1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. クレンジング不要のファンデーション、本当に洗顔料だけで落ちるの?

クレンジング不要のファンデーション、本当に洗顔料だけで落ちるの?

読者の悩みに専門家が答える、ビューティ駆け込み寺

12,810

AYANA

化粧をおとす女性

MYLOHAS読者の、ニッチな美容のお悩みを解決する「ビューティ駆け込み寺」連載。今回は、「クレンジング不要のファンデーションは、本当に洗顔料だけで落とせるの?」というお悩み。

そもそもクレンジングは肌負担になるの? というところから、化粧品メーカーでの美容コンサルタントとして多方面で活躍する、ビューティサイエンティストの岡部美代治さんに伺いました。

「クレンジング不要」という文言は信じていい?

洗顔する女性

ナチュラル系のメイクアップブランドから出ているファンデーションに多い「クレンジング不要、洗顔料だけでオフできます」という表記。これ、本当に信じて大丈夫なのでしょうか?

「心配な方は、もちろんクレンジングを使ってもいいです。ただ、メーカーは自社製品をきちんとテストした上で販売していますから、洗顔料だけで落として問題ないですよ」(岡部さん)

では、洗顔料だけで落ちるファンデーションと、クレンジング必要なファンデーションは何が違うのでしょう。

「ファンデーションには、発色を表現する粉体原料が入っています。これがどんな処理をされているかで変わってきます。

落ちにくいものは、肌にフィットして崩れないように、粉体の表面を肌に密着しやすいオイル成分などでコーディングしていることが多いです。肌表面には皮脂成分が存在しますので、その成分となじむことで崩れにくくなるのです。

一方、洗顔料だけで落ちるものには、そういった処理が強力に施されていませんので、肌の上に緩やかに付着しています。そのぶん崩れやすさは否めないと思います」(岡部さん)

強いクレンジングは肌に負担…それって本当?

肌をこする

ハードなメイクでもしっかり落とせるクレンジングは、それだけ洗浄力が強いということ。

肌のうるおいなど、必要なものも落としてしまったり、肌に負担をかけてしまったりすることはないのでしょうか。

「昔は、メイクはすべて洗顔料でオフすることができました。しかし年々化粧品が進化し、崩れにくい=落ちにくいものが開発され、洗顔料だけでは落とすことができなくなった。そこで開発されたのがクレンジング料なんです。

クレンジングは、肌に負担をかけずにメイクをしっかりと落とすためのもの。使うことで肌に負荷がかかることはありませんから安心してください」(岡部さん)

無理に洗顔料でゴシゴシ落とそうとするほうが、肌には負荷がかかってしまう。だから、クレンジングが必要なものについては、クレンジングを使ったほうがよいのだそう。

「世の中には、オイルやクリーム、リキッド、ミルクなど、さまざまなタイプのクレンジングがあります。

どんなタイプであっても、肌に負担のかかるクレンジングなんてものはないのです。それは化粧品の範疇を超えているので、市場に受け入れられるはずがありませんから」(岡部さん)

自分に合うクレンジング、どうやって探す?

化粧品を選ぶ女性

それでは、自分のメイクや肌質にぴったり合うクレンジングは、どのように選べばいいのでしょうか。

いちばん手っ取り早いのは、使っているファンデーションと同じブランドのものを選ぶこと。メーカーはクレンジングの洗浄料について、必ず自社商品を使ってテストしていますからね」(岡部さん)

とはいえ、目的に合っていれば何を選んでも大丈夫。それよりも大切なのは、メーカーの使用方法をきちんと守ることだそう。

「洗い流すタイプのものをふき取りで使ってしまうと汚れが落ちきらなかったりします。自分で勝手に解釈せずに、きちんと使い方を確認してから使いましょう」(岡部さん)

また、「○○成分不使用だから肌にやさしい」などの表現には注意が必要です。

「たとえば『一日中つけっぱなしでOKのファンデーション』といううたい文句があるとすると、それ以外のファンデーションは一日中つけっぱなしにしてはいけないんだな、というネガティブな印象が生まれる。

少し脅しをかけるような文言も冷静に判断できるリテラシーが大事になります」(岡部さん)

例えば肌荒れひとつとっても、基礎化粧品やベースメイク、睡眠時間や食生活、ストレスなど、その要因はさまざまです。

「○○不使用だから肌にやさしい」などの文言を鵜呑みにせず、いろいろな情報に触れてみることが大切です。

>>「ビューティ駆け込み寺」連載をもっと見る

シミはスキンケアで完全に消せる?

ニッチだけど深刻な美容のお悩みを解決していく「ビューティ駆け込み寺」連載。今回は、「シミはスキンケアだけで完全に消せるのでしょうか?」というお悩みに...

https://www.mylohas.net/2019/02/185228beauty_qa.html

メイクが崩れる意外な要因は? 美肌キープのコツは朝のスキンケアにあり

「夏にメイクが崩れにくいスキンケアのコツはある?」という美容についての相談に、ビューティサイエンティストの岡部美代治さんが答えます。

https://www.mylohas.net/2019/08/197011beauty_qa7.html

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    10. もがき苦しんだ“燃え尽き症候群”と伊達公子さんから学んだこと〜元マラソンランナー・市橋有里

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    8. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    9. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    10. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?