1. Home
  2. STYLE
  3. 洗濯物と一緒に洗うだけ。洗濯槽のカビと生乾きのニオイ同時に予防対策できるボール

洗濯物と一緒に洗うだけ。洗濯槽のカビと生乾きのニオイ同時に予防対策できるボール

2,596

MYLOHAS編集部

バイオ アイボール

Image : Amazon.co.jp

──ライフハッカー[日本版]より転載

どれだけ洗っても、洗濯物がクサい…。もしかしたらそれ、洗濯槽のカビが原因かもしれません。

洗濯槽のカビを放置しておくと、まわりまわって洗濯物にも付着してしまう恐れがあると言われています。どれだけ柔軟剤でいい匂いをつけようとしても、洗濯槽が汚れているなら、元も子もありません。

もしも洗ったはずの洗濯物の汚れやニオイが気になるのなら、まずは洗濯槽の掃除からはじめてみてはいかがでしょうか?

洗濯機に放り込むだけで、半年間対策できる

バイオ アイボール

Image : Amazon.co.jp

タンクの種類や季節によって黒カビの発生度合いは異なるものの、「週に1度の槽乾燥」や「月に1度の槽洗浄」を定期的に行なうのが理想なのだそう。

でも、忙しいと、そんなタスクは頭の片隅から消えているはず。もっと手軽な方法として、コモライフの「バイオ アイボール」を使ってみてはいかがでしょうか。

バイオアイボール」は、バイオの力で水を抗菌します。水の中で繁殖する菌を抑えることにより、洗濯槽をクリーンに保ってくれるのだとか。

効果の持続期間はおよそ6カ月。毎週ないし毎月やっていた洗濯槽の掃除が不要になるので、忙しい家庭には、大助かりですね。

バイオ アイボール

Image : Amazon.co.jp

洗濯槽の裏側を直視することはめったにありませんが、掃除していなければ、このように汚れが溜まっているかも。想像するだけでちょっとキツイですね…。バイオアイボール」で、手間をかけずに綺麗な洗濯槽を維持したいところ。

なお、排水管のカビも予防され、詰まりの対策にもなるのだそう。

部屋干しのニオイ対策にも

バイオ アイボール

Image : Amazon.co.jp

雨続きでなかなか外に洗濯物を干せないときなどに、「バイオアイボール」は生乾きの洗濯物のニオイ対策としても活躍してくれるんだとか。強力な脱臭機能があるので、快適に部屋干しができるそうです。

コモライフの「バイオ アイ ボール」は、執筆現在Amazonにて1,500円程度で販売しています。6カ月持つなら、安心して洗濯ができそうですね。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

毎日の洗濯物を、効率的に

クリーニングのプロに聞いた、脇汗の黄ばみをきれいに落とす方法

洗濯してもなかなか取れないガンコな汗ジミ。洗濯のプロに、黄ばんだシミをきれいに落とす簡単な方法を聞きました。

https://mylohas.net/2019/04/189206pvn_cleaning.html

増税前にお得に買いたい! Amazonで人気の洗剤・柔軟剤まとめ買い5選

消費税が10%にアップする前に、これからも必ず使う日用品の駆け込み購入を考えている人も多いのでは? Amazonでまとめ買いできる、人気の洗剤・柔軟...

https://mylohas.net/2019/09/196871detergent.html

text / 島津健吾

ライフハッカー[日本版]

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由