1. Home
  2. SPORTS
  3. 無理しない筋トレは水中がベスト。プールでらくに体を鍛える運動2つ

無理しない筋トレは水中がベスト。プールでらくに体を鍛える運動2つ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

7,794

Seina Ozawa(翻訳)

プールの女性

プールはジム代わりになる?

答えはイエス。1回のセッションで、有酸素効果と筋力アップの両方が期待できるんです!

プールと陸上で同じ動きをした場合、プール内での方が15倍も抵抗が大きいと解説するのはメアリー・E・サンダース博士。アメリカ水中運動指導の第一人者で、ネバダ大学リノ校の准教授として運動科学を教えています。

水中での運動はメリットいっぱい!

水中

image via shutterstock

「ウォーターエクササイズでは、力を入れれば入れるほど水の抵抗を感じます。そのため、そのときの体の調子によって、運動内容を自分で調整しながら取り組めます」とサンダース博士。

水中で浮かんだり重力に逆らった動きをするには、腕、肩、脚、大臀筋、体幹を使わなくてはなりません。水泳はダイエットに効果的なエクササイズで、代謝アップやカロリー消費に最適なんです。

さらに、ウォーターエクササイズは、柔軟性の向上や痛みの緩和にも役立つことが研究で明らかになっています。「水中では全身を鍛えることができますが、リラックス効果もあります。そのため、怪我や腰痛を抱える人に理想的と言えます」とウォーターフィットネスインストラクターのニコル・フォーサイスさんは話します。

30分でできる水中エクササイズ

プール

image via shutterstock

そんなフォーサイスさんが、30分でできるウォーターエクササイズを考案しました。

泳ぎが心配な人も大丈夫。エクササイズはすべて、水深120cmほどのところで行うことを想定しています。陸上で行う一般的なトレーニングと同じような動きを取り入れているため、難しいテクニックは必要ありません。

強度を上げて消費カロリーを増やしたい場合は、エクササイズを2つ終えるごとに、3分間ハイニー(もも上げ)を入れるといいでしょう。この30分エクササイズを週に2~3回続ければ、自信が持てる体に変わるはずです!

1. ウォーミングアップ

水中ウォーク

image via shutterstock

水中で5分間なるべく早く歩くか、3分間ハイニー(もも上げ)を行って、ウォームアップしましょう。その後、各エクササイズを3セット行います。セットとセットの間に15秒間の休憩を入れましょう。

2. トライセプスディップス

エクササイズ

シンプルに見えますが、上半身全体をしっかり鍛えます。胸、背中、上腕三頭筋、肩に効果的なエクササイズです。プールから体を引き上げて下ろすだけ? たいしたことなさそうですが、やってみると結構きついんです。

  1. プールの縁に手の平をのせるか、つかまります。
  2. 腕と肩を使いながら、体をできるだけ高いところまで持ち上げ、腕を伸ばします。数秒間この姿勢をキープします。
  3. 肘を体に寄せたまま、肘が90度になるまで体を下ろしていきます。プールの底に足をつけないようにしましょう。体の上げ下げを繰り返し、10~20レップ続けます。

続きます。

エクササイズは無理せず続けたい

お尻美人はピラティスをしてる。真似したくなる5つの運動習慣

女優でありダンサーでもあるジェナ・ディーワン。38歳で子どもがいながら抜群のスタイルをキープしているのはなぜ? 毎日続けているエクササイズを紹介しま...

https://www.mylohas.net/2019/08/197070pvn_pilates.html

少ない回数でも効果あり! お尻・太もも・コアに響く8つのスクワット

認定パーソナルトレーナーのラリサ・ディディオさんが、大臀筋、大腿四頭筋、コアを鍛えるさまざまなスクワットを伝授。

https://www.mylohas.net/2019/08/196372pvn_squat2.html

Dina Roth Port/This 30-Minute Water Workout Will Tone Up Your Entire Body/Seina Ozawa(翻訳)

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?