1. Home
  2. EAT
  3. ダイエットやツヤ肌にも! コンビニで買える、栄養バランス調整おやつ5選

ダイエットやツヤ肌にも! コンビニで買える、栄養バランス調整おやつ5選

ポジティブ栄養学

7,597

吉川圭美

おやつを食べるこども

仕事にプライベートに忙しい現代女性。いつもバタバタで、正直、栄養バランスまでは気が回らない、なんて声も聞こえてきそうなほど。

そうなると、手軽に買って食べられるものが優先されがち。話を聞いていると、朝は通勤途中に寄ったコンビニのパンとコーヒー、昼はパスタランチ、なんてパターンも結構多い様子……。どうしてもタンパク質や良質な脂、ビタミン、ミネラルは少なくなりがちです。

食事内容を聞いているだけで、「寝てもだるさが抜けない」「体重が減らなくなった!」なんてお悩みの声も聞こえてきそう……。とはいえ、栄養が大切なことは分かってはいるけど、意識するのは難しいというのも本音ではないでしょうか。

だったらちょっとした間食=おやつでチャージしてはいかが? おやつといえば、甘いというイメージがどうしても強めですが、「補食」と捉えれば普段とりにくい栄養をチャージできるチャンスに変えることができます。そこでタンパク質、良質な脂、ビタミン、ミネラルを補給できるものをピックアップしてみました。

01. つや肌をバックアップする小魚アーモンド

小魚アーモンド

小魚には現代女性のほとんどが不足しがちな鉄がぎっしり。しかも人間の体と親和性が高いヘム鉄なのもうれしいところ。鉄はコラーゲンを体内で作るためのメイン原料なので美肌作りにも欠かせません

さらにカルシウム、マグネシウムなどミネラルも豊富です。良質なタンパク質が含まれているのは言わずもがな。

アーモンドは、若返りビタミンで名高いビタミンEを摂ることができます。肌などの細胞膜は脂でできていますが、この脂部分の酸化にアプローチしてくれるのが、ほかならぬビタミンE。シミやシワを防いでくれる立役者です。

02. だるさや疲労を回復させる、枝豆

枝豆

未熟な大豆、といった立ち位置の枝豆。大豆に多いタンパク質、そして野菜に多いビタミン類のどちらもバランスよく備えています。注目すべきは、食べ物のエネルギーを、身体専用のエネルギーに作り変えるのに欠かせないビタミンB群。疲労回復に貢献してくれます。

タンパク質も多いので、筋肉量増加に貢献。より疲れにくい身体に。このほか、むくみを予防するカリウムも豊富です。最近では、コンビニでも手軽に食べられるサイズが販売されているのもうれしいところ。

03. 細胞膜をしなやかにする、素焼きくるみ

くるみ

「良質な脂」といえばオメガ3脂肪酸。この一種であるα-リノレン酸をたっぷりチャージできるのがくるみです。細胞膜の通過性をよくするため、全身の血管をしなやかにしてくれます。

また中性脂肪を下げ、ダイエットにも貢献。炎症を防ぐ役割も果たしてくれるので、花粉症やアトピーの不調を和らげるといったメリットも。

もちろん、ビタミンやミネラルも豊富です。最近ではキャラメリゼされているくるみも見かけますが、買うときは、原材料がなるべく少ないものをチョイスして。

04. タンパク不足を感じているなら、あたりめ

あたりめ

100gあたり約70gのタンパク質を含むほどの高タンパク。よくコンビニに売っている小さな袋ひとつ(20g)で、卵約ふたつ分のタンパク質がチャージできるからうれしいところ。しかも糖質も低め

かみごたえがあるので、満足度が高いのも魅力。口さみしいときにも、うってつけのおやつです。

しかも、原材料が極シンプル。添加物が少ないのも魅力です。表面についている白い粉はタウリンと呼ばれる成分。肝機能をアップさせ解毒機能をあげるので、お酒のお供にもぴったりなのです。

05. ミネラルたっぷり、ビーフジャーキー

ビーフジャーキー

普段の生活のなかで、意外と食べる機会の少ない牛肉を手軽に取り入れられるのが、ビーフジャーキー。タンパク質をしっかり含んでいるほか、鉄や亜鉛、ビタミンB12も豊富です。

亜鉛は、糖質を体の中で有効活用をするのに欠かせないインスリンを作るのに必須。また、健やかな肌細胞を作るときにも不可欠です。

ビタミンB12が不足すると、貧血や不眠といった不調が出やすくなります。植物性の食材にはあまり含まれていないため、普段の食事であまり肉を食べない人はぜひ。

最近ではイノシシの肉などを使ったジャーキーも見かけますが、これらも鉄やタンパク、ビタミンB群など栄養豊富で、豚や牛より多いものもあるので要チェック。

いかがでしたか。おやつを差し替えるだけで栄養のバランスが整うのはうれしいところ。コンビニでも売っているものばかりなので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

おやつを味方につけて

ブラウニーでも糖質オフ可! 低炭水化物&低糖質なおやつ10種

カロリーは気になるけれど、おいしいスイーツは食べたい! 甘いものへの欲求も満たしながら、体にもやさしいレシピをご紹介します。

https://mylohas.net/2019/09/198507pvn_diabetic.html

プロテイン補給にぴったり! 高タンパクなおやつ8選

ヘルシーで栄養たっぷりのおやつがあれば罪悪感なく食べられそう。タンパク質をたっぷり摂れるおいしいおやつレシピを集めました。

https://mylohas.net/2019/07/194993pvn_high-protein2.html

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由