1. Home
  2. BODY
  3. 2人に1人が感じていない。女性がしっかりオーガズムを得られる体位5選

2人に1人が感じていない。女性がしっかりオーガズムを得られる体位5選

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

13,866

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

オーガズム

image via shutterstock

セックスでオーガズムを感じるなんて、おとぎ話だと思っているのでは。

実際の話、セックス中に女性がクライマックスを迎えるのはとてもまれだと証明されており、研究者らはそれを「オーガズムのギャップ」と呼んでいます。

たとえば、2018年に『The Journal of Sexual Medicine』誌で報告された研究によると、調査した約 1700 組の新婚カップルの43%、ほぼ半数の割合で、妻はオーガズムを感じていると夫たちが誤解していることが分かりました。

なぜ、女性はオーガズムを得られない?

キス

その考えられる原因は、なんでしょうか?

本当に気持ちいいセックスには、単に膣性交する以上のことが必要とのこと。研究では、女性が強いオーガズムを得るには、クリトリスへの刺激が必要であることが示されています。クリトリスには、何千もの神経末端があり、あなたのクライマックスに重要な役割を担っているのだそう。

とはいっても、研究では、クリトリスだけがオーガズムの立役者ではないことも分かっています。2016年の研究では、調査した女性の64%がクリトリスと膣の両方で刺激を感じることで、オーガズムを感じられていることが報告されています。

膣性交にクリトリスの刺激? どうやれば両者の長所を生かせるのでしょうか? そこで、セックスの専門家に、パートナーと一緒に気持ちよくいける体位について聞いてみました。

性欲を回復させて感度もUP! 積極的にやりたいトレーニングとは?

瞑想で、あなたのセクシュアルな欲望を高め、パートナーへの情熱を呼び覚ましましょう。そしてセックスでこれまで以上の快感を得てみませんか?

https://www.mylohas.net/2019/06/192018pvn_meditation.html

1. CAT(コイタル・アライメント・テクニック、性交直列技術)

a20508320-1

Coital Alignment Technique(コイタル・アライメント・テクニック、性交直列技術)の頭文字を取った「CAT」と呼ばれるこの体位は、男女がお互いに覆い被さるような姿勢で行うもので、かなりの確率でオーガズムを得られることが科学的に裏付けられています。

クリトリスを最大限に刺激できることから、特に女性が気持ちいい体位です。『Journal of Sex and Marital Therapy 』誌に発表されたある研究によれば、正常位ではオーガズムを感じることができない女性が、CATの体位を試したところ、そのうちの56%がよりオーガズムを感じるようになったことが報告されています。

「これにより全身で刺激を得られます」と説明するのは、博士号をもつ認定セックス・ファミリー・セラピストのキャット・バン・カークさん。「この体位では、男女の恥丘が並ぶことでクリトリスにきちんとフォーカスが合うようになります」

  1. 正常位や騎乗位の変形体位です。相手にあおむけに寝てもらい、あなたがその上にうつ伏せに被さります(もしくはその逆)。
  2. ベッドの背もたれなどを使ってポジションを安定させてから、自分の体を相手の体とすり合わせます。

2. 騎乗位

a20508320-2

女性が上に乗り、主導権を握る体位です。つまり、相手が挿入している間、あなたは感度に応じてクリトリスをグラインド(あるいは自分で触ることが)できるので、オーガズムが得られやすくなります。

「騎乗位が確実に信頼のおける体位であるのには、理由があります」とキャットさん。「女性が挿入の深さやリズムをコントロールできます。脚の位置を内側にしたり外側にしたりして、挿入角度を変えることで、クリトリスへの刺激を最大限得ることができます」

  1. 相手に両足でまたがり、早く、深く、そしてゆっくり、浅く、と交互に腰を動かします。
  2. 相手の顔を見つめながら胸を合わせてキスをしたりすると、よりムードを高めることができます。

3. 後背位

a20508320-3

この体位は、後ろにいる相手の方が主導権を握っているように見えますが、実は、あなたのクリトリスやGスポットが刺激され強いオーガズムを感じられる、とてもすばらしい体位なのです。キャットさんいわく「すべての女性にGスポットがあり、そこの刺激によってオーガズムを感じることができる」のだそう。

キャットさんは「後背位では、腰を激しく動かしたり、指2本を使ったり、Gスポット用にデザインされたセックストイを使ったりし、ダイレクトにGスポットを刺激することができます」と説明します。

  1. あなたが四つん這いになり、相手は後ろから挿入します。
  2. もし膝や手首に痛みがあれば、位置を微調整し、腹ばいで腰を突き上げます。

4. G-Whiz(屈曲位)

a20508320-4

この正常位のユニークな変形体位は、より奥深くまでの挿入が可能になります。さらにあなたが相手に向かって腰を上げると、よりクリトリスに刺激を得られやすくなり、相手も腰が動かしやすくなります。「また、相手が乳房にふれやすい体位でもあります」とキャットさん。

  1. あなたが仰向けになり、相手はあなたの両脚を肩に担いで、膝立ちで挿入します。
  2. もし挿入が深すぎて痛みがあれば、ゆっくりと浅めに腰を動かすように相手にきちんと伝えるとよいかもしれません。潤滑剤を使って、指やバイブレーターでクリトリスを刺激することもできます。

「潤滑ゼリー」の知られざる世界。目的や成分別で選ぶならどれ?

潤滑ゼリーにはさまざまなタイプがあり、それぞれ良い点と悪い点があります。ここで挙げるものの中に、あなたにピッタリのものが見つかるかもしれません。

https://www.mylohas.net/2019/06/192988pvn_lubricants.html

5. 正常位

a20508320-5

最もオーソドックスな体位である正常位は、オーガズムと聞いてまず思い浮かぶ体位ではないかもしれません。

しかし、「ペニスに装着する形のセックストイを併用することで、正常位でもオーガズムが得やすくなります」とキャットさん。「それによって、普通のやり方では得られないようなクリトリスの刺激が得られ、また相手も、バイブレーション作用と血管拡張作用で、これまでに感じたことのない快感を得られます」

  1. 相手があなたの上になり、挿入します。
  2. この体位は密着度も高いため、さらにみつめあったり、耳元にささやいたり、体をやさしくなでたりすると、お互いにより愛情を感じ、さらに刺激が高まります。これは、強いオーガズムを得るにはとても大切なことです。

まじめにセックスの話

マンネリになりがちな性生活。6つのテクで解消しよう

セックスのプロセスを楽しむことで、よりよいオーガズムにもつながるタントリックセックス。どうやって取り入れたらばよいのか専門家に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/07/194197pvn_tantric2.html

恋愛にセックス、避妊や不妊。オトナの「性の悩み」はこうして解消!

女性のセクシャルヘルスを支援する活動にまで参加している女優で歌手のアシュレイ・ティスデイル。彼女から届いた女性の体と健康、避妊についてにアドバイスを...

https://www.mylohas.net/2019/08/196928pvn_sexual.html

Ronnie Koenig and Alisa Hrustic/5 Best Sex Positions for a Mind-Blowing Orgasm, According to a Sex Therapist/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?