1. Home
  2. SPORTS
  3. 「ダンベル筋トレ」で腕と肩をスッキリ! 重さよりもフォームが大事

「ダンベル筋トレ」で腕と肩をスッキリ! 重さよりもフォームが大事

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

21,475

Seina Ozawa(翻訳)

アナ・ヴィクトリア

フィットネストレーナーでウェルネスインフルエンサーのアナ・ヴィクトリア。トレーニングプログラム「Fit Body Guides」と「Fit Body」アプリを開発し、大成功を収め、SNSのフォロワー数は1,200万人を超えています。

アナのトレーニングが人気を集める理由は、ほとんど器具がいらず、どこでもできるから。だからといって簡単なわけではありません。むしろ内容はかなりハードです。アナ自身でさえ、自分の考案したトレーニングをこなすのにひと苦労だとか。

先日、アナはダンベルを使った腕と肩のトレーニングメニューをインスタグラムに公開。

ダンベルトレーニングを始めるには、まず適切なダンベルを選ぶことが大事ですが、中程度の重さがおすすめ。重すぎる場合に交換できるよう、軽めのものも用意しておくといいでしょう。

ダンベルを使ったトレーニング5選

1. シングルアーム・ショルダープレス

ダンベル1

Anna Victoria via Instagram

  1. 両手にダンベルを持ち、腕を肩の高さまで持ち上げます。肘を90度上に曲げます。手首はまっすぐ保ち、手のひらを前に向けましょう。
  2. 片方のダンベルを頭の上に上げます。もう一方の腕は肩の高さでキープしましょう。片側10レップ行ったら、腕を替えて反対側も同様に行います。

2. ダブルアーム・ショルダープレス

ダンベル2

Anna Victoria via Instagram

  1. シングルアームショルダープレスと同様に、両手にダンベルを持ち、腕を肩の高さまで持ち上げます。今度はダンベルを片方ずつ上げるのではなく、両手のダンベルを同時に頭上に上げます。ダンベルを持ち上げるときに、体幹をしっかり使うことが重要です。
  2. プッシュプレス(ダンベルを上に押し上げる動き)に移るときのアナの動きを見てください。脚を曲げ軽く体を沈めてからダンベルを押し上げています。これを10レップ行いましょう。

3. シングルアーム・ハンマーラテラルレイズ

ダンベル3

Anna Victoria via Instagram

このエクササイズでは、ダンベルの持ち方が少し変わります。アナの手のひらが前を向いていますね。この握り方によって三角筋後部を鍛えることができます。

  1. ゆっくりコントロールしながら、片方のダンベルを横に持ち上げ、肩の高さまで上げます。
  2. 元の太ももの位置まで下げます。左右交互に10レップ行います。

「腕を床と平行になるまで上げたら、ゆっくり動きをコントロールしながら最初の位置に下ろして。前腕ではなく肩から動かすことがとても大事よ」とアナ。片腕につき10レップずつ行うのが目標です。

4. ダブルアーム・ハンマーラテラルレイズ

ダンベル4

Anna Victoria via Instagram

  1. 燃焼効果をさらにアップさせるため、今度は2つのダンベルを同時に横に持ち上げます。呼吸しながら繰り返しましょう。
  2. 息を吸いながら腕を上げ、吐きながら下ろします。これを10レップ行ってください。

5. アームロウ(ベアクロールポジション)

ダンベル5

Anna Victoria via Instagram

アナが最後に紹介してくれたのは、とっておきの腕&体幹エクササイズ。

  1. 四つん這いになり、肩が手首の真上、お尻が膝の真上にくるようにします。体幹に力を入れ、膝を数cm浮かせます。
  2. 片方のダンベルを胸郭に向かって持ち上げ、下ろします。反対側も行いましょう。腰が揺れないように、体幹を引き締めて。頑張って10レップこなしましょう。

ダンベルを使ったエクササイズ

筋トレなら「肩こり」も解消できる! 可動域を広げるエクササイズ5選

一日中座りっぱなしになっていませんか? 固まった肩の筋肉を効率よくほぐすエクササイズを、人気フィットネストレーナーに教えてもらいましょう。

https://www.mylohas.net/2019/07/193950sp_muscle_pvn_shoulder2.html

少ない回数で二の腕やせ。速攻ひきしまる簡単エクササイズ5選

腕やせトレーニングといえば、上腕二頭筋ばかりに目がいきがちですが、実は腕の裏側の強化が大事。自宅で簡単にできるダンベルエクササイズを紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/06/193210pvn_arms.html

Tiffany Ayuda/Anna Victoria Shares 5 Dumbbell Exercises for Incredibly Strong Arms and Shoulders /Seina Ozawa(翻訳)

    Ranking

    1. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    5. 糖質制限と脂質制限ダイエット。管理栄養士がメリット・デメリットを解説

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    10. 目に悪影響? コンタクトレンズをつけてシャワーを浴びてはいけない

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと