1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. かゆい皮膚の病気「乾癬」の症状と治療法。アトピーやかぶれとどう違う?

かゆい皮膚の病気「乾癬」の症状と治療法。アトピーやかぶれとどう違う?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,562

Maya A. Kishida(翻訳)

キム・カーダシアン

アメリカの女優でリアリティ番組のスターのキム・カーダシアンは、乾癬(かんせん)の炎症の後遺症で色素脱失が起きた肌の写真をインスタグラムのストーリーズで公開しました。

色素脱失がはっきりと目立つ左足の写真には、「乾癬の炎症のあとに色素脱失が起きた人はいる?」と書かれています。

キムはまた、自らプロデュースするブランドKKW Beautyで、このような肌の状態からヒントを得た新しい商品も開発しています。「乾癬だからといって不安になったりせずに、この症状とうまくつきあっていく方法を学んできたわ。肌を隠したいと思うときはボディ用のファンデーションを使ってる」とインスタグラムに書いています。

乾癬とはどんな病気なのでしょうか。肌への影響やどのような治療法があるのか、皮膚科医が簡単に説明します。

乾癬とは何でしょう?

乾癬

米国皮膚病学会(AAD)は、乾癬は、免疫システムが肌細胞に対してあまりに早く成長するように信号を送ってしまったときに発症すると説明しています。

その結果、肌に鱗のような炎症や、かゆくて乾燥した斑点ができるのです。AADによると、およそ750万人のアメリカ人が乾癬に悩んでいるそう。

乾癬で色素脱失が起きるのはなぜ?

乾癬

マウントサイナイ医科大学の皮膚科学准教授ゲイリー・ゴールデンバーグ医学博士は、すべて炎症と関係があると話します。「乾癬は肌に炎症を起こします。この炎症によって、メラノサイト(肌の色を作る細胞)が色素を作りすぎたり、逆にあまり作らなかったりするといったことが起こるのです」

炎症によって血管も拡張するので、肌にしつこい赤みが残ります。乾癬は色素脱失のほか、色素沈着や赤みがいつまでも消えないといった色素異常を引き起こすことがあるとゴールデンバーグ医学博士は説明します。

「これらは乾癬自体が治ったあとに非常によく見られる症状です。色素沈着は肌の色が濃い人によく見られるのですが、どの患者もこうした色素異常のいずれかの症状が出る場合があります。中には、体の異なる部位にこの3つのすべての症状が現れることもあるのです」

乾癬の治療法は?

腕

image via shutterstock

乾癬にかかって肌の色素に変化が起きても、ほとんどの場合は次第に消えていく、と話すのは、ニューヨーク市の認定皮膚科医でマウント・サイナイ医科大学皮膚科学化粧品・臨床研究ディレクターのジョシュア・ザイチナー医学博士です。

「ありがたいことに、これらは永遠に残る傷ではありません。数週間から数か月経てば普通の状態に戻るシミのようなものです」

しかしめったにないのですが、こうした肌の変化が永久に残ってしまうケースも。「どの班点が消えて、どれが残るのかを予測する方法はありません」とゴールデンバーグ博士も述べています。

定期的な治療を続けることが最適だとゴールデンバーグ博士が話すのは、こうした理由からです。治療を継続していくことで、色素異常をまねく炎症の悪化も抑えられます。「また、投薬治療(飲み薬や注射)も、炎症がひどくならないようにするのを助けます」と博士はアドバイスしています。

肌をすこやかに保つには

発酵のチカラで潤うスキンケアアイテム6選

美白や保湿、エイジングケアなどの期待が期待できると言われていれる、発酵のチカラに着目したスキンケア商品を6つご紹介します。

https://www.mylohas.net/2017/12/066634skincare.html

美容エディターに聞く! 旅先でマストのスキンケア

美についてのエッセイや美容特集がつねに注目の的である美容エディターの松本千登世さんは「旅先の肌トラブルは圧倒的に乾燥」と言います。旅先の肌を守るスキ...

https://www.mylohas.net/2018/06/169594.html

Korin Miller/Kim Kardashian Just Shared a Candid Photo of How Psoriasis Really Impacts Her Skin/Maya A. Kishida(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由