1. Home
  2. BODY
  3. 緑茶が体にいい理由とは? 九州大、久山町研究で明らかに

緑茶が体にいい理由とは? 九州大、久山町研究で明らかに

Healthday News

2,607

MYLOHAS編集部

お茶

image via shutterstock

緑茶が2型糖尿病リスク低下に効く? 九州大、久山町研究から

緑茶好きは2型糖尿病にかかりにくいかもしれません。緑茶成分L-テアニンの代謝産物「エチルアミン」の血清濃度が高い人は、2型糖尿病になりにくい可能性があることが、九州大学大学院衛生・公衆衛生学教授の二宮利治氏らの研究で明らかになりました。

エチルアミン濃度が上がると、2型糖尿病の発症は下がる!

お茶

image via shutterstock

エチルアミンは、緑茶に含まれるテアニンという成分が代謝されたもの。緑茶を飲んでから血清中に24時間以上残っているため、この研究では血清エチルアミン濃度を、緑茶摂取量を知る手がかりにしました。

今回対象になったのは、2007年の健診を受けた糖尿病のない40~79歳の福岡県久山町の住民2,253人。対象者を7年間追跡し、2型糖尿病の発症を比較しました。

その結果、追跡期間中に282人が2型糖尿病を発症しました。2型糖尿病の累積発症率は、血清エチルアミン濃度の上昇に伴い低下することが分かりました。

1日2回緑茶を飲むと、エチルアミン濃度を高く保てる?

緑茶

image via shutterstock

また、血清エチルアミン濃度によって4つの群(0.86ng/mL以下、0.87~2.10ng/mL、2.11~5.28ng/mL、5.29ng/mL以上)に分けたところ、濃度が最も高い群は、最も低い群に比べて2型糖尿病の発症リスクが31%低いことが示されました。この関係は、特に中年層や前糖尿病(境界型糖尿病)、肥満者、インスリン抵抗性を有する人でより顕著でした。

さらに、久山町の研究とは別の健康なボランティア12人を対象に、血清エチルアミン濃度の推移を検討した結果、高濃度L-テアニンを含有する緑茶飲料を12時間間隔で1日2回、継続的に摂取すると、5.90ng/mLを超える一定量でエチルアミンが体内に残存することが推定されました。この血清エチルアミン濃度は、今回の研究で2型糖尿病の発症リスクが低下した群よりも高いものでした。

これらの結果を踏まえて、研究グループは「日本人は緑茶の摂取量が多いほど2型糖尿病リスクが低減する可能性が示されました。また、血清エチルアミン濃度の測定は、緑茶摂取量の客観的な指標になり得ると考えられます」と話しています。なお、この研究はサントリー食品インターナショナルと共同で実施されました。

緑茶のうれしい効果とは?

緑茶をよく飲む人は、糖尿病になりにくい? おいしいお茶の淹れ方とは

日本のスーパーフード緑茶に含まれるうま味成分「テアニン」に、2型糖尿病の発症リスク低減に働く可能性があることがわかりました。最新研究の内容と、緑茶の...

https://www.mylohas.net/2019/07/194561greentea.html

すばやく口臭を消す10の方法。あなたもスメハラの加害者かも!

気になる口臭の一番の原因は不衛生な口腔環境なのだとか。ずっと続く口臭には要注意。健康上に問題があることも。医師に口臭を消す方法を聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/07/194772pvn_breath.html

HealthDay News 2019年7月16日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved.(参考情報)Abstract/Full Text/image via shutterstock

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?