5. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    6. ダイエット中の人に言ってはいけない! 7つの禁句とOKワードは?

    7. 高栄養&腸内環境を整える「甘酒」の作り方。炊飯器で放置するだけ!

    8. ひどい肩こり解消エクササイズ「サイドプランク」

    9. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    10. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    8. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    5. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    6. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!