1. Home
  2. EAT
  3. 筋トレおやつに最適なカッテージチーズ。摂り方は?

筋トレおやつに最適なカッテージチーズ。摂り方は?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

3,944

Maya A. Kishida(翻訳)

カッテージチーズ

image via shutterstock

ヨーグルトにくらべて影が薄かったカッテージチーズでしたが、最近ではタンパク質が豊富でさまざまな料理にも応用できると注目されるようになってきました。

前回は、カッテージチーズの栄養素と選び方を紹介しました。今回は、カッテージチーズの注目すべき成分とおすすめの食べ方について、ニューヨークで活動している認定管理栄養士レジーナ・ラゴーンさんに教えてもらいます。

カッテージチーズは毎日食べてもいいの?

食べる女性

image via shutterstock

1日の分量以上のカッテージチーズを食べてしまっても問題はありません。

ワークアウト後のおやつとしても理想的。なぜなら、プロテインパウダーにも使われている消化の遅いタンパク質カゼインが含まれているからです。

パインさんのおすすめは、フルーツと組み合わせるという昔ながらの食べ方で、これは筋肉を作りエネルギーを供給するという、タンパク質と炭水化物のコンボです。「カッテージチーズに多く含まれるアミノ酸とロイシンは筋肉に簡単に入りこみ、筋肉タンパク合成を誘発するんです」とパインさん。

夜食としてもかなりよさそう。フロリダ州の研究者が行った研究では、寝る前にカッテージチーズを食べたことで代謝率が上がり、筋肉の回復が向上したとのこと。

カッテージチーズを食べる一番いい方法

カッテージチーズ

image via shutterstock

もちろんそのままでも、料理に使ってもおいしいのがカッテージチーズのいいところ。

最近のアメリカでは、昔ながらのタイプから一歩進んで、ブルーベリー、ラズベリー、ハチミツと洋梨、チャイブ、きゅうりとディルなど、さらに魅力的なテイストの商品を販売するようにもなってきました。

カッテージチーズは、食事に取り入れるのも簡単です。やや酸味があるのに甘い味は、しょっぱいものにも甘いものにも応用が可能。

朝食のシリアルのボウルに利用したり、スムージーを濃くするのに使ったり、アボカドトーストに添えてグレードアップしてみたり。ハーブと一緒にフードプロセッサーで攪拌すればクリーミーなディップができるし、ワカモレに混ぜれば、脂肪分を減らしてタンパク質を増やすことができます。幅広いメニューに使えるタンパク質の詰まったスーパーフード、工夫して積極的においしく食べたいですね!

おやつでも健康にいいものを

砂糖なしでも甘い! 超簡単&ヘルシーな「ナッツ入りチョコがけデーツ」

「デーツは身体に良さそう」という印象はあるものの、どう使っていいかわからない。超簡単レシピ「ナッツ入りチョコがけデーツ」なら、火は一切使わず、下準備...

https://www.mylohas.net/2019/08/195755stuffed-dates.html

ダイエット中でも食べたい、ひとつ約100kcalのバナナ焼きドーナツ

ダイエット中でも食べたい、ひとつ約100kcalのバナナ焼きドーナツのレシピをご紹介。満足感はそのままに、揚げずに焼くことでカロリーダウンを叶えます...

https://www.mylohas.net/2019/08/196520diet_recipe.html

Darcy Jacobs/Cottage Cheese Is a Protein-Packed Superfood, According to Nutritionists/Maya A. Kishida(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    7. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    8. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    9. 寝ている間に、やせやすい体へ導くバスオイルのコフレ【プレゼント】

    10. 爪がもろいとおしゃれも半減! 健康的な爪をつくる15の基本

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由