1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 35歳を超えて諦めかけていた、顔のたるみに救世主あらわる

35歳を超えて諦めかけていた、顔のたるみに救世主あらわる

10,785

MAYAKO

顔のたるみ

image via Shutterstock

もはや諦めていたフェイスラインのもたつき……。35歳を超えたあたりから、だんだんとフェイスラインのたるみが気になるように。

かっさを使って必死にマッサージしたこともありましたが、さほど効果は出ませんでした。

フェイスラインがケアできる小型美顔器を発見

なかばあきらめモードだったのですが、ヘッドが小さく、フェイスラインをはじめ、気になる顔の悩みを集中ケアできる小型EMS美顔器「THE VEGAS Ⅱ Miss.Arrivo」を発見。

ただ電気のピリピリが苦手……

筋肉に電気で刺激を与えるEMS美顔器で、筆者は実は静電気をはじめ、ピリッとくる系はあまり得意ではありません。どちらかというと苦手かも。

ですが、もたっとしたフェイスラインには、強めの刺激を与えないと……ということで意を決してお試し。

美顔器の先端部分

使い方は、電源ボタン長押しで電源をオン。この時点で強度レベルは「1」。もう一度ボタンを押すと強度レベルが「2」になり、さらにもう一度押すと強度レベル「3」となります。

怖がりの私はもちろん「1」からスタート。洗顔後に、話題の幹細胞エキスが5種類も配合された贅沢な美容液をスポイト2プッシュ分、まずは顔の左半分に塗りこみます。

使用書にある「フェイスラインケアに効果的な使い方」を参考にいざトライ。

専用の美容液はかなりとろっとしたテクスチャー

早速使っていきます!

まずは首と顔の境目のアゴ下に機器をあてます。ピリピリが苦手な筆者としてはここが一番怖かった。「MFIP」という電気バルスが流れるときの、トントンという振動と、「UP」という電気バルスが流れるときのジーッという振動を感じながら、美容液を浸透させつつ、EMSで表情筋に刺激を与えていきます。

徐々に機器をスライドさせ、5分ほどで全行程が完了。

ピリピリ具合はどんな感じ?

最初はやはりピリッとするのでビクビクしながら使っていましたが、あっという間に慣れ、さらには物足りなくなり、今では強度レベル「2」で使っています。

フェイスラインはどうなった?

小顔美顔器

気になる効果は……というと、まずは顔左半分だけやってみて、なにもしていない右半分と比べてみると、明らかに左側のフェイスラインが引き上がっています!

フェイスラインが上がったことで、ほうれい線も薄くなり、喜び倍増でした。

口元のゆるみもスッキリと

フェイスラインだけではなく、目元のクマやたるみ、ほうれい線やマリオネットラインなど、顔のあらゆるたるみ箇所をケアできるのもうれしいですよね。

美顔器

「THE VEGAS Ⅱ Miss.Arrivo ザべガスⅡミスアリーヴォ」(美容液セット) 73,224円(税込)

速効性があるので、顔が疲れているなと感じた時や、大事な予定がある時、おでかけ前に使っています。

EMS美顔器単体でも約6万円と決して安いものではありませんが、この速効性にハマって、手放せなくなりますよ。

噂の美容アイテム。その実力は……

血色がない、カサカサ…そんな唇にさよなら! リップ専用美容器の実力とは

乾燥したり、血色が悪かったりと地味に悩みの多いパーツ「唇」。実はそんな唇に専用の美容器があるというので、早速試してみることに。その実力はいかに…?

https://www.mylohas.net/2019/09/198086lovelip.html

すっきりメイクオフして肌はうるうる。至福のクレンジング体験

一流ホテルのスパでも用いられている、憧れのスパブランド「エレミス」。そんなを「エレミス」代表するアイテムでもあるクレンジングバームを試してみました。

https://www.mylohas.net/2019/08/197388elemis.html

[THE VEGAS]

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由