1. Home
  2. EAT
  3. ダイエットやツヤ肌にも! コンビニで買える、栄養バランス調整おやつ5選

ダイエットやツヤ肌にも! コンビニで買える、栄養バランス調整おやつ5選

ポジティブ栄養学

8,025

吉川圭美

おやつを食べるこども

仕事にプライベートに忙しい現代女性。いつもバタバタで、正直、栄養バランスまでは気が回らない、なんて声も聞こえてきそうなほど。

そうなると、手軽に買って食べられるものが優先されがち。話を聞いていると、朝は通勤途中に寄ったコンビニのパンとコーヒー、昼はパスタランチ、なんてパターンも結構多い様子……。どうしてもタンパク質や良質な脂、ビタミン、ミネラルは少なくなりがちです。

食事内容を聞いているだけで、「寝てもだるさが抜けない」「体重が減らなくなった!」なんてお悩みの声も聞こえてきそう……。とはいえ、栄養が大切なことは分かってはいるけど、意識するのは難しいというのも本音ではないでしょうか。

だったらちょっとした間食=おやつでチャージしてはいかが? おやつといえば、甘いというイメージがどうしても強めですが、「補食」と捉えれば普段とりにくい栄養をチャージできるチャンスに変えることができます。そこでタンパク質、良質な脂、ビタミン、ミネラルを補給できるものをピックアップしてみました。

01. つや肌をバックアップする小魚アーモンド

小魚アーモンド

小魚には現代女性のほとんどが不足しがちな鉄がぎっしり。しかも人間の体と親和性が高いヘム鉄なのもうれしいところ。鉄はコラーゲンを体内で作るためのメイン原料なので美肌作りにも欠かせません

さらにカルシウム、マグネシウムなどミネラルも豊富です。良質なタンパク質が含まれているのは言わずもがな。

アーモンドは、若返りビタミンで名高いビタミンEを摂ることができます。肌などの細胞膜は脂でできていますが、この脂部分の酸化にアプローチしてくれるのが、ほかならぬビタミンE。シミやシワを防いでくれる立役者です。

02. だるさや疲労を回復させる、枝豆

枝豆

未熟な大豆、といった立ち位置の枝豆。大豆に多いタンパク質、そして野菜に多いビタミン類のどちらもバランスよく備えています。注目すべきは、食べ物のエネルギーを、身体専用のエネルギーに作り変えるのに欠かせないビタミンB群。疲労回復に貢献してくれます。

タンパク質も多いので、筋肉量増加に貢献。より疲れにくい身体に。このほか、むくみを予防するカリウムも豊富です。最近では、コンビニでも手軽に食べられるサイズが販売されているのもうれしいところ。

03. 細胞膜をしなやかにする、素焼きくるみ

くるみ

「良質な脂」といえばオメガ3脂肪酸。この一種であるα-リノレン酸をたっぷりチャージできるのがくるみです。細胞膜の通過性をよくするため、全身の血管をしなやかにしてくれます。

また中性脂肪を下げ、ダイエットにも貢献。炎症を防ぐ役割も果たしてくれるので、花粉症やアトピーの不調を和らげるといったメリットも。

もちろん、ビタミンやミネラルも豊富です。最近ではキャラメリゼされているくるみも見かけますが、買うときは、原材料がなるべく少ないものをチョイスして。

04. タンパク不足を感じているなら、あたりめ

あたりめ

100gあたり約70gのタンパク質を含むほどの高タンパク。よくコンビニに売っている小さな袋ひとつ(20g)で、卵約ふたつ分のタンパク質がチャージできるからうれしいところ。しかも糖質も低め

かみごたえがあるので、満足度が高いのも魅力。口さみしいときにも、うってつけのおやつです。

しかも、原材料が極シンプル。添加物が少ないのも魅力です。表面についている白い粉はタウリンと呼ばれる成分。肝機能をアップさせ解毒機能をあげるので、お酒のお供にもぴったりなのです。

05. ミネラルたっぷり、ビーフジャーキー

ビーフジャーキー

普段の生活のなかで、意外と食べる機会の少ない牛肉を手軽に取り入れられるのが、ビーフジャーキー。タンパク質をしっかり含んでいるほか、鉄や亜鉛、ビタミンB12も豊富です。

亜鉛は、糖質を体の中で有効活用をするのに欠かせないインスリンを作るのに必須。また、健やかな肌細胞を作るときにも不可欠です。

ビタミンB12が不足すると、貧血や不眠といった不調が出やすくなります。植物性の食材にはあまり含まれていないため、普段の食事であまり肉を食べない人はぜひ。

最近ではイノシシの肉などを使ったジャーキーも見かけますが、これらも鉄やタンパク、ビタミンB群など栄養豊富で、豚や牛より多いものもあるので要チェック。

いかがでしたか。おやつを差し替えるだけで栄養のバランスが整うのはうれしいところ。コンビニでも売っているものばかりなので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

おやつを味方につけて

ブラウニーでも糖質オフ可! 低炭水化物&低糖質なおやつ10種

カロリーは気になるけれど、おいしいスイーツは食べたい! 甘いものへの欲求も満たしながら、体にもやさしいレシピをご紹介します。

https://mylohas.net/2019/09/198507pvn_diabetic.html

プロテイン補給にぴったり! 高タンパクなおやつ8選

ヘルシーで栄養たっぷりのおやつがあれば罪悪感なく食べられそう。タンパク質をたっぷり摂れるおいしいおやつレシピを集めました。

https://mylohas.net/2019/07/194993pvn_high-protein2.html

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    3. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    6. 簡単ドーシャチェックで、あなたのアーユルヴェーダ体質を診断!

    7. やせる体を作る方法。100回の腹筋よりおすすめの運動って?

    8. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    9. 毎日たった2分。美顔器で顔のコリをほぐして、たるみをアップ!

    10. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. 深い眠りが脳の大掃除をしてくれる!?

    4. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    5. インフルエンザ対策、ここがポイント。ピークが来る前にどう防ぐ?

    6. 低カロリーなのに、お昼までお腹が空かない! ヘルシー朝食9選

    7. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    8. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    9. 「確実に効果が出る」筋トレとは? 初心者でも大丈夫

    10. 管理栄養士が教える、風邪予防におすすめな食材ベスト3

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. 甘いもの、こってりしたものが欲しいとき。代わりに食べるといい食品5