1. Home
  2. BODY
  3. 耳からポコポコ異音がする…原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

耳からポコポコ異音がする…原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

19,573

Maya A. Kishida(翻訳)

女性

image via shutterstock

こんなことって、あるのでしょうか……。

これはアメリカ、ミズーリ州在住の女性の身に実際起こった話です。

耳に水が入ったと思った

左耳の中がポコポコして水が流れるような音がすると気づいたスージー・トーレスさんは、初めは耳の中に水が入ったんだろうと思っていました。

「火曜日に目が覚めたら、左耳の中に水が流れるような音が聞こえたんです。泳いだときに耳の中に水が入ることがあるでしょう? それに似ていました」と、トーレスさんは地元のTV局Fox4カンザスシティのインタビューに答えています。アレルギー注射のただの副作用だろうと思ったトーレスさんは仕事帰りに病院に行ったのですが、医療助手が目にしたのは悪夢のような事態だったのです。

さらに看護師2名、医学生3名、医師1名が集まってよく調べた結果、トーレスさんは耳の中にクモがいると伝えられたとCNNは報道しています。耳を洗い流すのはあまり役に立ちそうになかったため、医療チームはクモを引っ張り出すという決断を下しました。「耳に挿入される器具を見て、パニックを起こしそうになりました」とトーレスさんは話しました。

皮膚に深刻なダメージをおよぼす

医師

image via shutterstock

しかし医療チームが(無事に)引き出すのに成功したクモは、無害なユウレイグモではなかったのです。それは10セント硬貨くらいの大きさ(直径18mm)の有毒なドクイトグモで、疾病対策センター(CDC)によれば米国中西部や南部でよく見られるクモだとのこと。

「ドクイトグモは、たとえばクモが肌にくっついて抜け出せなくなるという不測の接触といった何らかの圧力が外部からかからない限り、人を咬むことはありません」と疾病対策センター(CDC)はコメントしています。

しかし咬まれてしまうと小さな白い水泡ができ、「ドクイトグモの毒は皮膚組織を破壊して深刻な病変(壊疽・えそ)を引き起こすことがあります。この壊疽に対処するには専門的な治療が必要です」

「看護師は、クモは死んでいたと言っていましたけど、私が怖がらないようにそう言ったのかもしれません」とトーレスさんはCNNに語りました。

靴の中に潜んでいる場合も……

足

image via shutterstock

疾病対策センター(CDC)いわく、ドクイトグモは、乾燥していて、ひと気のない雨風から守られた場所などによく見られるとのこと。こうした場所の周囲には一般的に、丸太や石積みの構造物や、落ち葉などが溜まっています。気味の悪いこのクモが住宅に侵入した場合は、暗いクローゼットや屋根裏、あるいは靴の中などに潜んでいることが多いのです。

トーレスさんは、クモは寝ている間に耳に入り込んだと信じており、いまでは十分に気をつけていて、夜は耳栓をするようになったそう。

「昨晩はコットンボールを耳に入れて寝ました。洋服は着る前によくはたいているし、バッグも床には置きません」とFox4で語っていたトーレスさん。「ちょっとは用心深くなりましたね」

虫刺されにはご用心

マダニに刺されて赤身肉アレルギーに!呼吸困難、命に関わる症状も…

度々病気の媒介として話題になるマダニのこと。その中でもアメリカで今増えているのがマダニに刺された後に起きるという赤身肉アレルギーなのだそうです。

https://www.mylohas.net/2019/08/196297pvn_allergy.html

怖い感染症もひきおこす「蚊」。発生を防ぐ効果的な方法5つ

いつも間にかできている、かゆくてつらい虫刺され。どうしたら蚊に刺されなくてすむのか、蚊の生態に詳しい専門家に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/07/193716pvn_mosquito2.html

Alisa Hrustic/The “Water” In this Woman’s Ear Turned Out to Be a Venomous Brown Recluse Spider /Maya A. Kishida(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?