1. Home
  2. MIND
  3. 相手との距離が近すぎると不快になる科学的根拠

相手との距離が近すぎると不快になる科学的根拠

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

7,389

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

パーソナルスペース

仕事中に、同僚があなたのパソコンの画面を見ようと後ろから覆いかぶさってくる。飲み会で、よく知りもしない相手が顔を急接近。そんなとき、不快になったりしませんか。

自分のパーソナルスペースを他人に侵害されると誰だってイヤな気分なりますし、それどころか、他の人が同じ目にあっていても不快に感じることがあります。

「しかし、なぜ他人が自分に近寄り過ぎると不快に感じるのでしょうか、それにはちゃんと根拠があるのです」とプリンストン大学心理学・神経科学の教授で、『The Spaces Between Us』の著者でもあるマイケル・グラジアーノさん。

「私たちが無意識のうちに把握しているパーソナルスペースは、根本的な自己防衛法というだけではありません。パーソナルスペースは、私たちの対人行動を形づくり、他人を評価する能力の全体に影響しているのです

なぜ人は、パーソナルスペースをつくろうとするのでしょうか。専門家が解説します。

なぜ人と一定の距離を保とうとするのか

距離

image via shutterstock

他人が異様にあなたに近寄ってきて、なんだか落ち着かない気分になる。ちょうどその時、あなたの脳では、頭頂葉皮質(知覚情報を処理する部分)や、前運動皮質(動作をコントロールする部分)で、常にあなたとまわりの人たちとの距離を測り続けているのです。

「これらの脳の部分には、物や人があなたに近寄り過ぎるとシグナルを出す神経細胞があります。それがあることにより、横目でみたり、肩をぎゅっとすぼめたり、脇によけたりする反応が無意識でできるのです」(グラジアーノさん)

「私はそれに“バブルラップ神経細胞”という呼び名をつけています。それらの神経細胞が、あなたの視覚、聴覚、感触を調整し、多感覚の空間マップを築き上げ、緩衝材のようにあなたの体を守ってくれるのです」

人は無意識に空間を感じ取っている

仕事中の女性

image via shutterstock

脳は、2つのやり方であなたを取り囲む空間を調整しています。

  • 部屋の形やテーブルや椅子の位置といった目印になるものに注意を払う
  • 対象物や他人とあなたとの関連性を見極める

例を挙げると、「コーヒーカップが右ひじに当たりそうだな」と気づいたり、フォークを上手く口に当たらないように運んで食べたり、友達の隣に立つときと見知らぬ他人の隣に立つときとの距離感の違いを区別しています。

私たちがもつこの空間を測る能力は、物にぶつからないで歩けるといった単純なことから、また社会的な交流さえも操作します。

飲み会の時などに、他人とどれくらいの距離感を保つべきか教えてくれるのも、この空間を測る能力。「このように無意識にまわりの空間を感じ取ることで、私たちは安心感を得ているのです」とグラジアーノさんは説明します。

そしてその機能は、自分のみならず他人が安心できる距離感も保ってもらいたいと感じさせる働きもあるのだそう。

脳の“バブルラップ”になる神経細胞は、他人がパーソナルスペースを侵害されているのを目撃した時にもシグナルを出します。グラジアーノさんは「それが自分の身に起ったことを想像して、気持ち悪くなり、自分がその立場になった時と同様に脳が反応します」

近寄ってくる脅威から身を守る

防御

image via shutterstock

「空間をはっきりと読み取る能力は、命を守るために非常に大切なものです」と説明するのは精神科医でハーバード大学医学部の准教授としてパーソナルスペースを研究しているダフィネ・ホルト医師。

ホルト医師の研究で分かったのが、頭頂葉皮質や前運動皮質は、対象物が体から離れていくよりも、近寄って来るときの方が、より活性化されるというもの。

「自分にぶつかりそうな対象物が近くにあったり、自分に向かって対象物が飛んできたりすることを認識すると防衛反応が起こります。そうして対象物を避けたりそれから逃げたりし、差し迫る脅威から身を守ります」(ホルト医師)

命を守るのはもちろん、他のことも大切です。食事、子育て、社会的交流、セックス、そのどれもが私たちが生きていく上で非常に重要です。そしてそれらも、常にパーソナルスペースを把握し調節した上でなければできないことなのです。

次回は、パーソナルスペースを守る方法を説明します。

自分の心を守る人間関係を

断られるのが怖い? 4タイプ別「苦手な人にうまく伝える方法」

苦手な人とうまくやることは至難の技? 4つの行動パターンを知れば楽になれる。NY在住ベストセラー作家がわかりやすく説明します。

https://www.mylohas.net/2019/08/196919book_4tendencies.html

自己主張がすごい! マウンティング女子にイライラしない方法

身近にいる、マウンティングしている人への対処法を紹介。恋愛プランナーでありコミュニケーションの達人でもある「TETUYA」が、仕事、恋愛、家族、友人...

https://www.mylohas.net/2019/09/198634concierge01.html

Meghan Rabbit/The Science of Personal Space: Why We Need Boundaries and 5 Ways to Deal When They're Crossed/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由