1. Home
  2. BODY
  3. 人のウンチで病気を治す話題の治療法って?

人のウンチで病気を治す話題の治療法って?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

3,161

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

腸

聞こえは気持ち悪いけれども……。

巷で話題の医学用語が「糞便移植」。しかし、その治療法には命にかかわる感染リスクが潜んでいる可能性があることが、最近アメリカで分かってきました。

話題の治療法で死亡例が発生

腹痛

image via shutterstock

2019年6月、FDA(米国食品医薬品局)は、患者が糞便移植後に死亡したことを受けて警告を発出。この治療法は便をドナーから患者の腸内に戻すもので、FDAの承認を得ていません。

今回の死亡事例では、免疫機能が低下していた患者2名が、ひとりの提供者からの便の移植を受けました。そして2名とも抗生物質に耐性を持つ大腸菌による感染症を発症。移植に際し医療スタッフは、便の大腸菌のスクリーニングを怠っていたのです。そして、そのうちの1名が感染症により死亡しました。

その結果を受け、FDAは、移植前にまず、便のサンプルに対し薬物耐性菌の検査を実施し、提供者に対し薬剤耐性感染症のスクリーニングを実施することを呼びかけています。

糞便移植は、徐々に主流な治療法となってきています。しかし、そもそもなぜそのような治療法が必要とされるのでしょうか? 糞便移植がどのように行われるか、そして、気をつけるべきリスクについて医師らが解説します。

糞便移植って、一体なに?

細菌

image via shutterstock

糞便移植は、比較的新しい治療法で、有益な細菌を含んだ健康な人の便を、患者の腸内に戻すというものです。通常、下痢や腸内に炎症を引き起こす細菌であるクロストリジウム・ディフィシルの症状がある人で、抗生物質による治療を行っても効果が出ない場合に行われます。

「糞便移植は、本当に必要な患者にのみ行います。結局のところ、これは移植という医療行為です」と、オハイオ州立大学ウエクスナー医療センターで糞便移植を専門とする消化器専門医のヒシャム・ハッサン医師は説明します。「抗生物質が効かない重度のクロストリジウム・ディフィシル関連下痢症の患者が対象となります。このような患者には、感染症による死亡リスクがあるためです」

糞便移植の流れ

糞便移植は、結腸内視鏡検査と非常に似通っています。クリーブランド・クリニックの説明によると、患者は結腸内視鏡検査の準備をし、ドナーは排便があるよう下剤を飲みます。その上で採取された便は生理食塩水に入れて攪拌されて、細菌のみが含まれる茶色い液体になるまでろ過されます

「患者は、下痢止め薬の投与を受けた上で、大腸内視鏡により提供者の便を投与されます」と説明するのはプロビデンス・セントジョーンズ・ヘルスセンター(カリフォルニア州サンタモニカ)の消化器専門医であるルドルフ・ベッドフォード医師。患者は、健康な細菌が腸内に定着するよう、できるだけ長時間、便意を我慢するように言われます(そのために下痢止めを使います)。

「いくつかの症例では最長4日かかった場合もありましたが、通常24時間から48時間以内に下痢症状に改善がみられます」とベッドフォード医師。

では、便はどうやって採取されるの?

検査

image via shutterstock

ベッドフォード医師によれば、糞便移植が導入された当初、医師らは患者のパートナーなどから便を採取していたそう。

今では、便の提供を行っている企業がいくつかあります。ベッドフォード医師は、それらの企業から郵送で、カプセル入りのフリーズドライされた便を受け取っているのだそうです。

糞便移植は安全?

聴診器

image via shutterstock

概して、安全といえます。そして、アメリカ国内ではクロストリジウム・ディフィシル関連下痢症の患者が増加していることから、これからさらに積極的に取り入れられる方向となっています。

「移植を受ける患者がなんらかの免疫障害を持たない限り、この治療法は安全です。そしてそれが最大の問題でもあります」と、ベッドフォード医師は指摘します。というのは、がんや遺伝性疾患や、糖尿病などで患者の免疫機能が損なわれていると、感染症は防げないということなのです。

また移植される便は、感染症を引き起こす細菌が含まれていないか「適切な検査」を受けなければならず、これこそが今回FDAの警告で示された最大の問題点となっていました。

けっして自分でやってはいけない!

細菌

image via shutterstock

「便には、細菌と病原体が存在します」と説明するのは、感染症専門医で、ジョンズ・ホプキンズ大学保健保障センターのシニア・スカラーであるアメッシュ・A・アダルジャ医師。「なので適切なスクリーニングの実施が非常に重要です」

また、この方法は自宅で簡単にできそうでもありますが、アダルジャ医師は「けっして自分でやるものではありません。医学的管理下で実施されなければ、病原体を移植してしまいます」とそのリスクを強調します。

便は健康のバロメーター

腸の専門医が語る、便秘を防ぐ新常識。食物繊維の摂り方がカギでした

日本人の国民病ともいわれる便秘。30年にわたり4万人以上の腸を診てきた専門医が教える、便秘を予防する“食物繊維の摂り方の新常識”をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/06/192905constipation.html

生理中はなぜゆるい? 理想的なポーズは? うんちに関する正しい知識

生理中はなんで便がゆるくなるの? 旅行中は便秘になりやすいのはなぜ? 理想の排便ポーズは? 聞きにくいけど知っておきたいうんちに関することを胃腸科専...

https://www.mylohas.net/2019/01/182978defecate.html

Korin Miller/What Is a Fecal Transplant? Patient’s Death Linked to the Procedure, FDA Warns/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由