1. Home
  2. BODY
  3. 怒りっぽい彼は「うつ」の可能性あり。男性がなりやすい病気の兆候3つ

怒りっぽい彼は「うつ」の可能性あり。男性がなりやすい病気の兆候3つ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

5,916

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

困っている男性

image via shutterstock

男性に多い病気というものもあるんです。

前回は、前立腺肥大症、勃起不全などを紹介しました。今回も、医師に診てもらうべき男性特有の症状を紹介します。

1. 怒りっぽい態度

悩む男性

image via shutterstock

怒りっぽくなったり、いらいらしたりする。または攻撃的な行動に出たり、危険な行動を取ったりしてしまう。

男性の場合、うつ病が怒りっぽい態度として現れることもあります。他人がうつ病と気づくのは容易ではありません。

男性は、ほとんどの人が典型的と思われる抑うつの症状を示さないことが多いのです。引っ込み思案になったり、悲しんだりするのではなく、怒りを示す可能性もあります。

あるいは、「酔っ払うとか、スピード狂のようなドライブするとか、ギャンブルに大金を使うとか、常軌を逸した行動をとるようになるのです」と、ミッシェル・アディスさん(クラーク大学心理学教授、マサチューセッツ州ウースター)は述べます。それゆえに医師の診断を受けたり、抗うつ薬を服用したりせずに過ごすこともよくあるのです。

「苦労しているなら、まずは検査を受けてみては。医師は絞り込んで問題を探ってくれるでしょう。興味深いことに、ビタミンB12とビタミンDの血中濃度が低い場合に、うつ病であることが多いのです」と、アディスさん。長く続く痛みや病気(糖尿病でさえも)は、“こころの弱さ”が関係している可能性があります。

ビタミンB12が不足すると起きる9つのサイン

ビタミンB12が不足するとどうなる?不足したときに起こること、気をつけたいその9つのサインをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2017/12/065727signs_of_b12_deficiency.html

2. いつまでも続く咳

せき

4週間か、それ以上続く(気が狂うほど長い間)空咳、よく起こるかすれ声。さらにディナーのときに気をつけたいのが、食事が進まない、飲み込みにくいといったことです。

胃食道逆流症(別名GERD)による、隠れた兆候かもしれません」と、セス・A・グロス医師(ニューヨーク大学ラングーン・メディカル・センター消化器科)。何年も、検診も受けずに放置していると、胃食道逆流症(GERD)は食道がんを引き起こす恐れもあります。男性は女性より3倍以上、食道がんになりやすいのです。

絶え間ない咳は、喘息、後鼻漏の兆候でもあります。それほど一般的ではありませんが、肺がんや心不全の兆候かもしれません。

3. 脳卒中の症状

救急車

脳卒中は、世界中の死因の中で2番目に多いもの。次のいずれかの兆候が見られたら、仮にそれが治まったとしても、すぐに119番を。

  • 体の片側に脱力症状、または麻痺(通常、顔、腕、または脚の部分)
  • 片目、または両目のかすみ目、または失明
  • 話しにくい、話すことも定かでない、他人が言っていることを理解できない、または単純な文を繰り返すことができない
  • 突然のめまいや重い頭痛

病気の兆候はさまざま

放っておくと死に至る場合も。ただの風邪と肺炎の違いは?

大物女優ウーピー・ゴールドバーグさんを襲った肺炎。肺炎とはどんな症状がおき、どのように回復していくのか感染専門医に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/03/186496pvn_pneumonia.html

あなたは大丈夫? 糖尿病予備軍の見過ごせないサイン7つ

糖尿病は症状があってもなかなか気づけない病気の一つ。前糖尿病になりそう(あるいは、もうなっている)と気づく行動パターンや変化を7つご紹介。

https://www.mylohas.net/2018/08/173921diabetes.html

Kristen Dold/5 Health Symptoms Men Should Never Ignore/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    7. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    8. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    9. 寝ている間に、やせやすい体へ導くバスオイルのコフレ【プレゼント】

    10. 爪がもろいとおしゃれも半減! 健康的な爪をつくる15の基本

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由