1. Home
  2. EAT
  3. だるい、寝起きが悪い、肌荒れ…不調から探る「あなたに足りない栄養」は?

だるい、寝起きが悪い、肌荒れ…不調から探る「あなたに足りない栄養」は?

ポジティブ栄養学

13,665

吉川圭美

食事バランスを考える女性

栄養や食事の話のなかで、必ずと言って出てくるのが「バランスよく食べる」というワード。一方で、みなさんの体調の悩みを聞いていると、バランスは人によって違うとも感じています。

それは、生活環境も、食事環境や内容も十人十色、みんな違うから。そのヒントとなるのが不調ではないでしょうか。

例えば、「経理職でデスクワークをしている人」「営業職で歩き回っている人」「小さい子を育てていて自宅での家事がメインとなっている人」の三者を、オーソモレキュラーの視点で見てみましょう。

人によって変わってくる栄養状況

食事バランスを考える

最初の方は集中力を酷使するために、脳ホルモン作りに関わるビタミンB群を多く消費する(=不足しやすい)のに対し、次の方は歩きまわって筋力を多く使うためタンパク質やエネルギーを消費しがち。また商談やプレゼンなどで気をつかう場面も多く、抗ストレスホルモンの材料であるビタミンB群、ビタミンCの消費が多いのでは、と想像できます。

最後の方は子どもの抱っこやお世話で筋力を使っていることに加え、出産でも大量のタンパクや鉄が失われていることが想像できます。もちろん、これ以外にもたくさんのビタミン、ミネラルが関わっています。

さらには外食が多いか、自分で調理することが多いか。お酒好き、スイーツ好き、カフェイン好き、さらには夏の暑さ、冬の寒さでも消費される栄養素はおおいに変わります。

不調の理由にはさまざまありますが、オーソモレキュラー栄養医学では、栄養の過不足によって細胞が機能的に動くことができなかった結果、起こるのが不調である、と考えられています。

つまり不調が出ているということは、今の食事が、その人に合っていないところがある(=バランスを欠いている)ということ。消費する栄養素をきちんと補充できているか。多すぎる栄養素をコントロールできているか。それがバランスのよい食事につながると考えることができます。

ビタミンB群を意識して、疲れやイライラを遠ざける

ビタミンBの多い食材

例えば「疲れた」が口癖になっている、いつも不機嫌でイライラしている、神経過敏でピリピリしている、肩こりがひどい、そして電車で集中して本が読めなくなったというタイプ。もしかしたら、先に紹介したビタミンB群が足りないかもしれません。

このほか、次のようなトラブルが出やすくなります。

  • 日中眠くなる
  • 寝ても疲れが取れない
  • 口内炎、口角炎ができやすい
  • 風邪をひきやすい
  • 下肢がしびれる

B群不足の人のなかには、甘いもので疲れを癒そうとするタイプも少なくありません。菓子パンやスイーツに多い糖質はビタミンB群を大量消費するため、食べすぎにも気を配る必要があります。

このタイプに本当に必要なのは、ビタミンB群の多い肉や魚、大豆、卵などのおかず。このタイプの方のお食事をじっくり聞いてみると、朝はパンとコーヒー、昼はコンビニパスタ、おやつはチョコレート、といったパターンがとても多い様子。糖質を減らしおかずをしっかり食べることが、疲れやイライラを遠ざけてくれます。

美容にも深く関わる、鉄不足

にきびを気にする女性

そして、朝の寝起きが悪い、頭痛に悩んでいる、ニキビが治りにくい、ほっぺたや唇に赤みが少ない、体を動かすと動悸や息切れが激しい、髪を洗うと排水溝が抜け毛でいっぱいになる、という人は鉄不足が関係している場合も。

このほか次のような不調も鉄が関係しています。

  • 立ちくらみ、めまい、耳鳴りがする
  • 疲れやすい
  • 顔色が悪い
  • 風邪にかかりやすい
  • 歯茎の出血、体にアザがよくできる
  • 注意力の低下、イライラしやすい
  • 喉の不快感
  • 食欲不振
  • 神経過敏
  • むくみがある
  • 湿疹ができやすい
  • 肩こり、腰痛、背部痛
  • 便秘や下痢をしやすい
  • 吐き気がする
  • 胸が痛む
  • まぶたの裏が白い
  • 皮膚が青白く、または黄色っぽくなる
  • くしゃみ、鼻水、鼻づまり
  • 口角、口唇炎、舌のしびれと赤み

肌に存在するコラーゲンも、材料のひとつが鉄。さらにはシミを防ぐ酵素、カタラーゼを体内で作るのにも鉄を必要とします。キレイな肌をキープしたいなら鉄はマストと言えます。

しかしながら、女性にとって鉄は不足しやすい栄養素の代表格。毎月の生理で失うほか、妊娠や授乳時にも優先的に赤ちゃんに渡されるため、自らの鉄はどんどん目減りしていきます。産後の抜け毛も、シミも、実は鉄不足が一因。ママになってもキレイでいるために必須なのが鉄なのです。

不調を回避するためには、一にも二にも鉄をしっかり摂ること。レバーや赤身の肉、カツオ、あさりを食卓にたくさん登場させましょう。煮干しにも多いのでおやつ代わりに食べるのもおすすめ。コツコツ鉄をとることでトラブルを和らげることにつながります。


バランスのよい食事が目指すもの、それは不調のない、心地よい体を手に入れること、未来に起こりうる変化に備えて準備をすること。そう私は考えています。

不調はひとつだけではありません。そして体調は日毎に変わります。そういったことを観察し、栄養面から整えていくことが、その人なりの「バランス」なのだと感じます。

(不調のリストは「オーソモレキュラー栄養医学研究所」より引用)

鉄不足を解消しましょう

鉄分豊富で脂すっきり。絶品「鴨肉」を食べて夏バテ対策を

鉄分豊富で脂すっきり。いま注目の「鴨肉」が食べられる専門店で夏バテ対策はいかが? 女性におすすめの「ビューティミート」を紹介します。

https://mylohas.net/2019/06/193438baumhaussun_duck.html

肌や髪のツヤ、鉄不足を解消すれば手に入るかも。コツコツ鉄を摂る方法

どんなときも気になる、くすみやシワといった素肌の状態。実は鉄不足が関係していることもあります。 鉄は、肌にも深く関係しています。 たとえば美肌に欠か...

https://mylohas.net/2019/05/190124iron.html

image via Shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 気づかないうちに進行する「高血圧」。要因と正常に戻す方法は?

    2. 自分をダメにする悪習慣から抜け出そう! すぐできる89の方法

    3. 【クイズ】便秘解消の味方「さつまいも」の食べ方。温める? 冷やす?

    4. 心の波を落ち着かせるには? 今すぐできるメンタルトレーニング2つ

    5. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    6. 今さら聞けない、糖質制限ダイエットのウソ・ホント

    7. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    8. 在宅時のおやつにも! 「ナッツ」は思っているより低カロリーだった

    9. ぜい肉を振り落とせ! 家で運動不足を解消できるエクササイズDVD6つ

    10. 「在宅勤務」の時間を健康的に過ごす方法

    1. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    2. ダイエットの神降臨。やせない人がまずやるべき超簡単な方法

    3. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. ダイエット中でもお腹が空きにくい「高タンパク質低炭水化物」おかず5選

    6. 気づかないうちに進行する「高血圧」。要因と正常に戻す方法は?

    7. 【クイズ】やせやすい体をつくるなら。腹筋とスクワットどっちがいいの?

    8. 自分をダメにする悪習慣から抜け出そう! すぐできる89の方法

    9. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    10. 太ってきたときの炭水化物との付き合い方。お米・パン・麺はどう選ぶ?

    1. 乳がんを克服したと思ったら、ステージ4で再発。有名女優が告白

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    4. 意外とやっている睡眠のNG習慣。6時間睡眠は脳の老化を速める?

    5. がん予防に摂りたいフルーツ&飲み物9選。緑茶やコーヒーはどうなの?

    6. 片づけられない人に共通する心理。汚部屋と心はつながっている!?

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 首が、肩がかたまったなら! 最強の肩こりストレッチ4選

    9. 意外と知らないリップメイク術。3つのコツで簡単攻略!

    10. ダイエット中でもお腹が空きにくい「高タンパク質低炭水化物」おかず5選

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    キャメレオン竹田の占い

    今年の運勢を公開中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら

    Prevention