1. Home
  2. BODY
  3. 世界が驚いた! 74歳で双子を出産できた理由

世界が驚いた! 74歳で双子を出産できた理由

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

3,760

Maya A. Kishida(翻訳)

子育て

image via shutterstock

超高齢でも妊娠・出産できるのでしょうか?

インドの新聞「The Times of India」紙は、9月5日木曜日に南インド在住の74歳の女性エラマティ・マンガヤマさんが帝王切開で双子の女児を出産したと報じました。

出産を行った私立病院の院長サナカヤーラ・ウマサンカー医師によれば、リスクはあるとはいえ、すべて順調とのこと。「母子ともに健康です」とウマサンカー医師は話しています。「彼女の健康を注視するために10人の医師が9か月間にわたって尽力してきました。これは医学の奇跡です

体外受精(IVF)を選んだ?

マンガヤマさんは現在80歳になる夫のE・ラジャ・ラオさんと1962年に結婚、その後長年に渡り自然に妊娠することはできませんでした。「The Hindustan Times」紙によると、近所に住む55歳の女性が体外受精(IVF)を行ったことを知った夫婦は、自分たちも試してみようと決意したとのこと。

すでにマンガヤマさんが更年期を過ぎていたのでIVFを行うことを決めた、と医師たちは「The Times of India」紙に答えていますが、詳細については明らかにはしませんでした。

マンガヤマさんは、子どもを持てなかったことで他の人々からしばしば辱めを受けたと言います。「まるで私が罪を犯したかのように、責めるような目で見られてきました」と彼女は「The Times of India」に語りました。「近所の人から“godralu(子どものいない女性を蔑む言葉)”と呼ばれることもありました。でも、夫がまるで岩のように私を守ってくれたのです」

更年期を過ぎても子どもを持てるの?

家族

image via shutterstock

実際に何が起きたのかはよくわかりませんが、一般的にこの年齢の女性がIVFを行うのであれば、提供された卵子を使用する必要があり、またエストロゲンやプロゲステロンといったホルモン剤を摂取しなくてはならないでしょう。

そう話すのは、ウィニー・パーマー・ホスピタル・フォー・ウィメン&ベイビーズの認定産婦人科医クリスティン・グレーヴス医学博士です。マンガヤマさんが更年期を過ぎていた点を考えると、人工授精をするにしても彼女自身が排卵できたとは非常に考えにくいからです(グレーヴス医学博士)。

出産のリスクは?

心臓が痛い

image via shutterstock

また、この年齢での出産には多くのリスクもあります。「一般的に74歳にもなっていれば、何かしらの医学的な症状を抱えている可能性があります」と話すグレーヴス医学博士は、高血圧や心臓の問題を潜在的な懸案事項として挙げました。

妊娠する前に「女性が高齢であれば、心血管系の状態に問題がないかどうかを確認するために、医者に通って何度もテストを受けることが推奨されます」。なぜなら、妊娠とは「心血管系の状態にかなり負荷がかかる状態だからです」

マンガヤマさんのように非常に高齢の母親の場合、双子の妊娠や早産、胎児の発育の問題などのリスクが高まるとグレーヴス医学博士は言います。また、帝王切開になる可能性は3倍、出産後に集中治療室に入院しなくてはならなくなる可能性は33倍です。

幸いなことに、マンガヤマさんは問題ないと言われているようなので、すべてうまくいっています。いまでは妻と自分は「地球上でもっとも幸せな夫婦です……自分たちの子どもたちを授かったのですから」と夫のラオさんは話しています。

知っておきたい更年期のこと

更年期になると、誰もが更年期障害になるの?【更年期のウソ・ホント】

自分の体をきちんと知ろう! をテーマの連載「カラダケア戦略術」。前回は「ホルモン補充療法(HRT)の素朴な疑問」について、お届けしました。今回は、「...

https://www.mylohas.net/2019/06/strategy46.html

「ホルモン補充療法(HRT)」の基礎知識

自分の体をきちんと知ろう! をテーマの連載「カラダケア戦略術」。前回は「天然のエストロゲンと言われる大豆イソフラボン」について、お届けしました。今回...

https://www.mylohas.net/2019/05/strategy45.html

Korin Miller/A 74-Year-Old Woman Just Gave Birth for the First Time—And She Had Twins /Maya A. Kishida(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由