1. Home
  2. BODY
  3. 乳がんになるリスクが低いのは「朝型」? 「夜型」?

乳がんになるリスクが低いのは「朝型」? 「夜型」?

Healthday News

5,222

MYLOHAS編集部

早起き

「朝型」の女性は乳がんになりにくい?

早起きする習慣のある「朝型」の女性は、「夜型」の女性に比べて乳がんになるリスクがわずかに低いという研究結果が英国で報告されました。その一方で、一晩に7~8時間以上眠っている女性では、乳がんリスクが高まる可能性も示されたということです。

この研究は、英国バイオバンクとBCAC(乳がん協会コンソーシアム)の膨大な研究データを解析したもの。英国バイオバンクの約15万7,000人とBCACの約22万9,000人、合計約38万6,000人の女性を対象に、睡眠タイプ(朝型または夜型)・睡眠時間・不眠症の有無と、その後に乳がんを発症することとの関連を調べました。

早起きで「乳がんリスク」は低下する!?

カーテンを開ける女性

その結果、自分が「朝型」だと回答した女性は乳がんリスクがわずかに低く、「夜型」の女性に比べて乳がんの罹患率が数%少ないことが分かりました。一方、睡眠時間が長いほど乳がんリスクが上がる可能性があることも示されました。

研究グループは「睡眠は健康に重要な影響を及ぼします。今回の研究結果から、いわゆる朝型の生活は乳がんリスクの低減につながるというエビデンスが得られました」としています。ただし、朝型や夜型といった睡眠習慣の違いが乳がんリスクに影響した理由についてはまだ分かっていません。

体内時計の乱れやメラトニン分泌も影響している?

スマホを見る女性

睡眠の専門家によれば、考えられる理由の一つとして、体内時計(周期が約24時間の「概日リズム」)と体外時計とのずれが挙げられるとのことです。この概日リズムが乱れて睡眠を促すメラトニンと呼ばれるホルモンの分泌が抑制されると、身体の機能全体に影響が及ぶことが知られています。

メラトニンは強力な抗酸化物質であり、「メラトニンの分泌が減少すると炎症反応が引き起こされ、これが発がんにつながる可能性がある」とする、別の睡眠の専門家もいます。

では、夜更かしする習慣がある女性は「乳がんになるのでは」と心配すべきなのでしょうか? 米国の乳腺外科医は、今回の研究では最終的な結論は得られていないとし、「現段階では心配する必要はない」とみています。研究グループもこの見方には同意していますが、「早起きすれば乳がんリスクを低減できる可能性はあります」と主張しています。

今回の結果を受け、睡眠の専門家は「ブルーライトを浴びると脳が昼間と勘違いしてメラトニン分泌が減ってしまいます。よく眠るためには、就寝前の1時間はスマートフォンやタブレットを使用するのをやめ、できるだけブルーライトを見ないようにするべきです」と話しています。

一方、この論文が掲載された雑誌の編集委員は「乳がんリスクを下げるには、睡眠パターンよりも飲酒の習慣や肥満など、まずはすでに明らかになっているリスク因子に気を配るべき」と述べています。

睡眠は健康を左右する

休日の寝だめがダメな理由、知ってる?

平日の睡眠不足を補うために休日に朝寝坊をしている人、休日に寝だめをしているという人は要注意。正しく寝不足を解消するにはどうしたらいいのでしょうか?

https://www.mylohas.net/2019/08/195911sleep_training23.html

食物繊維で変わる眠りの質。その摂り方は?

スムーズな入眠を促したり、熟睡するためには食べ物も重要です。食物繊維に気を配ることがポイントだとか。さて、どのように摂取するといいのでしょうか?

https://www.mylohas.net/2019/08/195910sleep_training22.html

HealthDay News 2019年6月10日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved.(参考情報)Abstract/Full Text/image via shutterstock

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?