1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. クレンジング不要のファンデーション、本当に洗顔料だけで落ちるの?

クレンジング不要のファンデーション、本当に洗顔料だけで落ちるの?

読者の悩みに専門家が答える、ビューティ駆け込み寺

13,282

AYANA

化粧をおとす女性

MYLOHAS読者の、ニッチな美容のお悩みを解決する「ビューティ駆け込み寺」連載。今回は、「クレンジング不要のファンデーションは、本当に洗顔料だけで落とせるの?」というお悩み。

そもそもクレンジングは肌負担になるの? というところから、化粧品メーカーでの美容コンサルタントとして多方面で活躍する、ビューティサイエンティストの岡部美代治さんに伺いました。

「クレンジング不要」という文言は信じていい?

洗顔する女性

ナチュラル系のメイクアップブランドから出ているファンデーションに多い「クレンジング不要、洗顔料だけでオフできます」という表記。これ、本当に信じて大丈夫なのでしょうか?

「心配な方は、もちろんクレンジングを使ってもいいです。ただ、メーカーは自社製品をきちんとテストした上で販売していますから、洗顔料だけで落として問題ないですよ」(岡部さん)

では、洗顔料だけで落ちるファンデーションと、クレンジング必要なファンデーションは何が違うのでしょう。

「ファンデーションには、発色を表現する粉体原料が入っています。これがどんな処理をされているかで変わってきます。

落ちにくいものは、肌にフィットして崩れないように、粉体の表面を肌に密着しやすいオイル成分などでコーディングしていることが多いです。肌表面には皮脂成分が存在しますので、その成分となじむことで崩れにくくなるのです。

一方、洗顔料だけで落ちるものには、そういった処理が強力に施されていませんので、肌の上に緩やかに付着しています。そのぶん崩れやすさは否めないと思います」(岡部さん)

強いクレンジングは肌に負担…それって本当?

肌をこする

ハードなメイクでもしっかり落とせるクレンジングは、それだけ洗浄力が強いということ。

肌のうるおいなど、必要なものも落としてしまったり、肌に負担をかけてしまったりすることはないのでしょうか。

「昔は、メイクはすべて洗顔料でオフすることができました。しかし年々化粧品が進化し、崩れにくい=落ちにくいものが開発され、洗顔料だけでは落とすことができなくなった。そこで開発されたのがクレンジング料なんです。

クレンジングは、肌に負担をかけずにメイクをしっかりと落とすためのもの。使うことで肌に負荷がかかることはありませんから安心してください」(岡部さん)

無理に洗顔料でゴシゴシ落とそうとするほうが、肌には負荷がかかってしまう。だから、クレンジングが必要なものについては、クレンジングを使ったほうがよいのだそう。

「世の中には、オイルやクリーム、リキッド、ミルクなど、さまざまなタイプのクレンジングがあります。

どんなタイプであっても、肌に負担のかかるクレンジングなんてものはないのです。それは化粧品の範疇を超えているので、市場に受け入れられるはずがありませんから」(岡部さん)

自分に合うクレンジング、どうやって探す?

化粧品を選ぶ女性

それでは、自分のメイクや肌質にぴったり合うクレンジングは、どのように選べばいいのでしょうか。

いちばん手っ取り早いのは、使っているファンデーションと同じブランドのものを選ぶこと。メーカーはクレンジングの洗浄料について、必ず自社商品を使ってテストしていますからね」(岡部さん)

とはいえ、目的に合っていれば何を選んでも大丈夫。それよりも大切なのは、メーカーの使用方法をきちんと守ることだそう。

「洗い流すタイプのものをふき取りで使ってしまうと汚れが落ちきらなかったりします。自分で勝手に解釈せずに、きちんと使い方を確認してから使いましょう」(岡部さん)

また、「○○成分不使用だから肌にやさしい」などの表現には注意が必要です。

「たとえば『一日中つけっぱなしでOKのファンデーション』といううたい文句があるとすると、それ以外のファンデーションは一日中つけっぱなしにしてはいけないんだな、というネガティブな印象が生まれる。

少し脅しをかけるような文言も冷静に判断できるリテラシーが大事になります」(岡部さん)

例えば肌荒れひとつとっても、基礎化粧品やベースメイク、睡眠時間や食生活、ストレスなど、その要因はさまざまです。

「○○不使用だから肌にやさしい」などの文言を鵜呑みにせず、いろいろな情報に触れてみることが大切です。

>>「ビューティ駆け込み寺」連載をもっと見る

シミはスキンケアで完全に消せる?

ニッチだけど深刻な美容のお悩みを解決していく「ビューティ駆け込み寺」連載。今回は、「シミはスキンケアだけで完全に消せるのでしょうか?」というお悩みに...

https://www.mylohas.net/2019/02/185228beauty_qa.html

メイクが崩れる意外な要因は? 美肌キープのコツは朝のスキンケアにあり

「夏にメイクが崩れにくいスキンケアのコツはある?」という美容についての相談に、ビューティサイエンティストの岡部美代治さんが答えます。

https://www.mylohas.net/2019/08/197011beauty_qa7.html

image via Shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    2. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    3. 体幹強化&脂肪燃焼をねらって。バリエーションを加えた「プランク」

    4. 部屋着じゃダメ? 今夜からパジャマを着たくなる、これだけの理由

    5. 自分にとっての幸せを見つけるシンプルな4つの習慣/精神科医 Tomyさん【後編】

    6. 幸せの分母は多いほうがいい。ミシュラン1つ星シェフの愛のレシピ

    7. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    8. 生きづらさを感じる人へ。「生きる」「幸せ」はそれほど壮大なテーマではない/精神科医 Tomyさん【前編】

    9. こんなに「栗!」を感じるのは初めて。農家をサポートするベジターレの極みモンブラン

    10. 高タンパク・低脂肪な鶏むね肉を美味しく常備。プロの「しっとり冷凍」テクニック

    1. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    2. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    3. 高タンパク・低脂肪な鶏むね肉を美味しく常備。プロの「しっとり冷凍」テクニック

    4. こんなに「栗!」を感じるのは初めて。農家をサポートするベジターレの極みモンブラン

    5. 2020年10月26日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    6. 自分にとっての幸せを見つけるシンプルな4つの習慣/精神科医 Tomyさん【後編】

    7. ストレスに負けない「レジリエンス(折れない心)」を身につけるヒント

    8. クリーミーなスクランブルエッグを短時間で作るコツ/朝食レシピ

    9. きゅっと上がった「桃尻」とくびれをつくる、スクワットのアレンジHIIT

    10. ポジティブじゃなくたっていい。ポジティブ思考が望まない結果をもたらす場合

    1. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    2. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    3. 相手の行動を変える、たったひとつのほめ言葉。信頼関係をつくる「100点のほめ方」

    4. 気持ちいい「骨盤ほぐし」で、体の歪み改善&スタイルアップ

    5. 1杯目のコーヒーのタイミングに気をつけるとその日がうまくいく/神経科学で証明

    6. あれこれやらずに、これだけ極めて。腹筋をトータルで鍛えるトレーニング

    7. 若年性乳がんになりやすいのはどんな人? きちんと知りたい「乳がん」のこと/ピンクリボン強化月間

    8. 1分間、集中。全身の筋肉フル稼働の「マウンテンクライマー」

    9. 自分にとっての幸せを見つけるシンプルな4つの習慣/精神科医 Tomyさん【後編】

    10. ストレスに負けない「レジリエンス(折れない心)」を身につけるヒント

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら