1. Home
  2. BODY
  3. くびれたいなら「背中」を刺激! 1日3分で結果が出る2つの運動

くびれたいなら「背中」を刺激! 1日3分で結果が出る2つの運動

12,923

鈴木希

くびれ

image via shutterstock

ぽっこりお腹や猫背、背中のはみ肉……。

体質や年齢のせいにしてもうどうにもならないと諦めてしまいがち。けれど、それらを解消するカギは背中にあるとヨガクリエイターのayaさんは言います

自身も20kgのダイエットに成功し、これまで30万人を指導してきたayaさん。「必ず変われる」という口コミが広がり、予約が取れない人気教室「syaraaya」を主宰することで知られています。

そんなayaさんの知識と経験が詰まった「ayayogaメソッド」なら、すぐにくびれることもかなうのだとか。その方法が詳しくわかる著書『一気にくびれる ayayoga 背中革命』(主婦の友社)から見ていきましょう。

肩甲骨まわりの細胞を刺激

猫背

image via shutterstock

くびれを作りたいと思ったときに、普通はお腹を鍛えるもの。でも、なぜ背中を刺激するとやせられるのでしょうか?

そもそも背中はふだんあまり使えていない部位で、多くの人は肩が内側に入って猫背になる「巻き肩」の状態になっているそう。これは背中の中でも肩甲骨まわりの筋肉がこりかたまっているのが原因に。

そんな肩甲骨まわりには、脂肪を燃やしやすくする「褐色脂肪細胞」というものが存在するとayaさんは言います。

そこで、肩甲骨まわりを集中的に刺激する体操「ayayogaメソッド」を考案しました。ここには脂肪を燃やしやすくする「褐色脂肪細胞」が存在することがわかっています。肩甲骨まわりを動かすことで褐色脂肪細胞を活性化させ、代謝アップをはかります。

『一気にくびれる ayayoga 背中革命』15ページより引用

この細胞は加齢とともに減少し、増えることはないため、常に刺激を与えて活発にすることがポイントに

また、「背中に刺激を与えて、鍛えることで、筋肉が正しく使えるようになり、猫背が改善されます」とayaさん。すると背中が丸まっていたことで圧迫されていた内臓と、広がった肋骨が元通りに。肋骨が上がることでくびれがよみがえり、内臓の働きもスムーズになるなんて夢のようです。

くびれだけでなく不調改善も望める

体重計

image via shutterstock

本書では、ayayogaメソッドに挑戦した20代から60代の女性の体験談が掲載されています。食事制限なしで、多くの人が2週間で効果を感じたそう。体験談にも現れているように、くびれる、姿勢がよくなる、不調改善など、背中を鍛えるとうれしい効果がたくさんあるとayaさんは言います。

なかでも魅力的なのが、体全体の脂肪がするする落ちていくこと。肋骨が正しい位置に戻ることで、お腹まわりにたまっていた脂肪が徐々にすっきりしてくるのだとか。

長らく使わずにかたまっていた筋肉がしなやかになることで血流もよくなり、「燃えやすく、太りにくい」体に。背中に位置する大きな筋肉を鍛えれば、消費エネルギーも高まり、効率よくやせられます。

『一気にくびれる ayayoga 背中革命』58ページより引用

そのほか、肩甲骨の動きがスムーズになり肩が下がって小顔になる、血流がよくなり肩こりから解放される、深く呼吸できるようになって眠りが深くなるなど、たくさんの可能性が。やせるだけでなく、健康的な体に近づけることがうれしいですね。

1日たった3分でOK! まずは2週間続けよう

しかし、背中のトレーニングと聞くとキツそうなイメージがあります。ayayogaメソッドはそんな不安を払拭し、無理なく続けられるもの。その証拠に、はじめにトライすべき「こんにちは体操」は、とっても簡単なものでした。

こんにちは体操1

かかと、ひざの内側をつけてまっすぐ立つ。

こんにちは体操2

手のひらを大きく返し、肩甲骨を寄せて胸を開く。空を見上げるように顔を上げ、「こんにちは!」と元気よく胸を開くのがコツ。胸を開く→ゆるめて脱力する、を連続して10回以上行って。 (以上、『一気にくびれる ayayoga 背中革命』23ページより引用)

通常、腕を自然におろした状態では、手のひらは内側を向いています。つまり、こんにちは体操で行う“手のひらを返す”という動作は日常ではほとんどないもの。だから「ここは動かす場所」と脳への刺激を与えられ、背中への刺激をより効率アップできるとayaさんは言います。

実際にこんにちは体操を体験してみると、10回ほどで体がじんわり熱くなり、ふだん動かしていない筋肉への刺激を感じられます。

この体操を含め、基本の動きはたった2つで、実践する時間も1日3分だけ。しかも食事制限は特になし。これは毎日続けられそうです。

毎日のayayogaメソッドの実践に加え、背中を意識して過ごすことで、美しい体に変われそう。習慣化させて理想のボディラインをめざしたいものですね。

美しいくびれをつくろう!

夏をあきらめない! ぽっこりお腹を解消するエクササイズ

気になるぽっこりお腹がなかなか凹まない。もしかしたら、いま実践しているトレーニングが間違っているのかも? パーソナルトレーナーなどプロに聞いた簡単に...

https://www.mylohas.net/2019/07/195632workout_matome.html

30日で桃尻に大変身! 1日2種類のお尻トレーニング

30日で本当にお尻の形は変えられる? 人気パーソナルトレーナー、岡部友さんが考案した「桃尻トレーニング」で、桃のように形のいいヒップを手にいれましょ...

https://www.mylohas.net/2019/05/190332book_momojiri.html

一気にくびれる ayayoga 背中革命]画像提供:主婦の友社(「こんにちは体操」画像)

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    3. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    4. 髪のパサつき、白髪、抜け毛に。10分で作れる栄養満点パスタ

    5. 【クイズ】水餃子と焼き餃子。老けたくないならどっちを選ぶ?

    6. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    7. 意外と知らない「爪の切り方」。健康的な爪の形はどれ?

    8. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    9. 視力矯正に病気の早期発見も。「進化したコンタクトレンズ」が誕生!?

    10. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    1. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    2. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    3. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    4. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. 座りっぱなしの人はやるべき。お尻をやわらかくするポーズ

    7. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    8. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    9. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    10. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    8. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    9. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    10. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!