1. Home
  2. MIND
  3. 自分が「敏感気質」かどうかを知る方法。疲れない心を育てる4つのヒント

自分が「敏感気質」かどうかを知る方法。疲れない心を育てる4つのヒント

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

18,362

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

疲れた女性

image via shutterstock

気がつきすぎて、くたびれやすい?

敏感気質(HSP)な人は、人口の20%もいると言われています。なかには、外向的な敏感気質の人もいるので、見極めるのは簡単ではありません。

前回は、敏感気質な人に共通する4つの特徴を紹介しました。今回は、自分が「敏感気質」なのかを知る方法を、敏感気質の研究者であり心理学者のエライン・アーロンさん、心理学者のライン・シャーマンさんに聞きました。

自分が「敏感気質」なのかを知る方法

チェック

image via shutterstock

敏感気質かどうかを判断するには、次のような重要な指標があげられます。

  • 物事について深く考え、人生は有意義でなければと思ってしまう
  • 刺激を受けやすく、騒々しい場所を避けてしまう
  • 丸一日空いているときには、外出するより自宅にいる
  • 他人に共感しやすいと多くの人に言われる
  • よく泣いてしまう
  • 他人が見過ごしてしまうことに気づく

敏感気質な人は、自分がどんな傾向の人間で、物事にどう反応しているかを自分自身ではよく判断が付かないのだそう。「自分から見える自分と同じように、他人も自分を見ていると思いがち」だから、とシャーマンさん。

自分自身と物事への反応を他人の視点から眺めてみて、他人ならばどう反応するかを考えます。自分が他人より反応が大げさだったり、細かい点にこだわりすぎていたら、要注意です。

それでは、敏感な感情とうまくつきあっていくには、どうすればよいのでしょうか?

1. ダウンタイムをもつ

ヨガ

image via shutterstock

自分が敏感気質だと分かり、土曜日に引きこもってしまうことの言い訳はどうしようかと思うなら、こう考えます。この時間は、繊細さにうまく対応していくために大切な「ダウンタイム(心を落ち着かせる時間)」なのだと。

「昨今、誰もにダウンタイムは大切だというのですが、敏感気質の人にこそ静かに過ごすことは大切なのです。過剰な刺激を受けてしまったり、深く考えをめぐらせてしまったりしても、そういう時間があれば大丈夫。ダウンタイムは欠かせないのです」(アーロンさん)

2. 休息の時間を作る

休息

image via shutterstock

「あなた流のセルフケアがどうであれ、休みを優先してみては。バケーションでは、アクティビティに丸1日参加するより、休息と睡眠の不足を取り戻す方が大事かも」とアーロンさん。

金曜の仕事終わりには、テニスやパーティに出かけるよりも、家に帰って自分の時間を過ごす方がベター。大事なのは、自分自身をリセットさせるための静かな時間を確保することです。

3. 瞑想を試してみる

ヨガ

image via shutterstock

瞑想は、静けさにひたるためにすばらしいことです。1日15分から20分、マントラの言葉や音に集中し、心を静けさに委ねていく方法も有効に。

「マインドフルネスにおいては気持ちを向けていくものには呼吸、身体、思考があります。この方法だと、そのいずれにも気持ちを向けていきません」(アーロンさん)

4. セラピストに相談してみる

カウンセリング

image via shutterstock

敏感気質であることについて、「絶望的に感じる必要はありません」とアーロンさん。

もし対処に困るときは、心理療法のセラピーに参加してみては。もう少し自然に物事に向き合っていけるようにするのです。

「繊細な人は、心理療法のような治療にそのほかの人よりもうまく取り組めると思います。そうした方々は集中することができますから。よいセラピストと会うことができれば、フィードバックや思いに耳を傾け、いい結果を得ることができると思います」(アーロンさん)

リラックスした生活を

寝る前のひと工夫で睡眠の質が変わる。8時間寝ている人が続けていること

寝る暇もないほど忙しい、は昔の話。忙しい人ほど良質な睡眠を得るための努力をしています。各地を飛び回る日々の合間にレーシック手術を受けたプロ司会者の一...

https://www.mylohas.net/2019/08/197048pvn_sleep.html

朝起きたときが一番疲れてる…。医師が教える「朝バテ」解消法4つ

朝起きたときが一番疲れている。そんな「朝バテ」に悩む人が増えています。なぜ「朝バテ」になってしまうのか、その原因と対策を血管の名医として知られる池谷...

https://www.mylohas.net/2019/08/196397sp_fatigue_morning.html

Brielle Gregory/How to Tell If You’re a “Highly Sensitive” Person—and How to Deal With It/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?