1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 「アミノ酸」が肌にいい6の理由。保湿、美白…どこまで叶う?

「アミノ酸」が肌にいい6の理由。保湿、美白…どこまで叶う?

1,922

島田ゆかり

美しい肌の女性

「肌に優しく、たっぷりうるおう」と、最近話題のアミノ酸美容。一体どのように肌によいのでしょうか?

アミノ酸のリーディングカンパニー「味の素」の研究所にお邪魔して、そのメカニズムを教えていただきました。

人間の20%はアミノ酸でできている

食事をする女性

アミノ酸とは、タンパク質のモト。肌や毛髪、筋肉や骨、内臓、赤血球や白血球、ホルモンなど、人間の体を構成するほとんどのものがタンパク質からつくられています。そのモトとなるのが、たった20種類のアミノ酸なのです。

では、そのアミノ酸はどうやってつくられるのかというと、主に私たちが食べるタンパク質から。つまり、タンパク質を食べると体内でアミノ酸まで分解され、それが再合成されて肌や筋肉、内臓になる、というわけです。

洗浄から抗酸化まで!? アミノ酸はここまでできる

その1:手肌に優しい洗浄成分

手荒れケア

アミノ酸系の洗浄成分とは、アミノ酸とヤシ油脂肪酸を組み合わせたもの。味の素では「アミソフト®」という名前でつくられています。

アミノ酸はもともと天然成分。そこに天然油脂をプラスしたものだから、その特徴として肌や髪に優しく、不要な汚れは落としてうるおいは残すという「選択洗浄性」を備えているのもポイントです。

実はこれ、美容師さんから人気に火がついた成分。これまでシャンプーで手荒れがひどかったところ、アミノ酸系に変えたところ、手に優しいことがわかったのです。

その2:肌に不可欠なうるおい成分

潤いのある肌

私たちの肌がうるおっているのは、角質内に存在する天然の保湿因子(NMF)のおかげ。このNMFの半分以上は、アミノ酸(※)からできています。

乾燥した肌は、角層中のアミノ酸量が6割ぐらいまで減っていることがわかっています。肌からの水分が失われていく量を「経皮水分蒸散量」といいますが、アミノ酸不足の肌は肌バリアが乱れてしまい、肌の水分量を守れなくなってしまいます

プルプルのうるおいたっぷりの肌は、アミノ酸で満たされているということなのです。

※アミノ酸誘導体を含む

その3:コラーゲンもアミノ酸がつくる

コラーゲン

ピンとハリのある肌に不可欠なのがタンパク質の線維であるコラーゲン。体内にあるタンパク質の約25%がコラーゲンだと言われています。コラーゲンは加齢とともに減少するため、年齢を重ねると肌のハリがなくなってくるのです。

このコラーゲンをつくりだすのもアミノ酸。約17種類のアミノ酸がコラーゲンを構成しています。アミノ酸なくして、肌のハリは生まれないということです。

その4:外敵から守るバリア成分

潤いのある肌

味の素が開発したアミノ酸系バリア成分に「エルデュウ®というものがあります。これは、角層の細胞のまわりを埋めている肌の「角層細胞間脂質」の主要な構成成分である、セラミドに似た成分ですが、セラミドと異なり、水溶性のため高濃度に配合が可能。

優れた抱水力によりうるおいが持続するため、角層にハリ、弾力を与えることで、荒れ肌の改善効果、きめの乱れを改善するという効果があるのです。

エルデュウを肌に一週間塗布した結果、「経皮水分蒸散量」(肌バリアの指標)が25%改善するという優れた効果も確認されています。

その5:肌のバリア機能を残す、美白サポート力

メラニン色素

「美白サポートアミノ酸」と呼ばれるものがあります。これはアセチルシステインというアミノ酸の働きですが、肌の中で黒色メラニンではなく、淡色メラニンを増やす働きがあります。

メラニンは、実は肌を守るために必要なもの。黒色メラニンはシミやそばかすになるものですが、淡色メラニンはシミそばかすなどをつくらずに肌を守ります

どちらのメラニンも抑制してしまう美白ではなく、肌を守る機能は残すのが「美白サポートアミノ酸」の力なのです。

その6:なかったことに!? 酸化物質除去

肌が潤う女性

アミノ酸は、実は抗酸化力にも優れた成分。紫外線や加齢などが原因で、肌の中に酸化物質がつくられます。すると表皮細胞や真皮細胞、DNAなどを酸化させ、肌の機能が低下してエイジングに向かいます。

ビタミンB6セリンというアミノ酸系物質が代表的なものですが、酸化物質を除去してくれる働きがあるのです。

非常に優れた活性酸素除去機能を持っているのがビタミンB6セリンで、塗布後一時間で活性酸素のほとんどを消去。外から帰ってすぐにスキンケアすればダメージを最小限に抑えてくれるというわけです。

アミノ酸の力は、美容師さんの手荒れを守り、その効果が実証されました。アミノ酸系コスメは、やさしい洗浄、たっぷり保湿、美白、ダメージ修復とスキンケアに求めるすべてが叶うといっても過言ではないのです。

アミノ酸についてもっと知りたい!

栄養学博士が伝授!栄養はどれくらいとればいい?

毎日の食事で何気なく摂取している栄養。健やかな体を保つために、日々必要な栄養素をバランスよく摂るなんて、ちょっと難しすぎる!? まずは栄養の基本的...

https://www.mylohas.net/2019/09/197669sp_nutrition_basic01.html

タンパク質を効率的に摂取するコツとは? ポイントは、量とタイミング

一食でも足りないと健康リスクが増加するという「タンパク質」。身体にとって重要な栄養素であることはもうご存知ですよね?でも実はタンパク質は、“まとめ摂...

https://www.mylohas.net/2019/08/194910protein_amount.html

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由