1. Home
  2. BODY
  3. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

38,889

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

鼻をかむ女性

残念ながら、アレルギーは春だけじゃないんです。

秋にも、目が赤くなったり、鼻水が出たり、止まらなくなったりすることがあります。

米国喘息・アレルギー財団(AAFA)によると、季節性アレルギーである場合、体の中にある免疫細胞がヒスタミンを作り出し、あなたが不快な症状を引き起こす、アレルギーの原因になる物質を追い出そうとします。

この刺激物をアレルゲンといって、ある種のカビ、花粉、および雑草といったものが含まれます。これらはすべて、夏の終わり頃にかけて増えてくるのです。

しかし、症状を見つけてアレルゲンを特定することができたら、秋のアレルギー対策は、ほぼ解決。この記事を読んで、秋を楽しみましょう。

秋のアレルギーの症状とは?

ブタクサ

  • 涙目、目のかゆみや痛み
  • 鼻水または鼻づまり
  • くしゃみ
  • 頭痛
  • 皮膚の発疹、またはじんましん
  • 喉のかゆみ
  • 咳や喘鳴など、喘息症状の悪化
  • 重症の場合、呼吸困難、またはアナフィラキシー(生命を脅かすアレルギー反応)

秋のアレルゲンの種類は?

アレルギー

image via shutterstock

約2300万人の米国人がブタクサ花粉によるアレルギー症状を起こしています。長い夏の間に、ブタクサが生い茂り、花粉も蓄えられるのです。雨が降ると、草や雑草はその場所の状況に応じて好き勝手に成長します。

  • ブタクサ
  • アキノキリンソウ(セイタカアワダチソウを含むアワダチソウ)
  • セージブラッシュ(ヨモギの一種)
  • マグワート(ヨモギの一種)
  • コックルバー(オナモミ)
  • ピグウィード(アオゲイトウ)
  • タンブルウィード(転がり草)
  • バーニングブッシュ(ニシキギ)

「雑草が成長すると、花粉もその分増えてきます。花粉症(つまり鼻炎)の大きな原因になります」と、ゴットリーブ・アレルギーカウント創業者のジョセフ・レイジャ医師は指摘。花粉症に悩む人は米国には6000万人も存在しているのです。

特にブタクサは8月から11月に大繁殖し、9月中旬にピークに達します。米国喘息アレルギー財団によると、わずか一本のブタクサで、最大10億個の花粉をつけます。とりわけ、米国東部および中西部では遠くにまで、花粉をまき散らすのです。

カビも大きな問題に

喉が痛い女性

image via shutterstock

秋には、森にたくさんの落ち葉が降り積もります。やがて、落ち葉は朽ち、カビが繁殖し始めます。カビの胞子を吸い込むと、喘息がひどくなることがあり、カビアレルギーのある人は、激しい呼吸、喘鳴(ぜんめい・ぜいぜいと息をすること)、その他の上気道症状を引き起こすこともあります。

「湿気の多い地下室も、もうひとつのカビの発生源です。建築中でもそうでなくても、除湿機を地下室などに置き、カビ胞子を取りのぞくこと。地下室からつながる暖房のためのフィルターがあるときにも、上階にカビの胞子を送り込む可能性がありますから掃除すること」と、レイジャ医師はすすめています。

続きます。

この記事は、2019年8月19日に臨床医学の准教授で、『Prevention』の医療監修ボードのメンバー、ラジ・ダスグプタ医師によって、医学的知見から監修されています。

不快な症状を和らげるには

春先だけじゃない花粉症。自分が持つアレルゲンの見つけ方とは?

スギやヒノキの花粉量のピークが、やっと過ぎました。それでもまだ、くしゃみや鼻水、目のかゆみ、頭痛、そして皮膚炎といった症状がある人は、スギやヒノキ以...

https://www.mylohas.net/2019/05/190670hayfever.html

薬に頼らず、整える。季節で変わる「頭痛」の養生法

気圧や天候の変化などによって起こる不快な頭痛。薬に頼らずに養生する方法をベストセラー『ミドリ薬品漢方堂のまいにち漢方』から学びましょう。

https://www.mylohas.net/2019/06/193004sp_headache_book_kanpo.html

Nina Elias/8 Symptoms of Fall Allergies and How to Feel Better Fast, According to Doctors/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた