1. Home
  2. SPORTS
  3. レジスタンスバンドの細見せ筋トレ。太ももの外側をスッキリ鍛える!

レジスタンスバンドの細見せ筋トレ。太ももの外側をスッキリ鍛える!

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

15,611

Seina Ozawa(翻訳)

レジスタンスバンド

image via shutterstock

レジスタンスバンドは、どうやって使う?

撮影現場でも旅行中でも、筋トレを欠かさず行う女優のキャンディス・キャメロン・ブレが、レジスタンスバンド(トレーニングチューブ)による、太ももと大臀筋を鍛える方法をインスタグラムで紹介しています。

キャメロン

太ももの外側を鍛える「クラム」

太ももの外側を鍛えるエクササイズ「クラム」では、レジスタンスバンドを使って太ももの筋肉をしっかり刺激。

運動効果を最大限に高めるため、太ももを上げる際はコントロールしながらゆっくり動くのがポイントです。全体を通して、お尻に力を入れて締めた状態をキープしましょう。

  1. マットの上で体の右側を下にして横になり、右の前腕で体を支えます。膝を曲げ、膝の少し上にレジスタンスバンドを巻きつけます。左手は腰骨に置きます。
  2. 太ももに力を入れて、バンドを広げるように、左の太ももをできるだけ広く開いていきます。
  3. ゆっくりと左の太ももを最初の位置に戻します。これで1レップです。反対側も同様に行いましょう。

太ももの外側を鍛える「ラテラルバンドステップアウト」

キャメロンはインスタグラムのストーリーで、レジスタンスバンドを使った脚や大臀筋のエクササイズをいろいろ紹介しています。

そのひとつが、太ももの外側を鍛えるラテラルバンドステップアウト。キャメロンのようにハーフスクワットの体勢で行えば、大臀筋にも効果的です。

エクササイズ

ストーリーで公開された別の動画には、太もも(膝の少し上)にレジスタンスバンドを巻いてスクワットに取り組むキャメロンの姿が。腰を下ろす際に、ケーブルマシンを引っ張って、背中と腕も鍛えています。

脚にレジスタンスバンドを巻くことで、体の正しいアライメントを整えることができ、ポステリオール筋肉群(体の後ろ側にある筋肉群)全体に効いてきます。

エクササイズ

いい汗をかきたいなら、ぜひ挑戦を。各エクササイズ8~12回、3~4セットを目指して頑張りましょう。

セレブのエクササイズをお手本に

魅力的なボディを維持し続ける、とてもシンプルな3つのルール

数十年にわたり、ハリウッドでも際立つ魅力的なボディを維持し続けるジェニファー・ロペス。その背景には、3つのとてもシンプルなルールがありました。

https://www.mylohas.net/2018/11/179832attractive-body.html

ぷよぷよ腹筋を割った、シンプルな自宅ワークアウト。道具はほぼ必要なし!

36歳のブルトニーの腹筋は、くっきりと割れていて圧巻。彼女のワークアウトは驚くほどシンプル。ぜひ真似をしてみては?

https://www.mylohas.net/2018/11/178573britney.html

Tiffany Ayuda/Candace Cameron Bure Reveals the Resistance Band Workout for Her Incredibly Toned Legs/Seina Ozawa(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由