1. Home
  2. SPORTS
  3. 姿勢をよくする「背中筋トレ」5選。猫背もスッキリ!

姿勢をよくする「背中筋トレ」5選。猫背もスッキリ!

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

18,858

Seina Ozawa(翻訳)

エクササイズ

背中を丸めて、ずっとデスクに向かっていませんか?

私たちは日々知らず知らずのうちに、背中を酷使しています。オフィスワークや、重い買い物袋を手に駆け回ったりと、肩への負担は徐々に積み重なっていくもの。

だからこそ、背中のエクササイズが非常に重要。背中には体の中でも最も大きな筋肉群のひとつがあり、体幹を維持したり肩の安定感を保ったり、大切な機能がたくさん! また、上半身と下半身をつなぐ橋渡しの役割も担っています。

背中の強化で動きがラクに

背中は体の原動力で、あなたの体をまっすぐに保っています。姿勢を維持し、背すじを整えるのに役立ちます。スマホの操作やパソコン作業など前のめりな動きが多いと、背中が丸まり弱くなってしまいます」と話すのは、認定パーソナルトレーナーのラリサ・ディディオさん。

背中を強化することで、怪我のリスクが軽減します。体全体の強化につながり、毎日の動作が楽になるでしょう」

今回は、ポステリオール筋肉群(体の後ろ側にある筋肉群)全体を鍛える背中のエクササイズをご紹介します。僧帽筋(背中の上部)、菱形筋(肩甲骨周辺)、三角筋(上腕の前側と後ろ側・肩の筋肉)、広背筋(背中の真ん中から下部)など、すべての筋肉を刺激していきます。

ディディオさんによれば、背中のエクササイズは週に2~3回を行うのがおすすめとのこと。また、全身トレーニングを行う際は、背中を胸の2倍動かすといいそうです。「例えば1日に胸のエクササイズを2つ行うなら、背中のエクササイズは4つ行ってください」とアドバイスします。

エクササイズのポイントは?

背中のエクササイズを行うときは、フォームを維持するのがポイントです。「常に背中を平らに保ち、丸まっていないか確認しましょう。頭は自然な位置におき、背中と同じくらい体幹もしっかり使いましょう」とディディオさんは言います。

皆さん、引き締まった背中を目指す準備はいいですか? 以下のトレーニングを行って、強い上半身をつくり、背中の痛みを予防しましょう。

  • レップ数:各エクササイズにつき8~12レップを3~4セット
  • 準備するもの:ヨガマット、ダンベル1ペア
  • 服装:動きやすいスポーツウェア
  1. スイマー
  2. バードドッグ
  3. スーパーマン
  4. グッドモーニング
  5. ベントオーバーロウ

1. スイマー

とても簡単そうに見えるこちらのエクササイズですが、体幹を引き締め、広背筋、三角筋、僧帽筋にしっかり働きかけることができます。筋肉が熱くなるのを実感できますよ。ポイントは、一貫して胸と太ももを上げた状態をキープすることです。

  1. ヨガマットの上にうつ伏せになり、腕を前に、脚を後ろに伸ばします。
  2. 体幹と背中に力を入れ、右手と左脚を同時にマットから浮かせます。
  3. 次に左右を入れ替えて、今度は左手と右脚を上げます。速いペースで動いて、心拍数を上げましょう。

2. バードドッグ

体幹を安定させるエクササイズとして知られるバードドッグですが、背中の筋肉も鍛えることができます。片手と片脚を上げる際に背中を使って、バランスを保ち、お尻を硬く引き締めましょう。

  1. 四つん這いになり、手を肩幅に開きます。肩が手首の真上、お尻が膝の真上にくるようにします。体幹と背中に力を入れて、右肘と左膝を近づけます。
  2. そのまま右手を前に伸ばしながら、左脚を後ろに引いて浮かせます。視線は正面の1点を見つめて、バランスをとりましょう。
  3. しばらくキープしてから、手と膝をマットに下ろします。反対側も行いましょう。これで1レップです。

3. スーパーマン

スーパーマンは体の後ろ側にある筋肉、ポステリオール筋肉群のすべての筋肉を引き締める、究極の背中の自重トレーニングです。

背中だけでなく、体幹、大臀筋、太ももも鍛えることができます。しっかりと効果を得るため、肩は後ろに引いて下げるようにしましょう。

  1. ヨガマットの上にうつ伏せになり、腕を前に、脚を後ろに伸ばします。
  2. 体幹、背中、大臀筋、太ももに力を入れて、腕と太ももの上側をマットから数センチ浮かせます。
  3. 2~3秒キープしてから、腕と脚をマットに下ろします。これで1レップです。

4. グッドモーニング

グッドモーニングはヒップヒンジ(股関節の屈曲と伸展)から始めます。上体を前に倒す際に、背中をまっすぐ保ちましょう。ご自身の可動域に合わせて上体を下ろしていきますが、床と平行になるまで下ろすのが目標です。

  1. 足を腰幅に開いて立ち、手を頭の後ろにおきます。
  2. 股関節から上体を前に倒し、床と平行になるまで上体を下ろしていきます。
  3. しばらくキープしてから、上体を起こして立ち姿勢に戻ります。これで1レップです。

5. ベントオーバーロウ

背中の強化トレーニングでは、フォームが非常に重要です。このエクササイズでは、腰や背中の下部を痛めないように、膝を軽く曲げて股関節から上体を前に倒すようにしてください。鏡でフォームをチェックできる場合は、お尻が突き出ていて、背中が平らになっていることを確認しましょう。

  1. 足を肩幅に開いて立ち、軽く膝を曲げます。両手にダンベルを持ち、股関節から上体を前に倒して、ダンベルをぶら下げるようにします。
  2. 背中を平らにして、左手のダンベルを胸郭に向かって引き上げた後、元の位置に下ろします。
  3. 左右を入れ替え、今度は右手のダンベルを胸郭に向かって引き上げ、下ろします。これで1レップです。

続きます。

トレーニングは効果的にしたい

スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

下半身痩せに効果的なスクワットですが、どのように行うのが一番いいんでしょうか。効果的な頻度や正しいフォームを学んで、理想の美尻を手に入れましょう!

https://www.mylohas.net/2019/09/198985pvn_squats.html

やせたいなら断然プール! 水中筋トレのメリットがすごい

プールでのワークアウトは、陸上と同じ動きをした場合よりも15倍も抵抗が大きい! 水中での抵抗を利用して、無理なく体を動かす水中トレーニングをしてみま...

https://www.mylohas.net/2019/09/198442pvn_waterworkout.html

Tiffany Ayuda/10 Best Back Exercises for a Strong and Sculpted Upper Body/Seina Ozawa(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    2. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    3. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    4. 自分が「敏感気質」かどうかを知る方法。疲れない心を育てる4つのヒント

    5. 肩こりや腰痛、全身のコリにも。楽天で買えるフォームローラー5選

    6. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    7. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    8. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    9. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    10. 塗って焼くだけ、15分の簡単おかず。鶏もも肉の酒粕味噌焼き

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    10. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    7. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?