1. Home
  2. BODY
  3. サウナ入浴は何分がベスト? 自律神経、免疫系を高めるサウナの入り方

サウナ入浴は何分がベスト? 自律神経、免疫系を高めるサウナの入り方

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

11,581

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

サウナ

image via shutterstock

サウナは使い方次第で、健康にとても役立ちます。

前回に引き続き、知っておくべきサウナの効用を紹介しましょう。

  1. 25分間のサウナ入浴をすると、軽いトレーニングと同じくらい体力を使うことになる
  2. サウナをよく使う人ほど、将来の精神疾患リスクが低下する
  3. サウナに入ると、血圧を正常に維持しやすいは、こちらの記事で。

4. サウナに入ると免疫系を強化できる

深呼吸

image via shutterstock

風邪やインフルエンザの季節にサウナに入ることは、結構大事なんです。

ポーランドの研究者が報告した2013年に研究によると、サウナを15分間利用するだけで、白血球、リンパ球、好中球、好塩基球の数を増やすことができるのです。これらは、免疫系が刺激されたというサイン。

アスリートの場合は、更に効果が上回ることになります。サウナの熱により体にストレスが加わり、このことが免疫系の働くちょっとしたきっかけになる、と研究者は言っています。

5. サウナは、心臓の機能を改善させる

心臓

image via shutterstock

心臓専門医ジャリ・A・ラウカネン医師ら研究者は、フィンランド男性を対象に、研究開始時点で健康データを集めた上で、その後20年間にわたり追跡調査を行いました。そして、サウナにいくほど、またはサウナで長い時間を過ごすほど、調査期間中に起こる心臓発作や心臓病による死亡率を減らしていけることを確認したのです。

この研究は、2015年に『JAMA Internal Medicine』誌で発表されています。「定期的なサウナ入浴を続けることで、血管の拡張機能を高め、動脈壁が固くなることを低下させ、自律神経系の調節機能を改善させることができます。また、全身の血圧を下げることにより、心臓の健康を改善させる可能性があるのです」とラウカネン医師は解説しています。

6.サウナは、脳卒中のリスクを下げる

脳

image via shutterstock

週4~7回、サウナを利用した男女は、週に1回だけサウナに行く人よりも脳卒中を発症する可能性が61%低くなりました。これは『Neurology』誌に掲載されたラウカネン医師らによる2018年の研究で報告されたものです。

こうした関連性は、脳卒中の危険因子につながる糖尿病、BMI、アルコール消費、身体活動などの状況によらず、変わりはありませんでした。研究者は、なぜこうした関係があるのかという正確なことは突き止めていないのですが、ここまで述べてきたことが複雑に関係しているのだろうと見られています。

7.サウナはよいライフスタイルにつながる

サウナ

image via shutterstock

フィンランドの人々はサウナに集まることで、ニュースや世間話について会話したり、一緒に過ごしたりしています。

「フィンランドでは運動をして、活動に取り組み、懸命に働き、加えてサウナに入る。そうやってようやくよいライフスタイルを過ごせていると考えられているのです」とラウカネン医師。

サウナの付き合いは健康へのメリットもたくさん。友だちを連れてサウナにいけば、きっといいことがあるはず。

健康に効果的なことを習慣に

タンパク質を効率的に摂取するコツとは? ポイントは、量とタイミング

一食でも足りないと健康リスクが増加するという「タンパク質」。身体にとって重要な栄養素であることはもうご存知ですよね?でも実はタンパク質は、“まとめ摂...

https://www.mylohas.net/2019/08/194910protein_amount.html

くびれたいなら「背中」を刺激! 1日3分で結果が出る2つの運動

脂肪を燃やしやすくするという「褐色脂肪細胞」。肩甲骨周りを刺激することでくびれや代謝アップを目指す方法を、人気ヨガクリエイターの新刊から学びましょう...

https://www.mylohas.net/2019/09/197599book_ayayoga.html

Kaitlyn Pirie/7 Surprising Health Benefits of Using a Sauna/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    2. 「幹細胞コスメ」って何がいいの? 専門家に聞く選び方のポイント

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. お腹を引き締め「くびれ」をつくる、山登り風のエクササイズ

    5. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    6. 彼女の夜の営みが「年に一度」から「週に一度」に増えたのはなぜ?

    7. 便秘・むくみを解消したいときのメニュー3選、管理栄養士が教えます

    8. 脇腹のぜい肉にかなり効く「ひざタッチ」

    9. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    10. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    6. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    7. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    10. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?