1. Home
  2. MIND
  3. 好印象の人はやっている。印象アップなメールの書き方

好印象の人はやっている。印象アップなメールの書き方

お助けコンシェルジュ「TETUYA」が人間関係の悩みを解決

1,502

TETUYA

ビジネスメールを書く女性

こんにちは。人間関係の悩みを解決するお助けコンシェルジュTETUYAです。今回の相談は、ビジネスメールで自分の印象を上げるために気を付けたいことは何ですか?です。

会社のメールって、基本のビジネスマナーはあるにしても、その人の人間性が出てしまうことがありますよね。僕のまわりでも、メールひとつで、人としてとても損してる人がいます(苦笑)。

逆に言うと、メールでちょっと気配りするだけで、印象がアップすることだってあるわけです。今回は、基本のビジネスマナー以外で、メールで気を付けておくといいことを僕なりに紹介します。

日程調整のメール

メールの案件でよくあるのが、アポを入れたりするのが日程調整です。

普通なら「いつも、お世話になっております」から、「自分を名乗り」、それから「相手の都合を聞く」というのがスタンダードの流れ。

このコラムを読むほとんどの人はやっていると思いますけどね。だからこそ、ちょっとここに、丁寧な気配りをプラスすることで自分の印象をさらにアップさせましょう。

具体的に言うなら、「いつもお世話になっております」の冒頭に、「おはようございます」だったり、「いつもお世話になっております」の後に、「この前は、楽しい時間をありがとうございました」のように、メール相手とのパーソナルな情報を入れると親近感がグッと高まるし、印象もグッと上がります。

そして、相手の都合を聞く際に、100%相手に丸投げするんじゃなくて、こちらから候補日の選択肢をいくつか出してあげる気配りも大事です。

御礼メール

次に、よくあるシチュエーションで、資料を送ってもらったり、何かこちらの質問に対して回答をもらったときに送る御礼メール。

もらいっぱなしで無視する人は、みなさんの中にいないと思いますが(苦笑)、「ありがとうございます」のあとに「とり急ぎ」をつければもうこれでOKでしょ? というのは、特に、年上の人には失礼な気がします。

僕なら、まずタイトルも決まり文句の「御礼」ではなくて、「早速ありがとうございます」のようにやわらかい感じにし、メールの文章の中に「忙しいのにありがとう」という表現を加えますね。

そして、最後に「取り急ぎ」だけで締めるんじゃなくて、取り急ぎのあとに「御礼申し上げます」など、尻切れトンボで終わらせないこと。

これだけでも、他の人との差別化になりますよ。毎日、何十本、何百本と無意識でメールしている人がほとんどだと思います。今日からちょっと意識してみるといいかもしれません。

>>お助けコンシェルジュ「TETUYA」が人間関係の悩みを解決

実用的なコミュニケーション術をもっと見る

自分の「プラン」を通す必勝法。提案力をあげる対話テクニックとは?

恋愛プランナーでありコミュニケーションの達人でもある「TETUYA」が、仕事やプライベートにおいて、自分の提案を通したいシチュエーションで役立つテク...

https://www.mylohas.net/2019/07/195228concierge02.html

【今週のお悩み】仕事で、相手先のキーマンにもっと近づくためにはどうすればいいですか?

恋愛プランナーでありコミュニケーションの達人でもある「TETUYA」が、仕事、恋愛、家族、友人関係…あらゆるコミュニケーションの悩みを解決します!

https://www.mylohas.net/2019/01/concierge02.html

イラスト/古荘風穂

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由