1. Home
  2. EAT
  3. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

66,457

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

ハンバーグ

野菜中心生活の人は気にかけて。

ビタミンB12は、赤血球や細胞の増殖、DNA合成、そして神経機能を健康に保つのに必須の栄養素。これが不足すると、強い疲労感、貧血、イライラ感、神経損傷、腸の疾患といった症状が現れてきます。

また、ビタミンB12不足のリスクが最も高いのは、ベジタリアンやビーガン食の人と言われています。なぜなら、ビタミンB12は植物からはほとんど摂取できないから。

そんな不足しがちなビタミンB12を、上手にたっぷり補給できる食材は?

  1. 牛乳
  2. シリアル
  3. 牛レバー
  4. ニュートリショナルイースト

1. 牛乳

牛乳

牛乳は一日に必要なビタミンB12を補充してくれます(※)。

コーヒーに入れたり、料理に足したり、はたまたそのまま冷えたのをグラス一杯飲むのも手軽な補給方法です。

※参考:日本における1日のビタミンB12摂取推奨量は、厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2015年版)によると成人2.4μgとされています。

2. シリアル

シリアル

ビタミンB12の手っ取り早い補給方法は、ビタミンが強化されたシリアル。

上記の牛乳と一緒に食べるなど、摂り方を工夫すると摂取量をさらに増やせます。

3. 牛レバー

レバー

内臓が苦手な人も少なくないかもしれませんが、牛レバーはビタミンB12をとても多く含みます

「レバーと玉ねぎの炒め物」なら、レバーの血生臭さも抑えられて食べやすくなります。また、カリッと焼いた薄切りパンにレバーペーストを乗せたものも、お酒のおつまみや前菜にぴったり。

4. ニュートリショナルイースト

酵母

ビタミンB12は動物性食品に最も多く含まれますが、ビーガン食の人たちにおすすめするのはニュートリショナルイーストです、と 登録栄養士のマリサ・ムーアさん。

糖蜜を発酵させた乾燥酵母で、チーズっぽい風味があるニュートリショナルイーストは、カシューナッツと混ぜ合わせると「チーズ風」ソースの代わりになりますし、またはポップコーンやサラダに振りかけると旨味が足され、さらにおいしくなります。

続きます。

栄養はバランスよく摂りたい

だるい、寝起きが悪い、肌荒れ…不調から探る「あなたに足りない栄養」は?

栄養や食事の話で出てくる「バランスよく食べる」というワード。でも、生活環境も、食事環境や内容もそれぞれ違うため、バランスは人によっても違いそう。不調...

https://www.mylohas.net/2019/09/198449balance.html

貧血になりがち、体調が悪い。不調から抜け出すために食べたいものは?

貧血、風邪気味、のどが痛い、鼻水、頭痛。不調を感じるときは何を食べればいいの? 役立つ栄養知識を、管理栄養士の中村美穂さんに聞きました。第3回のテー...

https://www.mylohas.net/2019/09/197775sp_nutrition_scene03.html

Alyssa Jung/These Are the Top 10 Foods That Are High in Vitamin B12/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    3. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    4. 髪のパサつき、白髪、抜け毛に。10分で作れる栄養満点パスタ

    5. 【クイズ】水餃子と焼き餃子。老けたくないならどっちを選ぶ?

    6. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    7. 意外と知らない「爪の切り方」。健康的な爪の形はどれ?

    8. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    9. 視力矯正に病気の早期発見も。「進化したコンタクトレンズ」が誕生!?

    10. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    1. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    2. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    3. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    4. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. 座りっぱなしの人はやるべき。お尻をやわらかくするポーズ

    7. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    8. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    9. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    10. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    8. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    9. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    10. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!