1. Home
  2. HEALTH
  3. 電車の揺れを利用する!? 通勤電車で疲れない立ち方のコツ3つ

電車の揺れを利用する!? 通勤電車で疲れない立ち方のコツ3つ

30日間のカラダ改革

2,938

島田ゆかり

運動しているのに、体の疲れが取れない。休息を取っているのに、いまいち調子が上がらない。それはもしかしたら人間本来の体の使い方をしていないからかも?

これまでのべ18万人以上の患者の体を治療してきた、「仲野整體(整体)東京青山」院長の仲野孝明さんに、正しい体の使い方を学びます。

通勤

毎日の通勤電車で「疲れた」と感じたら、踏ん張って立っているのかもしれません。疲れないコツは、電車の揺れに身を任せること。

倒れないようにと力んでしまうと揺れが増幅されてグラついてしまうのです。

立ち方のコツ

  1. 背筋を伸ばし、つり革は中指と薬指の2本で持つ。
  2. 足は肩幅くらいに開き、片方の足先を少し外側に向ける。脚の力も逃げやすくなる。
  3. 膝を軽く曲げて下半身の力を抜く

背筋を伸ばしたよい姿勢で、適度に脱力して立っていると、指2本でも体を支えられ、疲れにくくなります。お試しあれ。

30日間の「カラダ改革」をもっと見る

一日の疲れをほぐすおすすめアイテム

筋肉の凝りをセルフでほぐすには? おすすめマッサージボール5つ

筋肉の凝りをセルフでほぐすならマッサージボールがおすすめ。できれば、保管場所に困らず、それでいてきちんと効果を感じられるタイプがベストです。そこで、...

https://www.mylohas.net/2019/05/191442buy_massageball.html

肩こりやむくみは筋膜リリースで解消! フォームローラー5選

筋肉の膜を正しい位置に戻して血行促進! 肩こりやむくみを解消する神器のフォームローラーを厳選して5つご紹介します。タイプもさまざま。携帯用までありま...

https://www.mylohas.net/2019/02/185724buy_foamroller.html

調子いい!がずっと続く カラダの使い方』(サンクチュアリ出版)
18万人以上を治療した姿勢のスペシャリストが贈る、現代のお疲れ女子を救う一冊。立ち方、座り方、歩き方、持ち方など、基本の動きをちょっと変えるだけでカラダがラクになるコツを紹介しています。しかも全ページにイラスト解説入りで、見るだけで正しいカラダの使い方がわかるスグレモノ。肩こり、腰痛、頭痛、婦人科系トラブル、季節の疲れなどに悩む女性に、やさしく寄り添う内容になっています。運動なんてハードル高い……そんな方にまず読んでほしい本です。

仲野孝明(なかのたかあき)さん
姿勢治療家®、仲野整體東京青山院長。1973年三重県生まれ。大正15年創業、のべ180万人以上の患者数と、合わせて3度の褒章受賞・綬章受勲を誇る仲野整體の4代目。自身もこれまで0歳から108歳まで、のべ18万人以上の患者を治療する。“人間本来の正しい体の使い方”から治療することで、全く運動をしてこなかった女性が3ヶ月後にフルマラソンを完走するなど、人生が変わる患者が続出。モットーは「姿勢が変わると、人生が変わる」。セミナーやメディアなどでも注目を集めている。著書に『一生「疲れない」姿勢のつくり方』(実業之日本社)などがある。

イラスト/しまはらゆうき

    Ranking

    1. ムダ毛ケア、どうしてる? 光美容器って本当にいいの? 開発者に聞きました

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    4. まずは10回から挑戦したい「桃尻」をつくるバランスエクササイズ

    5. 「ヨーグルトで花粉症対策」はホント? 効果的に食べる方法は

    6. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    7. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    8. これって、本当にヘルシー? 添加物は? 手にした食品の健康度をチェック

    9. 自律神経をセルフケア。「肝活」で「幸せホルモン」を増やそう

    10. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    1. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    4. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    5. 自律神経をセルフケア。「肝活」で「幸せホルモン」を増やそう

    6. まずは10回から挑戦したい「桃尻」をつくるバランスエクササイズ

    7. ムダ毛ケア、どうしてる? 光美容器って本当にいいの? 開発者に聞きました

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    6. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    9. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    10. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら