1. Home
  2. BODY
  3. サウナでも体は鍛えられる! 研究でわかったサウナの優れた健康メリット

サウナでも体は鍛えられる! 研究でわかったサウナの優れた健康メリット

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

10,273

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

サウナ

ジムでちゃんとサウナに入ってる?

サウナはジムの片隅にある、暑いだけの小部屋じゃないんです。近年では、サウナで汗を流すことの効用を裏付ける研究も多く出てきています。

今回は、知っておくべきサウナの効用を紹介しましょう。

1. サウナはトレーニングがわりにもなる

サウナ

image via shutterstock

ふざけているのではなく、本当に。今年の初め、ドイツの研究者が、25分間のサウナ入浴をすると、軽いトレーニングと同じくらい体力を使うことになると報告しました。

研究によると、サウナに入ることによって実験の参加者の心拍数と血圧が上昇して、その後、普段の心拍数と血圧を下回ることを確認。中程度の強度でエアロバイクを漕いだ人々と同じでした。基本的に高温に体をさらすと、運動をするのと同じくらいに心臓にストレスをかけることになるのです。

2. サウナは、メンタルの健康によい

リラックス

image via shutterstock

イースタンフィンランド大学の博士で、心臓専門医ジャリ・A・ラウカネン医師たちによる最新研究では「サウナでの入浴は、心臓の自律神経系のバランスを改善し、迷走神経の活動を高めて、交感神経の緊張を低下させることで、心拍数を落ち着かせてくれる」ことがわかりました。

「基本的に、サウナを利用することで心身ともにリラックスできることが分かります。また、研究によると、サウナをよく使う人ほど、将来の精神疾患リスクが低下するという逆の相関関係にあることが示されています。現にサウナを利用することで、精神障害のリスクを減らせる可能性があるのです。もっとも、それを確認するにはさらなる研究は必要です」とラウカネン医師。

3.サウナに入ると、血圧を正常に維持しやすい

血圧

image via shutterstock

ラウカネン医師のグループが実施した2017年の研究(『American Journal of Hypertension』誌に掲載)によると、週4〜7回サウナに行った男性のグループは、毎週1回だけのグループと比べて高血圧を発症するリスクが50%低くなっていました

理由はいくつかあります。まず、サウナで体温が上昇すると、血管が開きます。これを定期的に行うと、血管内膜の機能が向上して、血圧が改善するのです。さらに、サウナで汗をかくことにより体液の減少が起こって血圧が下がります。サウナ入浴後に感じるリラクゼーションは、血圧にも好影響を与えます。

続きます。

トレーニングを習慣にしたいなら

30kgやせた成功者が語る、秘密のダイエットプログラム3つ

きちんと食べてやせることは可能なのでしょうか? 実際に30kg近くも体重を減らしたという女性たちに何を食べているのかを聞いてみました。

https://www.mylohas.net/2019/09/198112pvn_pounds.html

全身が鍛えられる。BOSUボールでできる簡単トレーニング3つ

コアを鍛え、バランス力を高めるには、バランスボールを半分に切ったような形のBOSUボールが最適。パーソナルトレーナーおすすめの3つのエクササイズをご...

https://www.mylohas.net/2019/09/197647pvn_bosu.html

Kaitlyn Pirie/7 Surprising Health Benefits of Using a Sauna/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    10. もがき苦しんだ“燃え尽き症候群”と伊達公子さんから学んだこと〜元マラソンランナー・市橋有里

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    8. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    9. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    10. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?