1. Home
  2. EAT
  3. 筋トレおやつに最適なカッテージチーズ。摂り方は?

筋トレおやつに最適なカッテージチーズ。摂り方は?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

3,601

Maya A. Kishida(翻訳)

カッテージチーズ

image via shutterstock

ヨーグルトにくらべて影が薄かったカッテージチーズでしたが、最近ではタンパク質が豊富でさまざまな料理にも応用できると注目されるようになってきました。

前回は、カッテージチーズの栄養素と選び方を紹介しました。今回は、カッテージチーズの注目すべき成分とおすすめの食べ方について、ニューヨークで活動している認定管理栄養士レジーナ・ラゴーンさんに教えてもらいます。

カッテージチーズは毎日食べてもいいの?

食べる女性

image via shutterstock

1日の分量以上のカッテージチーズを食べてしまっても問題はありません。

ワークアウト後のおやつとしても理想的。なぜなら、プロテインパウダーにも使われている消化の遅いタンパク質カゼインが含まれているからです。

パインさんのおすすめは、フルーツと組み合わせるという昔ながらの食べ方で、これは筋肉を作りエネルギーを供給するという、タンパク質と炭水化物のコンボです。「カッテージチーズに多く含まれるアミノ酸とロイシンは筋肉に簡単に入りこみ、筋肉タンパク合成を誘発するんです」とパインさん。

夜食としてもかなりよさそう。フロリダ州の研究者が行った研究では、寝る前にカッテージチーズを食べたことで代謝率が上がり、筋肉の回復が向上したとのこと。

カッテージチーズを食べる一番いい方法

カッテージチーズ

image via shutterstock

もちろんそのままでも、料理に使ってもおいしいのがカッテージチーズのいいところ。

最近のアメリカでは、昔ながらのタイプから一歩進んで、ブルーベリー、ラズベリー、ハチミツと洋梨、チャイブ、きゅうりとディルなど、さらに魅力的なテイストの商品を販売するようにもなってきました。

カッテージチーズは、食事に取り入れるのも簡単です。やや酸味があるのに甘い味は、しょっぱいものにも甘いものにも応用が可能。

朝食のシリアルのボウルに利用したり、スムージーを濃くするのに使ったり、アボカドトーストに添えてグレードアップしてみたり。ハーブと一緒にフードプロセッサーで攪拌すればクリーミーなディップができるし、ワカモレに混ぜれば、脂肪分を減らしてタンパク質を増やすことができます。幅広いメニューに使えるタンパク質の詰まったスーパーフード、工夫して積極的においしく食べたいですね!

おやつでも健康にいいものを

砂糖なしでも甘い! 超簡単&ヘルシーな「ナッツ入りチョコがけデーツ」

「デーツは身体に良さそう」という印象はあるものの、どう使っていいかわからない。超簡単レシピ「ナッツ入りチョコがけデーツ」なら、火は一切使わず、下準備...

https://www.mylohas.net/2019/08/195755stuffed-dates.html

ダイエット中でも食べたい、ひとつ約100kcalのバナナ焼きドーナツ

ダイエット中でも食べたい、ひとつ約100kcalのバナナ焼きドーナツのレシピをご紹介。満足感はそのままに、揚げずに焼くことでカロリーダウンを叶えます...

https://www.mylohas.net/2019/08/196520diet_recipe.html

Darcy Jacobs/Cottage Cheese Is a Protein-Packed Superfood, According to Nutritionists/Maya A. Kishida(翻訳)

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?